Helium Audio Joiner

Helium Audio Joiner の概要や使い方を紹介しています

Helium Audio Joiner を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

複数の音声ファイルを、一つに結合!「Helium Audio Joiner」。

Helium Audio Joiner

● Helium Audio Joiner

複数の音声ファイルを、一つに結合してくれるソフト。
ドラッグ&ドロップで放り込んだ WAVE / MP3 / WMA / FLAC / FLA / APE / WV / WVC / M4A / AAC / MP4 / M4B / OGG / M4P / MP2 / MPC / MP+ ファイルを、一つの WAVE / MP3 / WMA / FLAC / WV / M4A / AAC / MP4 / OGG / MPC ファイルとして出力することができます。
出力ファイルの品質を設定する機能や、結合ファイル用のCUE シートを生成する機能 等が付いています。

「Helium Audio Joiner」は、複数の音声ファイルを一つに結合してくれるソフトです。
選択した複数の音声ファイルを、一つのWAVE / MP3 / WMA / FLAC / WV / M4A / AAC / MP4 / OGG / MPC に変換してくれる... という音声結合ツールで、直感的に使えるシンプルなインターフェースが最大の特徴。
基本的に、

  • 結合したい音声ファイルをドラッグ&ドロップ
  • 出力形式を指定する
だけで使えるので、操作は超簡単。
(出力音声の品質も、ある程度設定できる)
処理の際には再エンコードが行われるようになっていますが、その分異なる形式のファイル同士でも結合することができます。
ちなみに、結合ファイル用のCUE シート※1 を同時生成する機能や、ファイルのタグ情報を設定する機能、結合するファイルとファイルの間にギャップ (無音区間) を挿入する機能 なども付いています。
※1 CUE シートとは、曲目のインデックスのようなもの。
(結合ファイル用のプレイリスト)
これを対応プレイヤーに読み込ませることで、個別トラックにジャンプできるようになる。
CUE シートの読み込みに対応しているプレイヤーには、「foobar2000」「AIMP」「Fittle(f4b24)」 などがある。

使い方は以下の通りです。

    日本語化
  1. インストール途中の 「Choose the default language in Helium Audio Joiner」という画面 で、プルダウンメニューをクリック →「Japanese」を選択しておきます
    ここで設定し忘れた場合は、オプション画面上で言語の変更を行って下さい。

  2. 実際に使う
  3. 「HeliumAudioJoiner.exe」を実行します。
  4. 初回起動時に、「Helium Music Manager」を勧めるダイアログ が表示されます。
    これはシェアウェアなので、左下の「Do not show again」にチェック →「Close」ボタンを押します
    (一応、フリーバージョンもありますが)
  5. メイン画面 が表示されます。

  6. ギャップの設定
  7. 結合するファイルとファイルの間に、ギャップ (無音区間) を挿入したい場合は、ツールバー上の「オプション」ボタンをクリックします。
  8. オプション画面 が表示されます。
    一番上の「トラック間に無音部を挿入」欄で、挿入するギャップの秒数を設定しておきます。
  9. 標準では、可逆圧縮のファイルと非可逆圧縮のファイルを結合する際に、警告 が表示されるようになっています。
    これが鬱陶しい場合は、「可逆と非可逆のファイルが混在時に警告」のチェックを外しておきます。
    可逆・不可逆圧縮とは?

  10. 結合操作
  11. 一つに結合したい音声ファイルを、メイン画面に向かってドラッグ&ドロップします。
    もしくは、ツールバー上にある「フォルダの追加」「ファイルの追加」ボタンをクリックし、ファイルを登録してもOK です。
  12. ファイルを間違えて追加してしまった時は、リスト上で該当のファイルを選択 → ツールバー上の「除去」ボタンをクリックします。
    ファイルの 詳細情報 を確認したい時は、ファイルを選択 → ツールバー上の「プロパティ」ボタンをクリックします。
    ファイルの並び順(結合順)を変更したい時は、目的のファイルをドラッグ&ドロップします。
  13. 必要であれば、画面右側の「タグ情報」欄で、結合されたファイルのタグ情報を設定しておきます。
    (日本語は文字化けしてしまうので注意)
  14. 画面下部の「出力オプション」欄で、ファイルの出力フォーマットを選択します。
    出力音声の品質も設定したい場合は、「エンコーダオプション」ボタンをクリックし、適宜設定 を行っておきます。
  15. 結合ファイルと一緒にCUE シートも作成したい場合は、「CUE ファイルの作成」にもチェック。
  16. MP3 / FLAC で出力する場合、変換終了後にファイルの解析を行うことができるようです。
    (ファイルに、エラーが存在するかしないか)
    しかし、FLAC でこの作業を行うと、必ず?エラーが出るようなので、特にチェックは入れないでよいでしょう。
  17. 準備が整ったら、画面右下にある「ファイルの結合」ボタンをクリックします。
    (「ファイル...」しか見えないかもしれません)
  18. 可逆圧縮のファイルと非可逆圧縮のファイルを結合する際には、警告ダイアログ が表示されます。
    これが表示されたら、「Yes」ボタンをクリック。
  19. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されるので、ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を入力して「保存」ボタンをクリックします。
  20. ファイルの結合処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  21. 少し待ち、「結合結果」というダイアログが表示されたら結合完了です。

尚、出力形式が MP3 / FLAC / WV 以外の場合だと、作成されたCUE シートを読み込めないことがあるようです。
もしそのような場合、問題のCUE シートをメモ帳で開き、2 行目を下記のように修正してみて下さい。
例)

    FILE "joined.wav" WAV → FILE "joined.wav" WAVE
    FILE "joined.m4a" M4A → FILE "joined.m4a" WAVE
修正したら、そのままファイルを上書き保存すればOK です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽編集ソフト
 SoundEngine

高機能でありながらも使いやすい音楽ファイル編集ソフト

 Audacity

マルチトラック編集にも対応した、高機能オーディオエディタ

Helium Audio Joiner TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 Folder Marker Free

右クリックで選択したフォルダに、マークや色を付けられるようにするソフト

 QuickLook

エクスプローラで選択中のファイルを、スペースキー押しでプレビュー表示できるようにするソフト

 Snapdrop

同一の LAN 内に存在するデバイスに、ファイルやメッセージを一発送信することができる Web アプリ

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

スポンサードリンク

Helium Audio Joiner を紹介しているページです