KeePass Password Safe

KeePass Password Safe の概要や使い方を紹介しています

KeePass Password Safe を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

高機能だけど使いやすいパスワード管理ソフト!「KeePass Password Safe」。

KeePass Password Safe
制作者 Dominik Reichl
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7/8

Download (公式 : Professional )
Download (ミラー )
Download (ポータブル)

● KeePass Password Safe

高機能かつセキュアなパスワード管理ソフト。
各種サービス上で使用しているユーザーID / パスワード 等々のログイン情報を、強力に暗号化されたデータベースに一括保存しておけるようにしてくれます。
登録したID / パスワード をクリップボードにコピーする機能や、登録情報をログイン画面に一発入力する機能、TAN を管理する機能、セキュアなパスワードを生成する機能... なども付いています。

「KeePass Password Safe」は、高機能なパスワードマネージャーです。
リモートデスクトップ / 各種Web サービス / FTP... 等々、様々な場面で使っている ID & パスワード を、強固に暗号化されたデータベース※1 に一括保存しておけるようにする... というパスワード管理ツールです。
※1 データベースは、パスワードやキーファイルによって暗号化される。
暗号化の際には、 “ AES ” というアルゴリズムが使われる(ブロック長は256 ビット)。

データベースのログインパスワードを覚えておくだけで、登録した全てのログイン情報を参照できるようになるため、パスワード管理が非常に楽になります。
ログイン情報はカテゴリごとに分けて登録することができ、さらにはログインページのURL やコメント等も一緒に保存しておけるようになっています。
また、セキュアなパスワードを作成する機能や、データベースを複数個作成する機能、TAN※2 を管理する機能 などもあり、中々多機能なソフトであるとも言えます。
※2 複数個用意された使い捨てパスワードのこと。
“ ワンタイムパスワード ” 、“ トランザクション認証番号 ” とも言う。

尚、ログインページやログイン画面に、ID / パスワード を自動入力する機能も付いているので、パスワード入力支援ソフトのような感じでも使えるかと思います。

使い方は以下のとおり。
このページでは、バージョン 2(「Professional Edition」)を例に紹介しています。
( OS がWindows XP 以下である場合は、「.NET Framework 2.0」 のインストールが必要になります)

    日本語化
  1. まず、日本語ランゲージファイル を入手します。
    ( 「Translations 2.x」 →「Japanese-x.x.zip」)
  2. 解凍 して出てきた lngx ファイルを、「KeePass.exe」と同じフォルダ内にコピーします。
  3. 「KeePass.exe」を実行します。
  4. 最初に 「Enable automatic update check?」というダイアログ が表示されます。
    アップデートの自動チェックを行う場合は「Enable」を、アップデートチェックを行わない場合は「Disable」を選択します。
  5. メイン画面が表示されるので、メニューバー上の「View」から「Change Language」を選択。
  6. 「Select Language」という画面が表示されます。
    この画面のリスト内にある「Japanese」をクリック。
  7. 「KeePass Password Safe」の再起動を促すようなダイアログ が表示されるので、「はい」を選択します。
  8. 「KeePass Password Safe」が再起動し、UI が日本語になっています。
    初期設定(データベースの作成)
  1. メニューバー上の「ファイル」から「新規」を選択します。
  2. 「新しいパスワードデータベースを作成します」というダイアログが表示されるので、データベースの保存先フォルダ&ファイル名 を指定します。
    データベースはどこに保存してもOK ですが、あまり目立たない場所に保存するのがベターです。
  3. 続いて、「複合マスターキーを作成」という画面 が表示されます。
    ここの「マスターパスワード」欄で、これから作るデータベースにかけるパスワードを設定します※3
    ( 下の「パスワードをもう一度」欄にも、同じパスワードを入力する)
    ※3 データベースを開く際には、ここで設定したパスワードの入力が必要になる。
  4. 必要であれば、パスワードに加えて “ キーファイル ” を鍵にすることもできます。
    パスワードとしてキーファイルも指定する場合は、「キーファイル / 提供元」にチェックを入れ、「新規作成」ボタンをクリック → キーファイルの作成を行います。
    キーファイルの作成方法は、次のようになっています。
    1. 最初に「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、キーファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
    2. 「エントロピーの収集」という画面 が表示されます。
      左にある「マウスの入力で適当に」欄上でマウスカーソルを適当に動かし、尚且つキーを適当に打ちまくります。
    3. 左下にあるメーターがある程度溜まったら、右下にある「OK」ボタンをクリック。
      (メーターが多く溜まるほど、強度の強いキーファイルが出来上がります)
  5. パスワードを設定したら、画面下部の「OK」ボタンをクリック。
  6. 「データベースの設定」という画面 が表示されます。
    ここで、データベースの名前 / 説明 などを設定しておきます。
    (そのままでもOK)
    設定が済んだら、画面下部の「OK」ボタンをクリック。
    ログイン情報の登録(データベースへのID / パスワード情報登録)
  1. 初期設定が済むと、メインウインドウが表示されます※4
    ※4 データベースのパスワードは、メニューバー上の「ファイル」→「マスターキーを変更」から変更することができる。
    メインウインドウは、
    • 左側 = 保存するパスワードのグループ(カテゴリビュー)
    • 右側 = 各グループ内に登録してあるログイン情報一覧(データビュー)
    の 2 ペイン構成になっています。
    パスワードグループには、デフォルトで
    • 一般
    • Windows
    • ネットワーク
    • インターネット
    • 電子メール
    • ホームバンキング
    といったものが登録されていますが、これらの名前 / アイコン は自由に変更することができます※5.
    ※5 編集したいアイテムを右クリック →「グループを編集」から。
    不要なものは削除することもできるし、グループを新たに追加することもできる。
    (グループの下に、サブグループを作成することもできる)

    ここでは、とりあえず「Windows」というグループ内に、ログイン情報を登録する方法を紹介します。
  2. グループツリー内にある「Windows」を選択。
  3. 右側のウインドウ上で右クリック →「エントリーの追加」を選択します。
  4. 「エントリーの追加」というウインドウ が表示されます。
    ここの
    • 「タイトル」欄に、今から登録するログイン情報の登録名※6
    • 「ユーザー名」欄に、ログインの際に必要となるユーザー名(や ID )を、
    • 「パスワード」欄に、ログインの際に必要となるパスワード※7
    • 「もう 1 度」欄に、「パスワード」欄に入力したのと同じパスワードを、
    • 「URL」欄に、ログインページのURL を、
    • 「備考」欄に、登録データの備考を
    それぞれ入力し、「OK」ボタンをクリックします※8
    ※6 ログインページのタイトルテキストを含めておくと、ログインページに ID &パスワード をホットキーで一発入力できるようになる。
    タイトルテキストを含めなくても、一発入力できることはできるが、ほんの少しだけ手間がかかる。
    (本当にほんの少しだけだが... この “ 入力支援機能 ” についてはこちら

    ※7 パスワードはデフォルトで既に登録されているが、もちろん削除して良い。
    ※8 右上の「アイコン」欄にあるボタンをクリックすることで、このログイン情報に関連付けるアイコンを指定することもできる。
    必要のない項目は、入力しなくてもOK です。
  5. 他にも登録したいデータ(ログイン情報)がある場合は、同じようにして登録処理を行います※9
    ※9 登録済みのデータを右クリック →「エントリーの複製」から、選択したデータを複製することもできたりする。
    他のグループにデータを登録する時も、処理方法は同じです。
    登録済みのデータを編集する時は、目的のデータを右クリック →「エントリーの編集 / 表示」を選択します。
  6. ログイン情報を登録し終えたら、メニューバー上の「ファイル」から「保存」を選択し、これまでの設定内容 & 登録内容 を保存しておきます。
    データに変更を加えた時も、「ファイル」→「保存」からデータベースを上書き保存してやる必要があります※10
    ※10 データベースを閉じる時に、保存処理が自動で行われるようにすることもできる。
    この機能を有効化する時は、メニューバー上の「ツール」から「オプション」を開き、「高度」タブ をクリック →「データベースをロックまたは閉じる時に自動的に保存」にチェックを入れておく。
    ログインページへの情報入力支援
  1. 画面右側のデータビュー上で、今からログインしたいサービスのデータを右クリック →「URL」→「○○ (ブラウザ名) で開く」を選択します※11
    ※11 または、何らかのアプリケーションでログイン画面を開いておく。
  2. 選択したブラウザで、該当データに登録されているURL ( = ログイン画面)が表示されます。
  3. このログイン画面上で、ユーザー名 / ユーザーID の入力フォームを一回クリックします。
  4. IME がON になっている場合は、半角入力モードに切り替えておきます。
    (半角入力に切り替えておかないと、ユーザー名やパスワードが全角で入力される)
  5. 「KeePass Password Safe」内のデータを右クリックし※12、「自動入力の実行」を選択します。
    もしくは、「KeePass Password Safe」内でデータを選択 → ホットキー “「Ctrl」+「V」” を押します。
    ※12 この右クリックメニューから、ユーザー名 / パスワード をコピーすることもできる。
    データの登録名に、ログインページのタイトルテキストが含まれている場合は、Web ページ上の入力フォームをクリック → ホットキー “「Ctrl」+「Alt」+「A」” を押すだけでもOK です※13
    ※13 「KeePass Password Safe」内のデータを、わざわざ選択したりしなくても良いということ。
    ログインページのタイトルテキストから、一致するデータを自動で判断してくれる。
  6. すると、登録しておいたユーザー名(ID)とパスワード が自動で入力され、そのままログインが行われます。
    TAN(ワンタイムパスワード)登録
  1. 事前にTAN 専用のグループを作り、そのグループを選択状態にしておきます。
  2. メニューバー上の「ツール」から「TAN ウィザード」を選択。
  3. 「TAN ウィザード」が表示されます。
    中央の欄に、ワンタイムパスワードを一行ずつ書いていきます。
    通常は
    • アルファベット (大文字 / 小文字)
    • 数字
    • ハイフン
    がパスワードと見なされますが、もしパスワードに記号などが使用されている場合、下部の「TAN には以下の文字を使用する」欄に、その記号等を入力しておきます。
  4. パスワードを全て登録したら、下部の「OK」ボタンをクリック。
  5. すると、右側のビューに、先ほど登録したTAN が一覧表示されます。
    (TAN には、ユーザー名やURL を登録することはできません)
  6. あとは、TAN を使用したい場面で、任意のTAN を右クリック →
    • TAN をコピー
    • 自動入力の実行※14
    のどちらかを選択すればOK。
    ※14 自動入力を行う時は、IME をOFF にして半角入力モードにしておく。
    (でないと、パスワードが全角文字で入力される)

    一度使用したパスワードは、自動的に次回から無効になります。
    (先頭に × 印が付く)

ちなみに、「KeePass Password Safe」を起動させると、前回使用していたデータベースが毎回自動で開かれるようになっています。
データベースを開くためのパスワード入力画面 が、いきなり表示される)
この機能を無効化したい時は、メニューバー上の「ツール」から「オプション」を開き、「高度」タブ をクリック →

  • 最後に使用したデータベースを記憶して開始時に自動的に開きます
のチェックを外しておきます。

その他、登録データを検索する機能や、パスワード生成機能、ワークスペース(作業画面)の自動ロック、クリップボード内のデータを自動で消去する機能※14、「KeePass」本体をタスクトレイに格納させる機能、データのインポート / エクスポート※15 / 印刷、メイン画面のフォント変更... 等々の機能も付いています。
※14 自動消去までの時間を、秒単位で指定できる。
(「ツール」 → 「オプション」→ 「セキュリティ」タブ で設定できる)

※15 データベースに登録されている情報を、HTML / XML / CSV / KDB / KDBX 形式で書き出す機能。

トップセキュリティソフトID・パスワード関連ソフト KeePass Password Safe TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 MasterSeeker

インデックス不要の超高速ファイル検索ソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Custom Live Wallpaper Creator

Android 端末で使用可能な “ ライブ壁紙 ” を作成することができるソフト

 LonelyScreen

iPhone / iPad の画面の内容を、パソコン上でミラーリング表示できるようにするソフト

 Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフトを紹介しています

 Show or hide updates(Windows 10 向け)

特定の更新プログラムやドライバーのアップデートが、自動でインストールされないようにする

 Windows 7 / 8 / 8.1 / 10 のイメージバックアップ機能

システムドライブ + α を、そっくりそのまま完全にバックアップする方法を紹介しています

 Personalization Panel for Windows 10

Windows 10 上で、Windows 8.1 以前の “ 個人設定 ” 画面を呼び出せるようにする

スポンサード リンク

KeePass Password Safe を紹介しているページです