Auto Private

Auto Private の概要や使い方を紹介しています

Auto Private を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

秘密のウェブサイトを、いつもプライベートタブで開けるようにする!「Auto Private」。

Auto Private
制作者 pintassilgo
対応 -

Download

● Auto Private

あらかじめ登録しておいたウェブサイトを、いつも “ プライベートタブ ” で開けるようにする Firefox アドオン。
特定のドメイン / 文字列 を含む URL へアクセスした時に、該当のページがプライベートブラウジング機能付きのタブで開かれるようにしてくれます。
URL は、ワイルドカードで指定することもできたりします。

「Auto Private」は、指定したURL を常にプライベートタブ※1 で開けるようにするFirefox アドオンです。
※1 プライベートブラウジング 機能を持ったタブ。
タブ名の下に、赤い下線が表示される

事前に登録しておいたURL へアクセスした時に、該当のURL が自動で “ プライベートタブ ” で表示されるようにしてくれる... というブラックリスト型のプライベートブラウジング支援ツールです。
“ プライベートタブ ” は現在開いているウインドウ内に表示されるため、いちいちプライベートウインドウを開かなくてもプライベートブラウジングを行えるようになります。
URL は ドメイン 単位で指定することができ、また ワイルドカード を使って登録することも可能となっています。
いつも必ずプライベートウインドウで開きたいサイトがある ” という人におすすめです。
ちなみに、プライベートタブから開かれたリンクも、プライベートタブとして開かれるようになっています。

使い方は以下の通り。
  似たような機能を持ったGoogle Chrome 拡張機能「Incognito-Filter

  1. Auto Private」をインストールします。
    (再起動は不要)
  2. アドレスバー上に
      about:config
    と入力して「Enter」キーを押します。
  3. 「動作保証対象外になります!」という画面 が表示されるので、「細心の注意を払って使用する」ボタンをクリック。
  4. 「about:config」画面 が表示されます。
    この画面の上部にある「検索」欄に、
      extensions.autoprivate.domains
    と入力します。
  5. 「extensions.autoprivate.domains」という項目がフィルタして表示されます
    これをダブルクリック。
  6. 「文字列を入力してください」というダイアログ が表示されます。
    ここに、“ 常にプライベートタブで開きたいサイトのドメイン ” を入力します※2
    ※2 ドメインを複数指定する時は、それぞれのドメインをセミコロンで区切る
    セミコロン = ;

    ドメインは、下記のような形式で指定できるようになっています。
      www.google.com
      • www.google.com 以下のすべてのURL が、プライベートタブで表示されます。
        ( translate.google.com drive.google.com などは、普通のタブで表示される)
      .google.com
      • www.google.com translate.google.com drive.google.com など、google.com のサブドメイン以下のページがプライベートタブで表示されます。
      www.google.tld
      • www.google.com www.google.co.jp www.google.co.uk など、www.google の トップレベルドメイン すべてがプライベートタブで表示されます。
  7. URL の登録が終わったら、「about:config」画面は閉じます。
    尚、URL をワイルドカードやパターンで指定したい場合は、「about:config」画面の検索フォームに
      extensions.autoprivate.parts
    と入力し、表示された「extensions.autoprivate.parts」をダブルクリックします。
  8. 「文字列を入力してください」というダイアログ が表示されます。
    ここに、プライベートタブで開きたいURL を、ワイルドカードやパターンで入力します。
    (URL を複数指定する時は、それぞれのURL をセミコロンで区切ります)
    実際には、次のような感じで入力することになります。
      *yahoo*
      • URL の中に yahoo を含むページが、プライベートタブで表示されます。
      https://twitter.com/(funassyi|meigenbot|ghibli_bot_)
      • https://twitter.com/funassyi https://twitter.com/meigenbot
        https://twitter.com/ghibli_bot_ がプライベートタブで表示されます。
  9. これで設定完了です。
    以後、登録しておいたURL が、自動的にプライベートタブで表示されるようになります。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Auto Private TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 Windows Update MiniTool

Windows Update を手動で行えるようにするソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 Artweaver

アートな質感のブラシを多数揃えたペイント・お絵かきソフト

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

スポンサードリンク

Auto Private を紹介しているページです