Exact Audio Copy

Exact Audio Copy の概要や使い方を紹介しています

EAC を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

音楽CD を完全にコピー!「Exact Audio Copy」。

Exact Audio Copy
制作者 Andre Wiethoff
日本語化パッチ 制作者  / 945
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download ( 0.99 Prebeta 5 )
Download ( 0.99 Prebeta 5 )

● Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール。
音楽CD 内の各トラックを、WAVE、または任意のフォーマットでリッピングすることができます。
freedb からのCD データ取得、イメージファイル 作成、イメージファイルの分割 / ライティング、録音、( WAVE ファイルの)波形編集、音声ファイルのフォーマット変換... などの機能も付いています。

「Exact Audio Copy」は、高性能な音楽CD コピーツールです。
" Exact " という名前の通り、他のソフトに比べて " 忠実に " CD をコピーできるところが最大の特徴。
CD を “ イメージファイル ” としてコピーすることもできるので、CD を劣化無く丸ごとバックアップしたい時などにも最適です。
CD のデータをfreedb※1 から取得してくる機能や、WAVE ファイルをCD にライティングする機能、録音、イメージファイルをCUE シートに基づいて分割する機能 等も付いていたりします。
※1 オンライン上のCD データベース。
不明なCD トラックのタイトルを、ここから取ってくることができる。

基本的な使い方は以下の通りです。
バージョンによって表記がやや異なりますが、使い方は大体同じです。
以下は、0.99 prebeta 5 を例としています。
また、このページでは、「AccurateRip」を利用しない方法を紹介しています。

    インストール ~ 日本語化
  1. インストールの際に、「Ask ツールバー」のインストールを促す画面が表示されますが、必要なければインストールしなくてOK です。
    「Ask ツールバー」のインストールを促すダイアログ
    (「I accept the terms of the Ask ~ 」のチェックを外す)
  2. インストールが完了したら日本語化を行うので、本体は起動させないでおきます。
    (「Run Exact Audio Copy ~ 」のチェックを外し、「Finish」ボタンを押す)
    「Run Exact Audio Copy ~ 」のチェックを外す
  3. Exact Audio Copy 日本語化パッチ を入手し、解凍 &実行します。
    64 bit 版のOS を使用している場合、差分適用フォルダは
      C:¥Program Files (x86)¥Exact Audio Copy
    にして下さい。
    差分適用フォルダ
    OS が 98 / ME の場合は、Exact Audio Copy 文字化け対策パッチ も導入するとよいでしょう。
    初期設定 ~ CD / トラック情報の取得
  1. 「EAC.exe」を実行します。
  2. 初回起動時のみ、「EAC セットアップウィザード」という画面が表示されるので、ウィザードに沿って設定を行っておきます。
    Exact Audio Copy 初期設定等
  3. 通常、CD のリッピングを行う際は、事前に CD 情報の取得を行うのがセオリーです。
    (そうしないと、後でファイル名やタグを手動で編集することになる)
    CD 情報の取得を行うかどうかは任意ですが、とりあえずは行うことをおすすめします※2
    ※2 タグ編集を後から行いたい場合は、「Mp3tag」 などのタグエディタを使うとよい。
  4. メニューバー上の「EAC」から「freedb / データベースオプション」を選択します。
  5. 「freedb / データベースオプション」という画面が表示されるので、「freedb」タブを開き、「E-mail アドレス」欄に適当なE-mail アドレスを入力しておきます。
  6. 邦楽CD のデータを取得する場合、「Freedb サーバ」を に変えておきます。
    ( デフォルトは http://freedb.freedb.org:80/~cddb/cddb.cgi )。
  7. 画面下部の「OK」ボタンを押し、「freedb / データベースオプション」画面を閉じます。
  8. 音楽CD を、光学ドライブに挿入します。
    この時、「AccurateRip の設定」という画面が表示されますが、そのまま閉じてOK です。
    AccurateRip の設定
    このページでは、「AccurateRip」を使わない方法を紹介しています
    「AccurateRip」を使いたい場合
  9. メニューバー上の「データベース」→「CD 情報取得」から「freedb」を選択します。
  10. すると、freedb への問い合わせが自動で行われるので、少し待ちます。
  11. freedb 上でCD のデータが見つかると、「CD 選択」という画面が表示されます。
    CD 選択
    (データが一つしかない場合、「CD 選択」画面は表示されず、データが即反映される)
    あとは、この中から目的のものを選択 → 下部の「OK」ボタンを押せばOK。
    CD 内の各トラック情報が、取得された情報で上書きされます。
  12. CD リップを行う際には、このような作業を毎回行うとよいでしょう。
  13. 初回起動時に設定した「出力ファイル名の形式」を変更したい時は、メニューバー上の「EAC」から「EAC オプション」を選択します。
  14. 「ファイル名」タブを開きます。
    「ファイル名」タブ
  15. 左上の「ファイル名設定」欄で、出力するファイルの名前を変数で指定します。
    CD → WAVE - CD 内のトラックを、無圧縮で保存する際の手順
  1. 「EAC.exe」を実行します。
  2. 音楽CD を、光学ドライブに挿入します。
  3. 少し待つと、画面中央にトラックリストが表示されます。
    EAC
    CD データの取得を行う場合は、freedb への問い合わせを行っておきます。
  4. メニューバー上の「アクション」から「ギャップの検出」を選択し、各トラック間のギャップを検出します。
    (ギャップ = 各トラックの直前にある無音区間)
  5. デフォルトでは、検出されたギャップは前のトラックの 直後 に追加される形になっています。
    (ギャップ検出を行わない場合や、ギャップ検出機能がないソフトでリップした時と同じ)
    もし、ギャップを各トラックの 直前 に付けたい場合は、メニューバー上の「アクション」から「次のトラックにギャップを追加」を選択しておきます。
    ギャップを付けたくない場合は「ギャップを無視」にチェック。
  6. ギャップの検出が終わったら、リップしたいトラックを選択状態にします。
  7. 画面左側にある ボタンをクリックします。
    選択したトラックの前後に隠しトラックが存在する場合は、トラックを選択 → メニューバー上の「アクション」 → 「インデックスに基づき選択したトラックをコピー」から「無圧縮」を選択します。
  8. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、ファイルの保存先フォルダを指定して「保存」ボタンを押せばOK!
    (ファイル名は無視されるので、そのままでよい)
コピーしたファイルは、指定したフォルダ内に「トラック名.wav」という名前で出力されます※3
※3 「EAC」→「EAC オプション」→「ファイル名」タブで、出力するファイル名のパターンを設定しておくこともできる。

ちなみに、外部エンコーダーと連携させて、選択トラックをMP3 などのフォーマットで圧縮保存することもできるようになっています※4
※4 あらかじめ、なんらかのエンコーダーを用意しておく必要がある。
オススメのエンコーダーは、Monkey's Audio(ape)、FLAC(flac)、TAK(tak)、LAME(mp3)、NeroAACCodec(m4a)。

トラックを圧縮保存する場合の手順は、以下のような感じです。

    CD → MP3 等 - CD 内のトラックを、圧縮して保存する際の手順
  1. 「EAC.exe」を実行します。
  2. 音楽CD を、光学ドライブに挿入します。
  3. CD データの取得を行う場合は、freedb への問い合わせを行っておきます。
  4. メニューバー上の「EAC」から「エンコードオプション」を開きます。
  5. 「外部エンコーダ」タブをクリック。
    「外部エンコーダ」タブ
  6. エンコードに外部プログラムを使用する」にチェックを入れ、「エンコーダ別パラメータ選択」欄で圧縮の際に使用するエンコーダーを指定します※5
    ※5 プリセットにないエンコーダー(FLAC 等)を使う場合、「ユーザー定義エンコーダー」を選択。
  7. 「エンコードに使用するプログラムをパスを含めて指定」欄の右側にある「参照」ボタンを押し、使用するエンコーダーの実行ファイルを指定します※6
    ※6 Monkey's Audio なら「MAC.exe」、FLAC なら「flac.exe」、LAME なら「lame.exe」、TAK なら「Takc.exe」。
    NeroAACCodec を使う場合は「C:¥Windows¥System32¥cmd.exe」を指定すると良い。
    Monkey's Audio やTAK でAPE タグを付ける場合は、「wapet.exe」(Wapet) を指定する。
  8. 続いて「ビットレート」欄でファイルの品質を設定したり、「追加のコマンドラインオプション」欄でコマンドラインオプション※7 を設定したりしておきます。
    ※7 コマンドラインオプション等の設定は、下記サイトが参考になります。
    いずれのエンコーダーを使うにしても、fortywinks さんのページに書かれている方法がおすすめ。
    fortywinksMP3 / APE / FLAC / TAK / AAC 等)
    MP3 はLAME でエンコして、コマンドラインオプションを語れ!(LAME)
    自分的メモ(FLAC)
    23 周年(FLAC)

    Exact Audio Copy 1.0 beta 2 以降を使う場合は、このページのコマンドライン を参考にして下さい。
  9. 右下の「OK」ボタンを押し、設定画面を閉じます。
  10. メニューバー上の「アクション」から「ギャップの検出」を選択します。
  11. 必要に応じて、「次のトラックにギャップを追加」や「ギャップを無視」にチェックを入れておきます。
  12. リップしたいトラックを選択状態にします。
  13. 画面左側にある ボタンをクリックします。
    選択したトラックの前後に隠しトラックが存在する場合は、トラックを選択 → メニューバー上の「アクション」 → 「インデックスに基づき選択したトラックをコピー」から「圧縮」を選択します。
  14. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、ファイルの保存先フォルダを指定して「保存」ボタンを押せばOK!
    (ファイル名は無視されるので、そのままでよい)

また、音楽CD を、一つのイメージファイルとして丸ごとコピーすることもできるようになっています。
(イメージとして保存する場合も、無圧縮保存 / 圧縮保存 のどちらかにすることができる)
CD をイメージとしてリップする場合の手順は、次のようになっています。

    無圧縮のイメージファイル(「wav + cue」)としてコピー
  1. 「EAC.exe」を実行 → freedb からのデータ取得 → ギャップ検出 までを行っておきます。
  2. メニューバー上の「アクション」→ 「CD イメージをコピーしCUE シートを作成」から「無圧縮」 を選択。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、イメージの出力先フォルダを指定すればOK。
    (ファイル名は、そのままにしておく)
    各種フォーマットに圧縮したイメージ(「ape + cue」等)としてコピー
  1. 「EAC.exe」を実行 → freedb からのデータ取得 → ギャップ検出 までを行っておきます。
  2. 「外部エンコーダ」の設定を行っておきます。
    「外部エンコーダ」タブ
  3. メニューバー上の「アクション」→ 「CD イメージをコピーしCUEシートを作成」から「圧縮」 を選択。
  4. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、イメージの出力先フォルダを指定すればOK。
    (やはり、ファイル名はそのままにしておく)
イメージを作成すると、一緒にCUE シートも出力されます。
プレイヤーでイメージファイルを再生する時は、このCUE シートの方をプレイヤーに読み込ませます※8
(すると、イメージの内容がトラック分けして表示される)
※8 CUE シートは、「foobar2000」「AIMP」 「XMPlay」「The KMPlayer」 などで読み込むことができる。
CUE シートは、イメージファイルと同じフォルダ内に置いておく必要があるので注意。

尚、CD を “ wav + cue ” 形式でコピーした場合、後からWAVE イメージをトラックごとに分割することもできたりします※9
※9 メニューバー上の「ツール」→「CUE シートに基づきWAV ファイルを分割」から「ギャップ込み」or「ギャップ無し」を選択する。
プリギャップをトラックの先頭に付けたい場合は、「訂正済みギャップ込み」を選択する。
(「ギャップ込み」は、“ 次のトラックのプリギャップを、トラックの末尾に付ける ” の意味)
多くのフォーマットに対応したイメージ分割ソフト 「Medieval CUE Splitter」 を使うという手もある。

そのほか、WAVE 音声の録音、WAVE ファイルのエンコード※10 / 波形編集、読み込み中のCD 再生、各種ファイル※11(WAVE への)デコード、イメージファイルの分割 / ライティング※12 といった機能 も付いています。
※10 変換は、設定画面の 「外部エンコーダ」タブ で指定中のエンコーダーで行われる。
※11 WAV、MP3、MPC、APE ファイル。
ただし、それぞれをデコードできるコーデックをインストールしている必要がある(たぶん...)。

※12 ライティングは、WAVE のみ可能?

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 Exact Audio Copy 日本語化パッチ ( 0.95 beta 4 )
Exact Audio Copy 日本語化パッチのページ

 Exact Audio Copy 解説サイト
MUSIC PC
Exact Audio Copy(EAC) TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 VimFx

Firefox の各種コマンドを、1 ~ 2 キー押すだけで実行できるようにするアドオン

 ContextReplace

右クリックで選択したフォルダ内のファイルを、“ 置換 ” で一括処理できるようにするソフト

 Aura

森林をテーマにした “ 自然環境音 ” を流すことができるソフト

 Active File List

“ クリックで展開可能なフォルダツリー ” を持つファイルリストを、作成することができるソフト

 Lossless Audio Checker

WAVE ファイルが、MP3 等の “ 非可逆形式 ” から変換されたものでないかどうかを分析

 PreviousFilesRecovery

指定したフォルダ内にあるファイルを、過去の状態に戻せるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 TuxGuitar

タブ譜& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

EAC を紹介しているページです