MoveTo.VBS

MoveTo.VBS の概要や使い方を紹介しています

MoveTo.VBS を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

シンプルながらも応用の利くファイル移動プログラム「MoveTo.VBS」。

MovedTo.VBS
制作者 吉岡 照雄
対応 98/Me/2000/XP/Vista

Download

● MoveTo.VBS

ファイルやフォルダを、特定のフォルダや任意のフォルダに移動させることができるスクリプト。
ドラッグ&ドロップ操作や右クリックメニューの「送る」から、ファイルをあらかじめ指定しておいたフォルダへ、あるいは、任意のフォルダへ移動させることができます。

「MoveTo.VBS」は、ファイルやフォルダを他のフォルダへ移動させることができるスクリプトです。
ファイルやフォルダを、あらかじめ指定しておいたフォルダに移動させたり、「フォルダの参照」ダイアログを使って、移動先のフォルダをその都度指定して移動させたりすることができます。
「フォルダの参照」ダイアログを利用する場合は、ルートフォルダ※1 を指定することも可能です。
※1 第一階層とするフォルダ。

使い方は以下の通り。

  1. まず、「MoveTo.VBS」のショートカットを作成します。
  2. 基本的にはこれで準備完了。
    あとは、作成されたショートカットに、移動させたいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップすればOK。
    「デスクトップ」をルート(第一階層)とする「フォルダの参照」ダイアログが表示されるので、移動先のフォルダを選択 →「OK」ボタンを押せば、ファイルの移動が実行されます。
    しかし、これだと「フォルダへコピー」を使うのと大差ないので、以下の要領で “ 移動先 ” や “「フォルダの参照」のルートフォルダ ” を指定しておきます。
    (もちろん、必要ないと思えばそのままでよい)
  3. 作成したショートカットを右クリックし、「プロパティ」を開きます。
  4. 「リンク先」欄に、
    1. 「Wscript.exe」までのパス(C:¥Windows¥System32¥wscript.exe)
    2. 「MoveTo.VBS」までのパス
    3. 先頭にスラッシュ(/)を付けた、移動先フォルダのパス
    を、それぞれ半角スペースで区切って入力します※2
    ※2 例) C:¥Windows¥System32¥wscript.exe "C:¥~¥MoveTo.VBS" /D:¥hoge
    パスにスペースが含まれる場合は、ダブルクオーテーションマークでくくる。
    尚、OS が98 やMe の場合、設定が多少異なるのでヘルプを参照...

    このように移動先フォルダを指定した場合、「フォルダの参照」ダイアログを表示せずにファイルの移動が実行されますが、移動先フォルダの最後にスラッシュを付けると、そのフォルダをルートとした「フォルダの参照」ダイアログを表示させることができ、移動先のフォルダを任意に指定できるようになります※3
    ※3 例) C:¥Windows¥System32¥wscript.exe "C:¥~¥MoveTo.VBS" /D:¥hoge/
  5. あとは、移動させたいファイルやフォルダを、作成したショートカットにドラッグ&ドロップすればOK。
    ダイアログを表示するようにしている場合※4、「フォルダの参照」ダイアログが表示され、そうでない場合、即座にファイルの移動が実行されます。
    ※4 移動先フォルダのパスの最後に、スラッシュを付けている場合。
    作成したショートカットは、右クリックメニューの 「送る」に登録 したり、右クリックメニューのルートに登録 しておくと、さらに便利に使えると思います。
ちなみに、「MoveTo.VBS」には、仕様が微妙に異なる「MovesTo.VBS」と「MovedTo.VBS」が用意されています。
これらは、移動先に同名ファイルがあった場合に異なる動作をとるだけで、実質的な機能や使い方はどれも同じです。※5
※5 「MoveTo.VBS」は、移動先に同名ファイルがあった場合、連番化するかどうか尋ねる。
「MovesTo.VBS」は、移動先に同名ファイルがあった場合、上書きするか、連番化するか尋ねる。
「MovedTo.VBS」は、移動先に同名ファイルがあった場合、元からあったファイルをごみ箱に送るか、ファイル名の後に「- コピー」を付けるかどうか尋ねる。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 foobar2000 で、VST プラグインを利用できるようにする

音楽プレイヤー「foobar2000」上で、VST プラグインを利用できるようにする方法

 アクサンチェンジ

A O e などのアルファベットを、アクセント付きのアルファベットに即変換できるようにする

 AVG AntiVirus Free 2017

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 TranslucentTB

Windows 10 のタスクバーを、透明にしてくれるソフト

 Takeafile

登録不要、容量無制限、複数ファイルの送信 も可能な P2P 型のファイル転送サービス

 Quiet on the Set

システム音量に “ 上限値 ” を設定できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク
MoveTo.VBS を紹介しているページです