プログラムの追加と削除 一覧出力

プログラムの追加と削除 一覧出力 の概要や使い方を紹介しています

プログラムの追加と削除 一覧出力 を紹介しているサイトです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

インストールプログラム一覧を、ファイルに書き出したり印刷したりする!「プログラムの追加と削除 一覧出力」。

プログラムの追加と削除 一覧出力
制作者 office-neo
対応 2000/XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● プログラムの追加と削除 一覧出力

インストール済みプログラムの一覧を、CSV / PDF ファイルに書き出したり、印刷したりしてくれるソフト。
システムにインストールされているプログラムをリスト形式で一覧表示し、その結果をCSV / PDF ファイルとして出力したり、印刷したりできるようにしてくれます。
プログラムのバージョン / 発行元 / インストール日 / サイズ / 最終使用日 / プロダクトID / インストール先 等の情報を一緒に書き出す機能や、任意のプログラムを一覧に追加してから出力する機能 なども付いています。

「プログラムの追加と削除 一覧出力」は、インストールプログラムの情報を書き出せるようにするソフトです。
現在システムにインストールされているプログラムの情報を、リスト形式で一覧表示させ、その表示された情報をCSV / PDF ファイルに書き出したり、印刷したりできるようにする... というインストール情報出力ツールです。
出力する情報を詳細にカスタマイズできるところが最大の特徴で、たとえばプログラムの表示名を変更できたり、プログラムの

  • バージョン
  • 発行元
  • インストール日
  • サイズ
  • 最終使用日
  • プロダクトID
... 等々の付属情報も、一緒に書き出せるようになっています。
また、一覧に任意のプログラムを追加したり、一覧から任意のプログラムを消去したりすることもできたりします※1.
※1 追加 / 削除 はリスト上でのみ行われる行為であり、インストール情報が書き換えられてしまう訳ではない。
OS の再インストールを行う時や、パソコンを新規に買い足したりする時に便利。
ちなみに、インストールプログラム一覧をクリップボードにコピーする機能や、インストールプログラムの一覧を比較する機能※2、任意のプログラムをアンインストールする機能 なども付いています。
※2 事前に書き出しておいたCSV ファイルの内容と、現在のインストールプログラム情報を比較する。

使い方は以下の通り。

  1. 「PGLST.exe」(「PGLST64.exe」)を実行します。
  2. メイン画面 が表示されます。
    デフォルトでは、Windows の更新プログラムが表示されないようになっています。
    更新プログラムも一覧に表示させたい時は、ツールバー上にある「更新プログラムを表示する」にチェックを入れておきます。

  3. 一覧に表示する情報の設定
  4. 一覧に表示する情報(=ファイルに書き出す情報)※3 は、自由にカスタマイズすることができます。
    ※3 プログラムの 表示名 / バージョン / 発行元 / インストール日 / サイズ... 等々。
    表示する情報の設定を行う時は、メニューバー上の「表示」から「詳細表示の設定」を選択します。
    尚、メニューバー上の「表示」から「簡素に表示」にチェックを入れることで、リスト上の情報を 表示名 / バージョン / 発行元 のみの 簡易表示 にすることもできたりします。
  5. 「詳細表示の設定」という画面 が表示されます。
    ここで、一覧に表示させる情報にチェックを入れていきます。
    (逆に、一覧に表示させたくない情報のチェックを外す)
  6. プログラム一覧の先頭には、行番号を付けることもできます
    行番号を付けたい時は、メニューバー上の「表示」から「行番号を表示する」にチェックを入れておきます。
  7. 必要に応じて、プログラムの表示名を変更することもできます※4
    ※4 リスト上での表記が変更されるだけで、インストール情報が書き換えられてしまうわけではない。
    表示名を変更したいプログラムがある時は、目的のプログラムを右クリック → 「表示名の変更」を選択し、適宜リネームを行っておきます。
  8. 任意のプログラムを、一覧に追加することもできます※5
    ※5 プログラムの情報がリストに追加されるだけで、実際にインストールが行われるわけではない。
    一覧に追加したいプログラムがある時は、メニューバー上の「編集」 → 「ショートカットなどから追加」を選択し、目的のファイルを選択します。
  9. 逆に、任意のプログラムを一覧から消去することもできます※6
    ※6 リストから消去されるだけであり、アンインストールが行われる訳ではない。
    (アンインストールを行う時は、プログラムを右クリック → 「削除」を選択する)

    一覧から消したいプログラムがある時は、該当のプログラムを右クリックして「一覧リストから削除」を選択します。
  10. 一覧に表示されているプログラムを、任意の文字列で絞り込む フィルタリング機能も付いています。
    フィルタリングを行う時は、画面右上にある検索フォームに文字列を入力して ボタンをクリックします。
    (フィルタを解除する時は、再度 ボタンをクリックする)
  11. プログラムの並び順は、各カラムをクリックすることで変更することができます。
    また、任意のプログラムを右クリック → 「↑上に移動」「↓下に移動」を選択することで、並び順をピンポイントに調整することも可能となっています。

  12. 一覧をファイルに書き出す
  13. メニューバー上の「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択します。
  14. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    あとは、ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定し、「保存」ボタンをクリックすればOK です。
    (ファイルの保存フォーマットは、「ファイルの種類」欄で指定する

  15. 一覧を印刷する
  16. メニューバー上の「ファイル」から「印刷プレビュー」を選択します。
  17. 印刷プレビュー が表示されます。
    あとは、ツールバー上の「印刷」ボタンをクリックし、使用するプリンタ等を選択すればOK です。

その他、メニューバー上の「編集」から「コピー」を選択することで、プログラム一覧の情報をクリップボードにコピーすることもできたりします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のアンインストール支援ソフト
 GeekUninstaller

“ アプリケーションがシステム内に残していったゴミ ” も検出してくれるアンインストールマネージャー

 Revo Uninstaller

多くのクリーンアップ機能を搭載したアンインストール支援ソフト

 Windows 10 App Remover

“ Windows 10 にプリインストールされているストアアプリ ” 専用のアンインストール支援ソフト

プログラムの追加と削除 一覧出力 TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

スポンサードリンク
プログラムの追加と削除 一覧出力 を紹介しているページです。