FastCopy

FastCopy の概要や使い方を紹介しています

FastCopy を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

サイズの大きいファイルでも、高速にコピーできる!「FastCopy」。

FastCopy
制作者 白水啓章
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (通常版)
Download (ポータブル)

● FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動 できるようにするソフト。
エクスプローラの右クリックメニュー等々から、高速なファイルコピーを行えるようにしてくれます。
指定したフォルダ間のファイルを同期させる機能や、指定したフォルダ内のファイルを高速消去する機能、フォルダ間の差分ファイルのみをコピー / 移動 させる機能、処理するファイルを 名前 / 更新日時 / サイズ 等の条件でフィルタする機能、よく使う設定内容を “ ジョブ ” として保存する機能 などが付いています。

「FastCopy」は、ファイルやフォルダを高速にコピーできるようにするソフトです。
作業の際に大量のバッファ※1 を確保することで、コピー処理を通常よりも高速に行えるようにするという超速コピーツールです。
※1 データ転送の際に、確保するメモリ量のこと。
Windows 標準のコピーはバッファをあまり使わないので、サイズの大きなファイルや大量のファイルをコピー / 移動 しようとすると、無駄に時間がかかる。

コピー方法は、

  • 全上書きコピー (通常のコピー)
  • 差分ファイルのみコピー※2
  • 同期 (ミラーリング)
  • 移動
の中から選ぶことができ、またコピーではなく「全削除」という処理を行うこともできるようになっています。
(指定したフォルダ内のファイル&フォルダを、全て強制的に削除する)
※2 差分コピーとは、 “ 入力元にあって、出力先にないもの ” だけをコピーする処理のこと。
「FastCopy」には、3 種類の差分コピーが用意されている。
一つは、同名ファイルのコピーを行わないもの。
もう一つは、同名ファイルであっても、サイズ / 日付 が異なればコピーを行う というもの。
もう一つは、日付が新しければコピーを行う というもの。

ちなみに、処理の際に OS のキャッシュ を全く使わない仕様になっているため、他のプロセスの邪魔をせずにコピーを行うことができる... という恩恵にも預かれたりします。
(コピー中 / コピー後 に、他のプロセスが重くなりにくい)
サイズの大きいファイルや、大量のファイルをコピーしたい時などに便利。

基本的な使い方は以下の通りです。

    入力元 / 出力先 の指定
  1. 「FastCopy.exe」を実行します。
  2. 左上の「Source」ボタンをクリックし、コピー / 移動 させたいファイルやフォルダを選択します※3
    (処理するファイルは、複数選択することもできる)
    ※3 「フォルダの参照」ダイアログが立ち上がるが、このダイアログの右上にある「ファイル選択」ボタンをクリックすると、「ファイルを開く」ダイアログが立ち上がる。
    この「Source」欄に、コピー元のファイルやフォルダを直接ドラッグ&ドロップしてもOK です。
  3. 次に、下の「DestDir」ボタンをクリックし、コピー先のフォルダを指定します。
    やはり、ここにコピー先のフォルダをドラッグ&ドロップしてもOK です。

  4. 処理内容の設定
  5. 画面右側にある「差分(サイズ・日付)」というプルダウンメニューをクリックし、これから実行する処理の内容を選択します。
    処理内容は、
    • 差分(上書きなし)
      差分のみをコピーする(同名ファイルはコピーしない)
    • 差分(サイズ・日付)
      差分のみをコピーする(同名ファイルがあった場合、サイズ / 日付 が違う場合のみ上書き)
    • 差分(最新日付)
      差分のみをコピーする(同名ファイルがあった場合、日付が新しい場合のみ上書き)
    • コピー(全上書き)
      全てを上書きしてコピーする
    • 同期(サイズ・日付)
      同期する(同名ファイルがあった場合、サイズ / 日付 が違う場合のみ上書き)
    • 移動(全上書き)※4
      移動する(同名ファイルがあった場合、全て上書きする)
    • 全削除
    の中から選べるようになっています。
    ※4 メニューバー上の「設定」から「一般設定」を開き、左メニューの「コピー・移動設定」から、この項目を「移動(サイズ・日付)」に変更することも可能。
    (同名ファイルがあった場合は、サイズ / 日付 が違う場合のみ上書きさせる... という処理)

  6. フィルタの設定 - 必要な場合のみ
  7. 処理対象とするファイルを、名前 / 日付 / サイズ 等の条件でフィルタすることもできます。
    フィルタを適用する場合は、右下の「フィルタ」にチェックを入れます。
  8. 処理対象のファイルを名前で指定する場合、「Include name」欄に対象ファイルの名前を ワイルドカード で入力しておきます。
    逆に、除外するファイルを指定する場合は、「Exclude name」欄に、除外ファイルの名前を(ワイルドカードで)入力しておきます。
  9. 処理対象のファイルを日付 / サイズ で指定する場合は、メニューバー上の「設定」から「拡張フィルタ表示」にチェックを入れます。
  10. すると、画面下部に 拡張フィルタ が表示されます※5
    ※5 この拡張フィルタは、常に表示させておくように設定することもできる。
    (「設定」→「一般設定」)

    対象ファイルを日付で指定する場合は、「FromDate」欄に対象ファイルの最も古い日付※6 を、「ToDate」欄に対象ファイルの最も新しい日付を入力しておきます。
    ※6 日付は、 YYYYMMDD 形式で指定する(西暦月日)。
    もしくは、-10D や -4W のような相対日付でもよい(D = 日 | W = 週 )。

    対象ファイルをサイズで指定する場合は、「MinSize」欄に対象ファイルの最小サイズ※7 を、「MaxSize」欄に対象ファイルの最大サイズを入力しておきます。
    ※7 ファイルサイズの単位は、K / M / G / T で指定する。
  11. 画面中段の「リストアップ」ボタンをクリックすると、処理対象のファイルをリストアップできるようになっています。

  12. 処理実行
  13. ここまでの設定内容は、 “ ジョブ ” として保存しておけるようになっています。
    設定を保存する場合は、メニューバー上の「ジョブ管理」をクリック →「ジョブ追加 / 更新 / 削除」を選択し、適当なジョブ名を付けて「追加・更新」ボタンをクリックします。
    保存したジョブは、メニューバー上の「ジョブ管理」から一発で呼び出せるようになります。
  14. 最後に、右下の「実行」ボタンをクリックすればOK※8
    ※8 「Ctrl」キーを押しながらクリックすると、コピー元のファイル / フォルダ とコピー先のフォルダが表示されたウインドウを、ポップアップで表示させることができる。

尚、メニューバー上の「設定」→「シェル拡張設定」から、ファイルやフォルダの右クリックメニュー / 右ドラッグメニュー に、「FastCopy」の機能を追加できるようになっています。
追加できる機能には、

    右クリックメニュー
  • コピー(FastCopy)
    選択中のファイル / フォルダ を「Source」欄に登録した状態で、「FastCopy」を起動させる
  • 貼り付け(FastCopy)
    クリップボード内のファイル / フォルダ を、「FastCopy」で貼り付け
  • 削除(FastCopy)
    選択中のファイル / フォルダ を、「FastCopy」で高速消去する
    右ドラッグメニュー
  • コピー(FastCopy)
    選択中のファイル / フォルダを、右ドラッグ先のフォルダ内に「FastCopy」でコピーする
  • 移動(FastCopy)
    選択中のファイル / フォルダを、右ドラッグ先のフォルダ内に「FastCopy」で移動させる
といったものがあり、これらは必要であればサブメニュー化することもできたりします。

そのほか、ファイルのACL / 副次ストリーム をコピーして処理する機能や、書き込みデータをベリファイする機能 等も付いています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
FastCopy TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化ドライブ作成ソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 VirtualMIDISynth

MIDI ツール上で、サウンドフォントを音源として使えるようにする

 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

 NTFS Permissions Tools

ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” 設定カスタマイズツール

スポンサードリンク

FastCopy を紹介しているページです