Mirage Colloid

Mirage Colloid の概要や使い方を紹介しています

Mirage Colloid を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

見られたくないフォルダを特殊フォルダに偽装!「Mirage Colloid」。

Mirage Colloid

● Mirage Colloid

指定したフォルダを、“ ごみ箱 ” “ タスク ” 等の特殊フォルダに偽装することができるソフト。
偽装フォルダに 隠し属性 / システム属性 を持たせる機能や、「Mirage Colloid」の起動 / フォルダの偽装解除 にパスワードを設定する機能、任意のドライブを非表示にする機能、指定したドライブへのアクセスを制限する機能... なども付いています。

「Mirage Colloid」は、指定したフォルダを

  • Internet Explorer
  • ごみ箱
  • コントロール パネル
  • Web フォルダ
  • Downloaded Program Files
  • Offline Web Pages
  • マイ ネットワーク
  • プリンタと FAX
  • タスク
といった特殊フォルダに偽装できるようにするソフトです。
個人的な情報の入ったフォルダ、第三者に見られたくないフォルダ 等を偽装し、フォルダを通常どおり開けないようにすることができます。
フォルダを偽装すると、実際の機能も偽装先フォルダと同じものになります。
(もちろん、偽装を解除すれば中のファイルも元に戻ります)

使い方は以下の通り。

    フォルダ偽装
  1. 「Mirage.exe」を実行します。
  2. 初回起動時のみ、「検索パスワードの設定」というダイアログが表示されます。
    これは、「Mirage Colloid」の “ 偽装済みフォルダの検索機能 ” を使用する時に必要なパスワードです※1
    ※1 これを忘れると、偽装したフォルダをどこに置いたか忘れてしまった時に、検索できなくなるので注意が必要です。
  3. 検索パスワードの設定が済むと、メインウインドウが表示されます。
    まず、「フォルダ」タブを開き、偽装したいフォルダを上部のリストにドラッグ&ドロップします※2
    ※2 複数のフォルダをドロップすることができる。
    尚、「フォルダリスト」は10 ページまで作成できるので、用途に合わせて使い分けることができる。
  4. 下の「偽装タイプ」欄で、偽装先の特殊フォルダを指定します。
  5. 必要であれば、
    • 「偽装パスワード」を設定する※3
    • 隠し属性※4
    • システム属性※4
    • フォルダの名前も偽装する
    といったオプションを指定してもよいでしょう。
    ※3 偽装解除の際に、パスワード入力を必須にする。
    ※4 偽装フォルダに、隠し属性やシステム属性を設定する。
  6. あとは、画面下部の「全て偽装」ボタンをクリックすればOK。
    フォルダリスト上で任意のフォルダを右クリックすることにより、フォルダを個別に偽装することもできるようになっています。
    ドライブを隠す
    ドライブを隠しても、アドレスを直接打ち込んだりするとアクセスすることはできる
  1. 「ドライブ」タブを開きます。
  2. 隠したいドライブにチェックを入れます。
    隠すのではなく、アクセスを制限したいドライブがある場合は、「アクセスを制限する」欄内のドライブにチェックを入れます。
  3. あとは、右下の「適用」ボタンをクリックすればOK。
    次回のパソコン起動時から、ここでの設定が反映されています。

ちなみに、メニューバーの「ツール」から、デスクトップ上の各偽装フォルダを非表示にしたり、エクスプローラの「フォルダオプション」を非表示にすることもできるようになっています※5
※5 エクスプローラの「ツール」→「フォルダ オプション」→「表示」タブの操作で、隠し属性のファイルを表示できなくするため。

そのほか、メニューバーの「起動パスワード」→「設定する」から、「Mirage Colloid」の起動にパスワードをかけることもできたりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Mirage Colloid TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

Mirage Colloid を紹介しているページです