Context Menu Editor

Context Menu Editor の概要や使い方を紹介しています

Context Menu Editor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

フォルダの背景&デスクトップの右クリックメニューを拡張!「Context Menu Editor」。

Context Menu Editor
制作者 Gopal Adhikari
対応 Vista/7

Download
Download (ミラー)

● Context Menu Editor

フォルダの背景&デスクトップの右クリックメニュー内 に、アプリケーションを登録できるようにするソフト。
フォルダの背景(何もないところ)上での右クリックメニュー / デスクトップ上での右クリックメニュー 内に、普段よく使っているアプリケーションや、任意のWeb サイトを登録できるようにします。
登録アイテムのアイコン / 表示名 をカスタマイズする機能や、 “「Shift」キー ” を押している時のみ登録アイテムを表示するように設定する機能、登録したアイテムを削除する機能 等も付いています。

「Context Menu Editor」は、シンプルな右クリックメニュー拡張ソフトです。
フォルダの背景&デスクトップ上で右クリックした時に表示されるメニュー内に、普段よく使っているアプリ ケーションやお気に入りのWeb サイトを登録できるようにしてくれます※1
※1 Web サイトは、既定のブラウザではなくIE で表示されるので注意。
アイテムは HKEY_CLASSES_ROOT¥Directory¥Background¥shell 以下に登録されるので、開くブラウザを変更することもできるが...

登録アイテムに関連付けるアイコン / 表示名 は自由にカスタマイズすることができ、また必要なくなればいつでも削除できるようになっています。
多機能なソフトではありませんが、右クリックメニューをランチャーのようにして使えるようになるので結構便利です。

使い方は以下の通りです。

    準備
  1. 「Context Menu Editor.exe」を右クリック →「プロパティ」→「互換性」タブを開き、一番下にある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェック → 下部の「OK」ボタンを押します。
    (「Context Menu Editor」を、管理者として実行できるようにする... ということ)

  2. アプリケーションの登録
  3. 「Context Menu Editor.exe」を実行します。
  4. メイン画面が表示されます。
    一番上の「Path」欄にある「Browse」ボタンをクリックし、登録するアプリケーションを指定します。
  5. すると、下の「Icon」欄に該当アプリケーションのアイコンパスが、「Text」欄にアプリケーション名が自動入力されます※2
    ※2 「Text」欄に入力されたテキストが、メニュー内での表示名になる。
    もしこれらを変更したい場合は、適宜編集を行っておきます。
  6. 必要であれば、登録アプリを “ 「Shift」キーを押している時のみ表示する ” ように設定することもできます。
    そのようにしたい場合は、「Text」欄の右にある「Extended」にチェックを入れておきます。
  7. あとは、下の「Set」ボタンを押せばOK。
    これで、フォルダの背景やデスクトップ上での右クリックメニューから、登録したアプリを呼び出せるようになっています。

  8. Web サイトの登録
  9. 「Context Menu Editor.exe」を実行します。
  10. 下の「URL」欄に、登録したいWeb サイトのURL を入力します。
  11. 必要であれば、下の「Icon」欄にある「Browse」ボタンをクリックし、該当URL に関連付けるアイコンを指定しておきます。
    (アイコンを指定しない場合、単純に “ アイコンなし ” になる)
  12. その下の「Text」欄に、アイテムの表示名を入力します。
  13. 登録したサイトを、 “ 「Shift」キーを押している時のみ表示する ” ようにしたい場合は、「Text」欄の右にある「Extended」にチェックを入れておきます。
  14. あとは、下部の「Set」ボタンを押せばOK。

  15. 登録した項目の削除
  16. 「Context Menu Editor.exe」を実行します。
  17. 上部の「Remove」タブを開きます。
  18. あとは、目的のアイテムを右クリックし、「Delete」を選択すればOK。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Context Menu Editor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Internet Friendly Media Encoder

各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / VP9 圧縮の MP4 / MKV / WebM に変換してくれるソフト

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 Reduce Memory

非常駐型のシンプルなメモリ解放ツール

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

Context Menu Editor を紹介しているサイトです