Monkey's Audio

Monkey's Audio の概要や使い方を紹介しています

Monkey's Audio を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

WAVE ファイルを、ロスレスで圧縮できるオーディオエンコーダー!「Monkey's Audio」。

Monkey's Audio
制作者 Matthew T. Ashland
日本語化パッチ制作者 katgum
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (公式)
Download (ミラー)

● Monkey's Audio

WAVE 形式の音声ファイルを、可逆圧縮 なオーディオフォーマット「APE」に圧縮変換してくれるソフト。
品質の劣化が生じない “ 可逆圧縮 ” という圧縮方法で、WAVE ファイルを小さく圧縮してくれます。
複数のファイルをまとめて処理する機能や、APE ファイルをWAVE にデコードする( = 戻す)機能 等も付いています。

「Monkey's Audio」は、WAVE ファイルを「APE」というフォーマットに圧縮変換してくれるソフトです。
「APE」は、“ 可逆圧縮 ” というフォーマットの一つで、

  • デコード(伸張)すれば、完全に元の品質に戻すことができる( = 無劣化)
という特徴を持っています。
たとえば、WAVE ファイルを “ 非可逆圧縮 ” 方式である MP3 に圧縮した場合、その MP3 ファイルをWAVE ファイルに変換(伸張)しても、音質までは元に戻りません。
一方、WAVE ファイルをAPE に圧縮した場合、そのAPE ファイルをWAVE に変換すれば、ファイルの品質が完全に元の状態に戻るのです※1
※1 品質の劣化は生じないが、非可逆圧縮のフォーマットに比べると、圧縮率は劣る。
品質を優先する場合は可逆圧縮フォーマットで、ファイルサイズを優先する場合は非可逆圧縮で... というように使い分けると良い。

「Monkey's Audio」は、WAVE ファイルをこの「APE」フォーマットに圧縮変換してくれるソフトです。
操作は超簡単なドラッグ&ドロップで行うことができ、複数のファイルをまとめて変換することもできるようになっています。
“ 大事なファイルを劣化させたくない ” という時に、必ず役に立ってくれると思います。

使い方は以下の通り。

    Monkey's Audio の日本語化
    Monkey's Audio が起動していない時に行います
  1. katgum さんのサイト から、日本語化パッチを入手してきます。
  2. 解凍 して出てきたパッチを、「Monkey's Audio」のインストールフォルダ内にコピーします。
  3. あとは、パッチを実行すればOK。
    WAVE → APE
  1. 「Monkey's Audio.exe」を実行します。
  2. メインウインドウが表示されます。
    まず、メニューバー上の「モード」をクリックし、「圧縮」にチェックが入っていることを確認します。
  3. 続いて、APE に変換したいWAVE ファイルを、画面中央にドラッグ&ドロップ。
    (複数可)
  4. ツールバー上の「Compress」ボタンをクリックします。
  5. ファイルの圧縮処理が実行されます。
    しばらく待つと、元のWAVE ファイルと同じフォルダ内※2 にAPE ファイルが出力されます。
    ※2 ファイルの出力先フォルダを変更したい場合は、「ツール」→「設定」→「Output」と進み、右の「指定するディリクトリに出力する」にチェック →「参照」ボタンをクリックし、出力先フォルダを指定しておく。
尚、メニューバー上の「モード」→「圧縮レベル」から、圧縮レベルを変更できるようになっています。
「Fast」にいくほど圧縮率は下がりますが、その分エンコード / デコード にかかる時間が短くなります。
「Insane」にするとかなり圧縮できますが、その分エンコード / デコード にかかる時間が長くなります。

    APE → WAVE
  1. 「Monkey's Audio.exe」を実行します。
  2. まず、メニューバー上の「モード」から「圧縮解除」にチェックを入れておきます。
  3. WAVE に変換したいAPE ファイルを、画面中央にドラッグ&ドロップ。
  4. あとは、ツールバー上の「Decompress」ボタンをクリックすればOKです。

その他、音楽CD を「Monkey's Audio」と 「Exact Audio Copy」 で

    APE 形式のイメージファイル + Cue シート
としてリップした場合、そのCue シートを基に「APL」というファイルを作成することもできたりします。
APL ファイルとは、Cue シートを各トラックごとに分割したようなテキストファイルのことで、一つの音声ファイルのようにして扱うことができる... という特徴を持っています※3
※3 APL ファイルは、foobar2000Monkey's Audio decoder で再生できるようになる。
以下に、このAPL ファイルの作成方法を書いておきます。
  1. 「Monkey's Audio.exe」を実行します。
  2. メニューバー上の「モード」 から「APL の作成」にチェックを入れておきます。
  3. 目的のCue シートを、ウインドウ中央にドラッグ&ドロップ。
  4. あとは、ツールバー上の「Make APL's」ボタンをクリックするだけ。

ちなみに、「Monkey's Audio」には、「WINAMP」 のInput Plugin が同梱されています。
(「Winamp Plugin.exe」)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽変換ソフト
 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

Monkey's Audio TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Twitter as a Sidebar

Firefox のサイドバー内に、Twitter を表示できるようにするアドオン

 Imagine

ドラッグ&ドロップで放り込んだ JPEG / PNG ファイルを、画質劣化なしに圧縮してくれるソフト

 バックアップと同期

PC 内のファイルを、Google ドライブ / Google フォト に自動でバックアップできるようにするソフト

 White Noise

豊富な自然環境音を利用可能な、リラックスミュージック専用の音楽プレイヤー

 WordPress Theme Detector

指定した WordPress サイトで使われているテーマとプラグインを、一発調査してくれるウェブサービス

 Keppy's MIDI Converter

サンドフォント / VST プラグイン / DSP プラグイン で音作りも可能な MIDI ファイル変換ソフト

 おすすめフリーソフト
 エクセルde2ch画像収集

2 ちゃんねる等の特定スレッド内に貼られている画像を、全自動でダウンロード

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

Monkey's Audio を紹介しているページです