ShadowCopyView

ShadowCopyView の概要や使い方を紹介しています

ShadowCopyView を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

“ ボリューム シャドウ コピー サービス ” によって作られたスナップショットの中から、ファイルやフォルダを取り出す!「ShadowCopyView」。

ShadowCopyView
制作者 Nir Sofer
対応 Vista/7/8/10

Download

● ShadowCopyView

“ シャドウコピー ” によって作られたバックアップファイルを、一覧表示&復元することができるソフト。
Windows 標準の “ ボリューム シャドウ コピー サービス ” によって作られたスナップショット(バックアップファイル)を一覧表示し、その中から任意のものを別の場所に取り出せるようにしてくれます。
スナップショットの中身をエクスプローラで開く機能や、スナップショットの詳細情報をテキストファイルに書き出す機能、スナップショット内のファイルやフォルダを検索する機能... なども付いています。

「ShadowCopyView」は、シンプルなシャドウコピーブラウザ(スナップショットブラウザ)です。
Windows 標準の “ ボリューム シャドウ コピー サービス(VSS) ” によって作られたスナップショットをリスト形式で一覧表示し、それらスナップショットの中から任意のものを特定の場所に復元できるようにするシャドウコピー専用のファイルブラウザです。
インターフェースはシンプルな 2 ペイン構成になっていて、上部のペインがスナップショット一覧、下部のペインが選択したスナップショット内のファイル&フォルダ... というつくりになっています。
処理の際には、複数のファイルやフォルダをまとめて取り出す(コピーする)ことができ、また名前に特定の文字列を含むアイテムを検索することもできたりします。
(ただし、この検索機能はあまり強力ではない)
あるファイルやフォルダの古いバージョンを入手したい時や、うっかり削除・上書き してしまったファイルを復元したい時 などに役立つと思います。

使い方は以下の通り。

  1. 「ShadowCopyView.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    ShadowCopyView
    と同時に、シャドウコピーによって作られたスナップショット(バックアップデータ)が、上部のペインにリスト形式で一覧表示されます※1
    ※1 何も表示されない時は、ツールバー上の Refresh ボタンをクリックする。
    スナップショットは、
    • Snapshot Name - 名前
    • Explorer Path - パス
    • Volume Path - ボリュームのパス
    • Creation Time - 作成日時
    などの情報ごとにカラム分けして表示され、各カラムごとにソートできるようになっています。
    また、スナップショットを右クリックすることにより、
    • Open In Windows Explorer
      エクスプローラで開く
    • Save Selected Items
      選択したスナップショットの情報を、TXT / CSV / HTML / XML に書き出す
    • Copy Selected Items
      選択したスナップショットの情報を、クリップボードにコピーする
    • Choose Columns
      カラムに表示する情報を選択する
    • Auto Size Columns
      カラム幅を自動で調整する
    • Properties
      プロパティを表示する
    • Refresh
      最新の情報に更新
    といったコマンドを実行することもできたりします。
    スナップショットの右クリックメニュー
  3. 任意のスナップショットを選択すると、画面下部のペインにスナップショットの中身が一覧表示されます。
    ここで任意のファイルやフォルダを右クリックすることにより、
    • Directory Level Up - 一つ上の階層に戻る
    • Go To Root Directory - ルートフォルダに戻る
    • Copy Selected Files To - 選択中のファイルやフォルダを、別の場所にコピー
    • Properties - プロパティを表示
    といったコマンドを実行することができます。
    ファイルやフォルダの右クリックメニュー
    「Copy Selected Files To」を選択した場合、「Copy Files」という画面が表示されるので、右端の ... ボタンをクリック → アイテムのコピー先フォルダを選択してから「Do it!」ボタンをクリックしてください。
    Copy Files
  4. その他、ホットキー “ 「Ctrl」+「F」 ” を押したり、ツールバー上の Find ボタンをクリックしたりすることで、スナップショット内のファイルやフォルダを検索することもできたりします。
    (特定の文字列を含むファイル / フォルダ に、ジャンプすることができる)
    ファイルやフォルダを検索

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のファイル復元ソフト
 Recuva

シンプルで使いやすいファイル復元ソフト

ShadowCopyView TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Internet Friendly Media Encoder

各種動画ファイルを、H.264 / H.265 / VP9 圧縮の MP4 / MKV / WebM に変換してくれるソフト

 Change Timestamp

シンプルで手軽に使えるタイムスタンプ変更ツール

 Task Manager

現在開いているタブやアドオンの負荷率(CPU 使用率、メモリ使用量)を、個別に確認できるようにする Firefox アドオン

 Compressor.io

JPEG / PNG / GIF / SVG ファイルを、画質劣化なしに圧縮することができるウェブサービス

 ShowKeyPlus

“ Windows 10 にアップグレードする前 ” のプロダクトキーも確認できるプロダクトキー解析ツール

 Reduce Memory

非常駐型のシンプルなメモリ解放ツール

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

スポンサードリンク

ShadowCopyView を紹介しているページです