Revo Uninstaller

Revo Uninstaller の概要や使い方を紹介しています

Revo Uninstaller を紹介しているサイトです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

アプリケーションを、徹底的にアンインストールすることができる!「Revo Uninstaller」。

Revo Uninstaller
制作者 Vs Revo Group
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (Freeware )
Download (Portable )
Download (ミラー )

● Revo Uninstaller

多くのクリーンアップ機能を搭載したアンインストール支援ソフト。
アプリケーションを徹底的にアンインストールする機能のほか、インストール済みのアプリケーションをインクリメンタルサーチする機能、アンインストールできなくなったアプリケーションのインストール情報を削除する機能、Windows の一時ファイル、および、Windows アプリケーションの使用履歴 等を削除する機能、不要なスタートアッププログラムを削除する機能、ファイルを完全削除する機能 等を備えています。

「Revo Uninstaller」は、高機能なアンインストール支援ソフトです。
指定したアプリケーションを、システムからきれいにアンインストールしてくれるクリーンアップツールで、アンインストールの際に

  • ソフトが、ハードディスクやレジストリ内に “ ゴミファイル ” を残していないか
ということを、徹底的にチェックしてくれるところが最大のポイント。
チェックを行う分、普通のアンインストール処理に比べると時間がかかりますが、その分通常の作業では削除しきれないファイル&レジストリエントリ までをも検出&削除 することができます。
ちなみに、アンインストールできなくなってしまったプログラムの “ インストール情報 ” を削除する機能や、スタートアッププログラムを管理する機能、主要アプリケーションの使用履歴を削除する機能 等も備えているので、総合的なお掃除ツールとしても使えるかと思います。

基本的な使い方は以下の通り。
ポータブル版をダウンロードした場合は、ツールバー上にある「Options」ボタンをクリック → 右の「Current language」欄で「日本語/Japanese」を選択して下さい。

  1. 「revouninstaller.exe」を実行します。
  2. インストール済みのプログラムが、リストに一覧表示されます。
    Revo Uninstaller
    ここで、アンインストールしたいプログラムをダブルクリックします。
    尚、プログラムを右クリックすることで、下記のようなコマンドを実行することもできたりします。
    (一部のコマンドしか実行できないアプリケーションも結構ある)
    • エントリを除去 - レジストリ内のインストール情報を削除※1
    • Google で検索 - アプリケーション名 or 会社名 をWeb 検索
    • 関連リンク(デベロッパーサイト)を開く
    • ヘルプリンクを開く
    • アップデートリンクを開く
    • インストールされた場所 - インストールフォルダを開く
    • レジストリキーを開く
    ※1 ソフトを、アンインストールできなくなってしまった時に使う。
    プログラムリストの表示形式を「詳細」にすると、各プログラムのバージョンやインストール日時、会社情報 などを表示できるようにもなります。
    Revo Uninstaller
    (各項目ごとに、プログラムをソートできるようにもなる)
  3. プログラムをダブルクリックすると、
      選択されたプログラムを本当にアンインストールしますか?
    というダイアログが表示されるので、「はい」をクリック。
  4. 「アンインストールモードを選択」という画面が表示されます。
    「アンインストールモードを選択」
    ここで、“ アンインストールをどのくらい徹底的に行うのか ” ということを選択します。
    アンインストールモードは、
    • ビルトイン
      通常のアンインストールのみ
    • セキュア
      通常のアンインストール + 削除しても安全そうなアイテムのみを検索
    • 標準
      通常のアンインストール + ゴミが残りやすい場所のみを検索
    • 完全
      通常のアンインストール + アプリケーションが残していったと思われる全ての情報を表示
    の中から選ぶことができ、下にいくほど徹底的にアンインストールを行えるようになっています。
    (ただし、下にいくほど検索に時間もかかるし、削除するアイテムを判断する力も求められる)
    「ビルトイン」は通常のアンインストールと同じなので、ここでは「ビルトイン」以外のモードでアンインストールを行う方法を紹介します。
  5. アンインストールモードを選択した後「次へ」ボタンを押すと、
    1. 復元ポイントの作成※2
    2. これからアンインストールするプログラムの解析処理
    が自動で行われ、続けて該当プログラムのアンインストーラーが立ち上がります。
    ※2 この時、復元ポイントを自動で作成しないようにすることもできる。
    復元ポイントを作成しないようにしたい場合は、ツールバー上の「オプション」ボタンをクリックし、左メニューの「アンインストーラ」を選択 →「アンインストールする前に、復元ポイントを作成する」のチェックを外す。
    「アンインストーラ」

    そのまま、ソフトのアンインストールを普通に行います。
  6. アンインストーラーでの処理が終了したら、「次へ」ボタンをクリックします。
    「次へ」ボタンをクリック
  7. 「アンインストール後のスキャン」というウインドウが表示されます。
    「アンインストール後のスキャン」
    ここで、 “ アンインストールしきれなかったファイルが存在していないかどうか ” ということの調査が行われます。
    中央のメーターがいっぱいになるまで待ち、メーターが全部埋まったら「次へ」ボタンをクリック。
  8. 削除しきれなかったレジストリエントリがあった場合、「残されたレジストリアイテムの検出」という画面が表示されます。
    「残されたレジストリアイテムの検出」
    ここには、削除しきれなかったレジストリキー&エントリ がツリー形式で表示されます。
    これを見て、 “ 先ほどアンインストールしたソフトが、残していったと思われるもの ” にチェックを入れます※3
    ※3 ツリーは、キー名の先頭にある + をクリックすることで、展開していくことができる。
    レジストリの操作は大変危険なので、よく分からないものには絶対にチェックを入れない ようにしましょう。
    特に、名前が似ているソフトをインストールしている場合、それらのレジストリキーが誤検出されることがあります。

    削除してもよいと思われるもの全てにチェックを入れたら、下部の「削除」ボタンを押します。
    レジストリの掃除が終わったら、「次へ」ボタンをクリック。
  9. 削除しきれなかったファイル / フォルダ が検出された場合、「残されたファイルとフォルダの検出」という画面が表示されます。
    「残されたファイルとフォルダの検出」
    ここには、削除しきれなかったファイル&フォルダ(のパス)が、リスト形式で表示されるので、“ 先ほどアンインストールしたソフトが、残していったと思われるもの ” にチェックを入れます※4
    ※4 よく分からないものには、絶対にチェックを入れないようにしましょう。
    削除してもよいと思われるもの全てにチェックを入れたら、画面下部の「削除」ボタンを押します。
    その後、「次へ」ボタンをクリック。
  10. これにて、「Revo Uninstaller」によるアンインストール処理は完了です。

このような完全アンインストール機能に加えて、各種クリーンアップ機能も付いています。
(クリーンアップ機能を利用する時は、画面上部にある「ツール」ボタンを押す)
クリーンアップ機能は、主に「最適化」と「トラッククリーナー」に分かれていて、「最適化」メニュー内では下記のような機能を利用できるようになっています。

  • スタートアッププログラム(AutoRun)の管理※5
    スタートアッププログラム(AutoRun)の管理
    ※5 無効化したいアイテムがあったら、該当アイテムのチェックを外す。
    スタートアップから削除したいアイテムがある場合、該当のものを選択 → ツールバー上の「除去」を押す。
  • Windows ツール
    システム関連のツール(セキュリティセンター、システム情報、デフラグツール など)を起動できる
    Windows ツール
  • 不要ファイルクリーナー※6
    tmp / old / chk / gid / fts / thumbs.db ファイル等々、不要と思われるファイルを検索&削除できる
    不要ファイルクリーナー
    ※6 検索対象とする領域&ファイル は、ツールバー上の「オプション」ボタンをクリック → 左メニューの「不要ファイルクリーナー」→「一般」で指定することができる。
    「一般」
    処理を行う時は、ツールバー上の「スキャン」ボタンを押してしばらく待つ。
    (その後不要ファイルが検出されたら、削除したいアイテムにチェック → ツールバー上の「削除」を押す)

一方、「トラッククリーナー」メニューを開くと、

  • ブラウザクリーナー
    IE / Opera の履歴、一時ファイル、クッキー 等を削除することができる
    ブラウザクリーナー
  • MS Office クリーナー
    Word / Excel / Access / PowerPoint / FrontPage の履歴を削除することができる
    MS Office クリーナー
  • Windows クリーナー
    ごみ箱の中身、クリップボード内のアイテム、一時ファイル、ファイル検索やプリンタの使用履歴、ペイント、ワードパッド、レジストリエディタ 等の使用履歴を削除できる
    Windows クリーナー
  • 痕跡抹消
    削除済みのファイルを完全に削除する
    痕跡抹消
  • 完全削除
    ファイルやフォルダを、復元できないように削除する
といった機能を使うことができます。

そのほか、現在起動中のアプリケーションを、直接アンインストールしたり停止したりすることができる “ ハンターモード ” などの機能も付いています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Revo Uninstaller TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 WriteYours

特定の文字列を入力した時に、該当の文字列が別の文字列に自動変換されるようにする

 MalBlocker

拡張子が偽装されたファイルを、リアルタイムに検出してロックできるようにするソフト

 PureText

クリップボード内のテキストから、装飾情報を削除できるようにするソフト

 Panel Tabs

タブを “ 独立したパネル ” として取り出せるようにする Google Chrome 拡張機能

 クラウド印刷 for Sync

特定のフォルダ内にファイルを保存した時に、印刷が自動で行われるようにするソフト

 WaveClipper

多彩な加工・編集機能を搭載しつつも、見た目がシンプルで使いやすい録音ソフト

 おすすめフリーソフト
 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

Revo Uninstaller を紹介しているページです。