SafeCopy Free!

SafeCopy Free! の概要や使い方を紹介しています

SafeCopy Free! を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

タイムスタンプや属性を維持したまま、ファイルコピーを行う!「SafeCopy Free!」。

SafeCopy Free!
制作者 Elwinsoft
対応 -

Download ( Zipped File )

● SafeCopy Free!

タイムスタンプや属性を維持したまま、ファイルのコピーを行ってくれるソフト。
指定したフォルダ内に入っているファイルやフォルダの “ タイムスタンプ ” “ 属性 ” を維持したまま、別フォルダへのコピー操作を行ってくれます。
タイムスタンプを特定日時に変更してコピーを行う機能や、ファイル属性を変更してコピーを行う機能 等も付いています。

「SafeCopy Free!」は、タイムスタンプや属性を維持したままファイルコピーを行ってくれるソフトです。
Windows 標準のコピー操作では、処理の際にファイルの

  • 作成日時
  • アクセス日時
  • 一部の属性
が変わってしまうため、完全に元の状態のままコピーを行いたい場合、ファイルコピー後に修正操作を行う必要が出てきます。
(コピーを行った後に、タイムスタンプや属性を修正する必要がある)
コピーを行った後にいちいちタイムスタンプを編集するのは面倒ですが、「SafeCopy Free!」を使えばその手間も省けます。
タイムスタンプや属性を変えることなくファイルコピーを行ってくれるので、オリジナルファイルの情報がコピー先でも失われずに済む... という訳です。
ちなみに、必ずしもタイムスタンプが維持される訳ではなく、実際には
  • 作成日時
  • 更新日時
  • アクセス日時
ごとに維持するかどうかを指定することができ、必要であれば新しいタイムスタンプを設定することも可能となっています※1
※1 たとえば、「作成日時」と「アクセス日時」は保持し、「更新日時」のみ手動で設定したりすることができる。
属性に関しても、維持するかどうかは
  • 読み取り属性
  • 隠しファイル属性
  • アーカイブ属性
  • システム属性
ごとに設定することができ、必要であれば新しい属性を設定することも可能となっています。
(属性をすべてクリアすることもできる)

使い方は以下の通り。

  1. 「SafeCopyFree.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    SafeCopy Free!
    まず、画面上部の「Source」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、コピーしたいファイル(やフォルダ)が入っているフォルダを選択します※2
    ※2 サブフォルダ以下のファイル&フォルダ もコピー対象とする場合は、「Process subfolders」にもチェックを入れておく。
  3. 「Copy to」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、コピー先のフォルダを選択します。
  4. 画面中央の「Date-Time」欄で、タイムスタンプに関する設定を行います。
    Date-Time
    ここでは、コピー対象となっているファイルやフォルダの
    • Date Created - 作成日時
    • Date Modified - 更新日時
    • Date Accessed - アクセス日時
    を、
    • Do not modify - 触らない(Windows 標準の挙動を取る)
    • Keep - 維持する(元の情報をコピーする)
    • Set New - 指定した日時に変更
    するように設定することができます。
    「Set New」を選択した場合のみ、変更先の日時を設定しておきます。
  5. 画面下部の「Attributes」欄で、コピー対象となっているファイルやフォルダの属性設定を行います。
    Attributes
    ここでは、
    • Read Only - 読み取り属性
    • Hidden - 隠しファイル属性
    • Archived - アーカイブ属性
    • System - システム属性
    を、
    • Do not modify - 触らない(Windows 標準の挙動を取る)
    • Keep - 維持する(元の情報をコピーする)
    • Set - 有効化
    • Reset - リセット(クリア)
    するように設定することができます。
  6. 設定が完了したら、画面左下にある「Copy」ボタンをクリックします。
  7. ファイルのコピー処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  8. 少し待ち、ステータスバー上に「Done」と表示されたらコピー完了です。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
SafeCopy Free! TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 お気に入りフリーソフト 2015

2015 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 アマレココ

デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Screen To Gif

デスクトップ上の動作風景を、GIF アニメ / MP4 / AVI / WMV / WebM として録画

 Air Explorer

様々なクラウドストレージ内のファイルを、一元的に管理できる 2 画面ファイラー

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 LinuxLive USB Creator

Linux 系OS のライブUSB を作成

スポンサードリンク

SafeCopy Free! を紹介しているページです