Exact Audio Copy

Exact Audio Copy の概要や使い方を紹介しています

EAC を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

音楽CD を完全にコピー!「Exact Audio Copy」。

Exact Audio Copy
制作者 Andre Wiethoff
日本語化パッチ 制作者  / 945
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download ( 0.99 Prebeta 5 )
Download ( 0.99 Prebeta 5 )

● Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール。
音楽CD 内の各トラックを、WAVE、または任意のフォーマットでリッピングすることができます。
freedb からのCD データ取得、イメージファイル 作成、イメージファイルの分割 / ライティング、録音、( WAVE ファイルの)波形編集、音声ファイルのフォーマット変換... などの機能も付いています。

「Exact Audio Copy」は、高性能な音楽CD コピーツールです。
" Exact " という名前の通り、他のソフトに比べて " 忠実に " CD をコピーできるところが最大の特徴。
CD を “ イメージファイル ” としてコピーすることもできるので、CD を劣化無く丸ごとバックアップしたい時などにも最適です。
CD のデータをfreedb※1 から取得してくる機能や、WAVE ファイルをCD にライティングする機能、録音、イメージファイルをCUE シートに基づいて分割する機能 等も付いていたりします。
※1 オンライン上のCD データベース。
不明なCD トラックのタイトルを、ここから取ってくることができる。

基本的な使い方は以下の通りです。
バージョンによって表記がやや異なりますが、使い方は大体同じです。
以下は、0.99 prebeta 5 を例としています。
また、このページでは、「AccurateRip」を利用しない方法を紹介しています。

    インストール ~ 日本語化
  1. インストールの際に、「Ask ツールバー」のインストールを促す画面が表示されますが、必要なければインストールしなくてOK です。
    「Ask ツールバー」のインストールを促すダイアログ
    (「I accept the terms of the Ask ~ 」のチェックを外す)
  2. インストールが完了したら日本語化を行うので、本体は起動させないでおきます。
    (「Run Exact Audio Copy ~ 」のチェックを外し、「Finish」ボタンを押す)
    「Run Exact Audio Copy ~ 」のチェックを外す
  3. Exact Audio Copy 日本語化パッチ を入手し、解凍 &実行します。
    64 bit 版のOS を使用している場合、差分適用フォルダは
      C:¥Program Files (x86)¥Exact Audio Copy
    にして下さい。
    差分適用フォルダ
    OS が 98 / ME の場合は、Exact Audio Copy 文字化け対策パッチ も導入するとよいでしょう。
    初期設定 ~ CD / トラック情報の取得
  1. 「EAC.exe」を実行します。
  2. 初回起動時のみ、「EAC セットアップウィザード」という画面が表示されるので、ウィザードに沿って設定を行っておきます。
    Exact Audio Copy 初期設定等
  3. 通常、CD のリッピングを行う際は、事前に CD 情報の取得を行うのがセオリーです。
    (そうしないと、後でファイル名やタグを手動で編集することになる)
    CD 情報の取得を行うかどうかは任意ですが、とりあえずは行うことをおすすめします※2
    ※2 タグ編集を後から行いたい場合は、「Mp3tag」 などのタグエディタを使うとよい。
  4. メニューバー上の「EAC」から「freedb / データベースオプション」を選択します。
  5. 「freedb / データベースオプション」という画面が表示されるので、「freedb」タブを開き、「E-mail アドレス」欄に適当なE-mail アドレスを入力しておきます。
  6. 邦楽CD のデータを取得する場合、「Freedb サーバ」を に変えておきます。
    ( デフォルトは http://freedb.freedb.org:80/~cddb/cddb.cgi )。
  7. 画面下部の「OK」ボタンを押し、「freedb / データベースオプション」画面を閉じます。
  8. 音楽CD を、光学ドライブに挿入します。
    この時、「AccurateRip の設定」という画面が表示されますが、そのまま閉じてOK です。
    AccurateRip の設定
    このページでは、「AccurateRip」を使わない方法を紹介しています
    「AccurateRip」を使いたい場合
  9. メニューバー上の「データベース」→「CD 情報取得」から「freedb」を選択します。
  10. すると、freedb への問い合わせが自動で行われるので、少し待ちます。
  11. freedb 上でCD のデータが見つかると、「CD 選択」という画面が表示されます。
    CD 選択
    (データが一つしかない場合、「CD 選択」画面は表示されず、データが即反映される)
    あとは、この中から目的のものを選択 → 下部の「OK」ボタンを押せばOK。
    CD 内の各トラック情報が、取得された情報で上書きされます。
  12. CD リップを行う際には、このような作業を毎回行うとよいでしょう。
  13. 初回起動時に設定した「出力ファイル名の形式」を変更したい時は、メニューバー上の「EAC」から「EAC オプション」を選択します。
  14. 「ファイル名」タブを開きます。
    「ファイル名」タブ
  15. 左上の「ファイル名設定」欄で、出力するファイルの名前を変数で指定します。
    CD → WAVE - CD 内のトラックを、無圧縮で保存する際の手順
  1. 「EAC.exe」を実行します。
  2. 音楽CD を、光学ドライブに挿入します。
  3. 少し待つと、画面中央にトラックリストが表示されます。
    EAC
    CD データの取得を行う場合は、freedb への問い合わせを行っておきます。
  4. メニューバー上の「アクション」から「ギャップの検出」を選択し、各トラック間のギャップを検出します。
    (ギャップ = 各トラックの直前にある無音区間)
  5. デフォルトでは、検出されたギャップは前のトラックの 直後 に追加される形になっています。
    (ギャップ検出を行わない場合や、ギャップ検出機能がないソフトでリップした時と同じ)
    もし、ギャップを各トラックの 直前 に付けたい場合は、メニューバー上の「アクション」から「次のトラックにギャップを追加」を選択しておきます。
    ギャップを付けたくない場合は「ギャップを無視」にチェック。
  6. ギャップの検出が終わったら、リップしたいトラックを選択状態にします。
  7. 画面左側にある ボタンをクリックします。
    選択したトラックの前後に隠しトラックが存在する場合は、トラックを選択 → メニューバー上の「アクション」 → 「インデックスに基づき選択したトラックをコピー」から「無圧縮」を選択します。
  8. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、ファイルの保存先フォルダを指定して「保存」ボタンを押せばOK!
    (ファイル名は無視されるので、そのままでよい)
コピーしたファイルは、指定したフォルダ内に「トラック名.wav」という名前で出力されます※3
※3 「EAC」→「EAC オプション」→「ファイル名」タブで、出力するファイル名のパターンを設定しておくこともできる。

ちなみに、外部エンコーダーと連携させて、選択トラックをMP3 などのフォーマットで圧縮保存することもできるようになっています※4
※4 あらかじめ、なんらかのエンコーダーを用意しておく必要がある。
オススメのエンコーダーは、Monkey's Audio(ape)、FLAC(flac)、TAK(tak)、LAME(mp3)、NeroAACCodec(m4a)。

トラックを圧縮保存する場合の手順は、以下のような感じです。

    CD → MP3 等 - CD 内のトラックを、圧縮して保存する際の手順
  1. 「EAC.exe」を実行します。
  2. 音楽CD を、光学ドライブに挿入します。
  3. CD データの取得を行う場合は、freedb への問い合わせを行っておきます。
  4. メニューバー上の「EAC」から「エンコードオプション」を開きます。
  5. 「外部エンコーダ」タブをクリック。
    「外部エンコーダ」タブ
  6. エンコードに外部プログラムを使用する」にチェックを入れ、「エンコーダ別パラメータ選択」欄で圧縮の際に使用するエンコーダーを指定します※5
    ※5 プリセットにないエンコーダー(FLAC 等)を使う場合、「ユーザー定義エンコーダー」を選択。
  7. 「エンコードに使用するプログラムをパスを含めて指定」欄の右側にある「参照」ボタンを押し、使用するエンコーダーの実行ファイルを指定します※6
    ※6 Monkey's Audio なら「MAC.exe」、FLAC なら「flac.exe」、LAME なら「lame.exe」、TAK なら「Takc.exe」。
    NeroAACCodec を使う場合は「C:¥Windows¥System32¥cmd.exe」を指定すると良い。
    Monkey's Audio やTAK でAPE タグを付ける場合は、「wapet.exe」(Wapet) を指定する。
  8. 続いて「ビットレート」欄でファイルの品質を設定したり、「追加のコマンドラインオプション」欄でコマンドラインオプション※7 を設定したりしておきます。
    ※7 コマンドラインオプション等の設定は、下記サイトが参考になります。
    いずれのエンコーダーを使うにしても、fortywinks さんのページに書かれている方法がおすすめ。
    fortywinksMP3 / APE / FLAC / TAK / AAC 等)
    MP3 はLAME でエンコして、コマンドラインオプションを語れ!(LAME)
    自分的メモ(FLAC)
    23 周年(FLAC)

    Exact Audio Copy 1.0 beta 2 以降を使う場合は、このページのコマンドライン を参考にして下さい。
  9. 右下の「OK」ボタンを押し、設定画面を閉じます。
  10. メニューバー上の「アクション」から「ギャップの検出」を選択します。
  11. 必要に応じて、「次のトラックにギャップを追加」や「ギャップを無視」にチェックを入れておきます。
  12. リップしたいトラックを選択状態にします。
  13. 画面左側にある ボタンをクリックします。
    選択したトラックの前後に隠しトラックが存在する場合は、トラックを選択 → メニューバー上の「アクション」 → 「インデックスに基づき選択したトラックをコピー」から「圧縮」を選択します。
  14. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、ファイルの保存先フォルダを指定して「保存」ボタンを押せばOK!
    (ファイル名は無視されるので、そのままでよい)

また、音楽CD を、一つのイメージファイルとして丸ごとコピーすることもできるようになっています。
(イメージとして保存する場合も、無圧縮保存 / 圧縮保存 のどちらかにすることができる)
CD をイメージとしてリップする場合の手順は、次のようになっています。

    無圧縮のイメージファイル(「wav + cue」)としてコピー
  1. 「EAC.exe」を実行 → freedb からのデータ取得 → ギャップ検出 までを行っておきます。
  2. メニューバー上の「アクション」→ 「CD イメージをコピーしCUE シートを作成」から「無圧縮」 を選択。
  3. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、イメージの出力先フォルダを指定すればOK。
    (ファイル名は、そのままにしておく)
    各種フォーマットに圧縮したイメージ(「ape + cue」等)としてコピー
  1. 「EAC.exe」を実行 → freedb からのデータ取得 → ギャップ検出 までを行っておきます。
  2. 「外部エンコーダ」の設定を行っておきます。
    「外部エンコーダ」タブ
  3. メニューバー上の「アクション」→ 「CD イメージをコピーしCUEシートを作成」から「圧縮」 を選択。
  4. 「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、イメージの出力先フォルダを指定すればOK。
    (やはり、ファイル名はそのままにしておく)
イメージを作成すると、一緒にCUE シートも出力されます。
プレイヤーでイメージファイルを再生する時は、このCUE シートの方をプレイヤーに読み込ませます※8
(すると、イメージの内容がトラック分けして表示される)
※8 CUE シートは、「foobar2000」「AIMP」 「XMPlay」「The KMPlayer」 などで読み込むことができる。
CUE シートは、イメージファイルと同じフォルダ内に置いておく必要があるので注意。

尚、CD を “ wav + cue ” 形式でコピーした場合、後からWAVE イメージをトラックごとに分割することもできたりします※9
※9 メニューバー上の「ツール」→「CUE シートに基づきWAV ファイルを分割」から「ギャップ込み」or「ギャップ無し」を選択する。
プリギャップをトラックの先頭に付けたい場合は、「訂正済みギャップ込み」を選択する。
(「ギャップ込み」は、“ 次のトラックのプリギャップを、トラックの末尾に付ける ” の意味)
多くのフォーマットに対応したイメージ分割ソフト 「Medieval CUE Splitter」 を使うという手もある。

そのほか、WAVE 音声の録音、WAVE ファイルのエンコード※10 / 波形編集、読み込み中のCD 再生、各種ファイル※11(WAVE への)デコード、イメージファイルの分割 / ライティング※12 といった機能 も付いています。
※10 変換は、設定画面の 「外部エンコーダ」タブ で指定中のエンコーダーで行われる。
※11 WAV、MP3、MPC、APE ファイル。
ただし、それぞれをデコードできるコーデックをインストールしている必要がある(たぶん...)。

※12 ライティングは、WAVE のみ可能?

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 Exact Audio Copy 日本語化パッチ ( 0.95 beta 4 )
Exact Audio Copy 日本語化パッチのページ

 Exact Audio Copy 解説サイト
MUSIC PC
Exact Audio Copy(EAC) TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 GameDVR_Config

Windows 10 のゲーム録画ツール上で、より高いビットレート&解像度 を指定できるようにする

 Network Speed Test

ワンクリックで使える通信速度測定ツール

 Tabs limiter with queueChrome 拡張)

開けるタブの個数を制限し、指定数以上のタブが自動で “ 表示待ちリスト ” に送られるようにする

 Savogram

Instagram の画像を、普通に保存できるようにする Firefox アドオン

 Android Screen Recorder

USB 接続したAndroid 端末の動作風景を、MP4 動画として録画

 Google DataSaver proxy for Firefox

“ Google データセーバー ” を、Firefox 上で使えるようにするアドオン

 おすすめフリーソフト
 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 Esc Close

「Esc」キーの連打で、アクティブなウインドウやタブを閉じれるようにするソフト

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

EAC を紹介しているページです