Fire File Copy

Fire File Copy の概要や使い方を紹介しています

Fire File Copy を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ファイルやフォルダを高速にコピー!「Fire File Copy」。

Fire File Copy
制作者 kitt
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download

● Fire File Copy

ファイルを高速にコピー / 移動 できるようにするソフト。
処理の際にメモリを大量に確保することで、高速なファイルコピーを行えるようにしてくれます。
右クリックメニュー / 右ドラッグメニュー から高速コピーを実行できるようにする機能や、コピー対象とするファイルを特定の条件で絞り込む機能、ベリファイ※1、自動リネーム... などの機能が付いています。
※1 きちんとコピーできたかを検査する機能。

「Fire File Copy」は、高速なファイルコピーを可能にするソフトです。
処理時の “ バッファ ” ※2 を、Windows 標準の値よりも大きく設定することで、通常よりも高速なファイルコピーを実現できるようにしてくれます。
※2 バッファ = データ転送の際に、一時的に確保するメモリ量のこと。
この値が大きいほど、大容量のデータを短時間で転送することができる。

大量のファイル、あるいはサイズの大きいファイルを扱う際に、非常に大きな効果を発揮してくれます。
(サイズの小さいファイルをコピーする場合は、かえって遅くなることがある)
エクスプローラの右クリックメニューから使えるようにする機能や、処理するファイルをフィルタする機能※3、指定した2 つのフォルダを同期させる機能、バッファ量を調整する機能や、断片化の抑制、ベリファイ 等の機能も付いています。
※3 指定したファイル名を含むもの、または、タイムスタンプやファイルサイズが指定した範囲内のもののみを、処理するようにフィルタすることができる。
設定したフィルタの内容は、記憶させておくことも可能。

基本的な使い方は以下の通り。

  1. 「FFC.exe」を実行します。

  2. 初期設定
  3. 初回起動時のみ、右ドラッグメニュー / 右クリックメニュー 内に、「Fire File Copy」の機能を組み込むかどうかを問うダイアログが表示されます。
    「Fire File Copy」を日常的に使いたい場合は、それぞれの機能を有効にしておくとよいでしょう。
    (設定は、後から変更することもできます)
    その後設定画面が表示されますが、これはそのまま閉じてOK です。

  4. コピー元のファイル / フォルダ を設定する
  5. コピーしたいファイルやフォルダを、右上の「From」欄にドラッグ&ドロップします(複数可)※4
    フォルダアイコン をクリック →「参照」から、コピーしたいファイルを選択してもOK)
    ※4 オプション設定画面で、コピー元としてよく使うフォルダを登録しておくと、それらのフォルダを フォルダアイコン から簡単に呼び出せるようになる。
    (設定画面の左メニュー「アプリケーション」をクリックし、右側の「登録フォルダ」欄で設定する)

    初回起動時に「Fire File Copy」を右クリックメニューに統合した場合は、ファイルやフォルダを右クリック →「Fire File Copy...」を選択してもよいでしょう。
    右ドラッグメニューに統合した場合は、コピー or 移動 させたいファイル / フォルダ を選択 → コピー / 移動 先のフォルダへそれらを右ドラッグし、「ここに Fire File Copy でコピー」 or 「ここに Fire File Copy で移動」のどちらかを選択すればOK※5
    ※5 右ドラッグメニューから使う場合、これにて操作完了。
    (即座に処理が実行される)

  6. 処理対象のファイル / フォルダ を絞り込む(必要な場合のみ)
  7. 複数のファイルやフォルダをコピーする場合は、コピー対象とするファイルを
    • ファイル名
    • 更新日時
    • 作成日時
    • ファイルサイズ
    等の条件で絞り込むこともできます。
    フィルタを指定する場合は、画面右上にある 処理ファイルリスト ボタンをクリックします。
  8. 「FileList -FireFileCopy」という画面が表示されます。
    ここで、フィルタするファイルの設定を行います。
    設定は、大体次のような手順で行います。
      ファイル名でフィルタする
    • 「名前」タブを開き、左上の「名前」にチェック → 右の「dir」「file」欄に、処理対象とするファイルの名前、もしくは、処理から除外するファイルの名前 の一部を、ワイルドカード で入力します。
      (「dir」 = ディレクトリ | 「file」 = ファイル)
      全ての項目を埋める必要はなく、必要な項目のみ入力すればOK です。

    • タイムスタンプでフィルタする
    • 「更新日時」「作成日時」タブを開き、左上の「更新日時」or「作成日時」にチェック → すぐ下の欄で、タイムスタンプの範囲設定を行います。
      範囲は、「日時」(指定した年月日 ~ 指定した年月日)、「今から」(現在から ○ 日以内 )といった形式で指定できるようになっています※6
      ※6 「今から」形式で指定する場合、次のような感じで設定を行う。
      例) 更新日時が、今から 7 日以内のものを探す ↓
      今から -7 日 ~ 日

    • ファイルサイズでフィルタする
    • 「ファイルサイズ」タブを開き、左上の「ファイルサイズ」にチェック → すぐ下の欄で、処理対象とするファイルのサイズ範囲を設定します。
  9. フィルタの設定が終わったら、画面右側にある「適用」ボタンをクリックし、フィルタの内容を(画面下部の)ファイルリストに反映させてみます。
  10. 今回設定したフィルタの内容を保存したい場合は、右端にある「保存 / 読み出し >>」ボタンをクリック → 「現在のフィルタを登録」を選択し、フィルタに適当な名前を付けておきます。
    こうしておくと、今回のフィルタ内容を「保存 / 読み出し >>」ボタンから呼び出せるようになります。
  11. 「FileList -FireFileCopy」画面を閉じ、メイン画面に戻ります。

  12. コピー先のフォルダを設定する
  13. 次に、下にある「To」欄の「処理先フォルダ」と書いてあるフォームに、コピー先のフォルダをドラッグ&ドロップで登録します※7
    ※7 オプション設定画面で、コピー先としてよく使うフォルダを登録しておくと、フォームにプルダウン矢印が表示されるようになり、それらのフォルダを簡単に呼び出せるようになる。
    フォルダアイコン をクリックし、コピー先のフォルダへ移動 → 左下の「MODE」欄で処理内容を選択し、右下の「処理開始」ボタンを押してもOK。
    (こうした場合、即座に処理が実行されます)

  14. 処理実行
  15. 画面左の「拡張処理」の下にあるプルダウンメニューをクリックし、これから実行する処理の内容を選択します。
    処理内容は、コピー / 移動 / 同期 の中から選べるようになっています。
  16. あとは、「Go!」ボタンをクリックすればOK。
    選択した処理が実行され、画面右下にコピー状況がメーターで表示されます。
    少し待ち、「完了しました」と表示されたら作業完了。
尚、ウインドウ左にある メモリクリーナ起動 の上部にある ← → をクリックすることで、バッファの確保率を調整することもできるようになっています。

その他、処理後にベリファイ / 特定のタスク を実行する機能や※8、コピー先に同名ファイルがあった場合の自動リネーム※9、ウインドウを半透明表示にする機能、メモリクリーナーの起動... などの機能も付いています。
※8 Windows をシャットダウンさせたり、任意のプログラムを実行したりすることができる。
ベリファイを行う場合、別途 「FastHash.dll」 が必要。

※9 リネームの書式は、自分でカスタマイズすることができる。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Fire File Copy TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい波形編集ソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Media URL Timestamper

YouTube 等の動画サイト上にて、" 指定した場面から再生可能なURL " を一発取得できるようにする(Firefox

 PDF Anti-Copy

指定した PDF ファイルを、コピー&変換 できない仕様にコンバートしてくれるソフト

 Taskplay

各種メディアプレイヤーの動作を、タスクトレイ上から制御できるようにするソフト

 Windows 10 の ISO イメージを、MS のサイトから直接ダウンロードする方法

ブラウザの「開発者ツール」や拡張機能を使うことで、ISO イメージファイルを直接ダウンロード

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Reset Data Usage

Windows 10 の “ データ使用状況 ” で計測中の通信量を、手動でリセットできるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

Fire File Copy を紹介しているページです