AudioEncoder

AudioEncoder の概要や使い方を紹介しています

AudioEncoder を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

標準的で使いやすいオーディオエンコーダー!「AudioEncoder」。

AudioEncoder
制作者 Kazuki Oikawa
対応 98/ME/2000/XP/Vista

Download

● AudioEncoder

各種音声ファイルを、wav / mp3 / ape / ogg / vqf / wma / flac に変換してくれるオーディオコンバーター。
ドラッグ&ドロップで追加した wav / mp3 / ape / flac / wma / ogg / CD / vqf / rmp / mp1 / mp2 / mpa / mid ファイル、あるいは avi / wmv / asf 形式の動画ファイル(の音声)を、wav / mp3 / ape / ogg / vqf / wma / flac に変換して出力してくれます。
ノーマライズ / モノラル変換 といったエフェクト機能や、タグ編集機能 などが付いています。

「AudioEncoder」は、その名の通りオーディオエンコーダーです。
wav / mp3 / ape / flac / wma / ogg / CD / vqf / rmp / mp1 / mp2 / mpa / mid といった音声ファイルを、wav / mp3 / ape / flac / wma / ogg / vqf に変換してくれるソフトで※1、割りと詳細なエンコード設定を行えるにも関わらず、インターフェースがシンプルで分かりやすい... という特徴を持っています。
※1 対応していない mid ファイルもある模様。
変換の際には、ファイルのビットレート&ビットレート割り当て方式、圧縮率 などを設定することができ、またノーマライズ※2、モノラル化 といったエフェクト処理を施せるようにもなっています。
※2 ファイルの音量を、歪まない程度まで上げ下げする機能。
ちなみに、avi / wmv / asf といった動画から音声を取り出す機能や、タグ編集機能 なども付いています。

基本的な使い方は以下の通り。
ファイルをMP3 に変換する場合、「lame_enc.dll」 が必要になる。
(「lame_enc.dll」を、「AudioEncoder.exe」のあるフォルダ内に入れておく)
WMA を扱う場合は、「Windows Media Player 9 以上」 のインストールが必要になる。

    基本設定
  1. 「AudioEncoder.exe」を実行します。
  2. 初回起動時のみ、使用言語を問うダイアログ が表示されるので、「Japanese.xml」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
  3. まず、メニューバー上の「設定」から「設定ダイアログ」を選択します。
  4. 設定画面が表示されます。
    最初に「標準の音質設定」タブで、デフォルトの出力フォーマット&品質 を設定しておきます。
    mp3 / ogg / wma に変換する場合、「ビットレート割り当て方式」も指定できるようになっています。
    割り当て方式の「CBR」とは、全ての場面に同一のビットレートを割り当てる方式です。
    「VBR」は、情報量の多い場面には多くのビットレートを割り当て、情報量の少ない場面にはビットレートを少なく割り当てる... という臨機応変型の割り当て方式です。
    「ABR」は、「CBR」と「VBR」の中間に位置する割り当て方式で、どの場面のビットレートも大体同程度になるようにビットレートを割り当てていきます。
    flac / ape(「Monkey'sAudio」)に変換する場合は、圧縮率のみを指定すればOK です。
    (どの圧縮率を選んでも、音質は変わりません)
  5. 「アイテムの標準設定」タブを開き、デフォルトの出力先フォルダを指定しておきます。
    (「出力フォルダ」欄にある「参照」ボタンをクリックし、出力フォルダを設定する)
  6. 右下にある「閉じる」ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。
    ファイル変換
  1. 変換したいファイルを、「AudioEncoder」のメインウインドウへドラッグ&ドロップ※3
    ※3 CD からファイルをリップする場合は、「ファイル」→「CD トラックを開く」を選択。
    すると、CD 内のトラックが一覧表示されるので、コピーしたいトラックにチェック → 「選択したのを開く」をクリックする。
  2. リスト上のファイルを 選択状態 にします。
  3. 画面右側の「フォーマットタイプ」欄で、変換先のフォーマットを選択します。
  4. その下の欄で、ファイルの品質を設定します。
  5. 続いて「ファイル」タブを開き、出力先のフォルダ&ファイル名 を設定します。
    (複数のファイルを同時に変換する場合、出力フォルダのみ設定できる)
  6. 必要であれば、「タグ」タブでファイルのタグ情報を編集したり、「エフェクト」タブでノーマライズ / モノラル変換 といったエフェクト設定を行っておきます。
  7. 最後に、ツールバー上の「エンコード開始」ボタンをクリックすればOK。
    しばらく待ち、ファイルリスト内の「ステータス」が「変換完了」になれば変換終了です。

その他、タグ情報を基にファイルをリネームする機能や、変換終了後にパソコンをシャットダウンさせたり他のアプリケーションを起動させたりする機能 も付いています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽変換ソフト
 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

このソフトを使用するには、「.NET Framework 1.1」 をインストールしている必要があります。
AudioEncoder TOP
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 CCCP

定番のコーデックパック

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 Twitter as a Sidebar

Firefox のサイドバー内に、Twitter を表示できるようにするアドオン

 Imagine

ドラッグ&ドロップで放り込んだ JPEG / PNG ファイルを、画質劣化なしに圧縮してくれるソフト

 バックアップと同期

PC 内のファイルを、Google ドライブ / Google フォト に自動でバックアップできるようにするソフト

 White Noise

豊富な自然環境音を利用可能な、リラックスミュージック専用の音楽プレイヤー

 WordPress Theme Detector

指定した WordPress サイトで使われているテーマとプラグインを、一発調査してくれるウェブサービス

 Keppy's MIDI Converter

サンドフォント / VST プラグイン / DSP プラグイン で音作りも可能な MIDI ファイル変換ソフト

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

スポンサードリンク

AudioEncoder を紹介しているページです