1by1

1by1 の概要や使い方を紹介しています。

1by1 を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

エクスプローラ風なインターフェースの軽量音楽プレイヤー「1by1」。

1by1
制作者 Martin Pesch
日本語パッチ制作者 tilt
対応 -

Download

1by1

エクスプローラ風なインターフェースの軽量 MP3 プレイヤー。
軽量かつシンプルなオーディオプレイヤーで、各種音声ファイルの再生を気軽に楽しむことができます。
アルバムアート表示 / ギャップレス再生 / CUE シートの読み込み / オーディオエンハンサー / オーディオイコライザー / お気に入り... 等々の機能が付いています。
BASS ライブラリ を導入することにより、M4A / WMA / FLAC 等々のファイルも再生可能になります。

「1by1」は、フォルダツリーを配したエクスプローラ風なインターフェースの MP3 プレイヤーです。
非常に軽量でサクサク動作してくれるシンプルな音楽プレイヤーで、多機能ではないものの手軽に音声ファイルの再生を楽しめるようにしてくれます。
標準で対応しているのは MP3 のみですが、別途 BASS ライブラリ を導入することにより、WAVE / M4A / WMA / FLAC / APE / WV / OGG なども再生できるようになります。
(また、標準で CUE シートの読み込みにも対応しています)

主な機能には、下記のようなものがあります。

  • ギャップレス再生
  • リピート再生
  • プレイリストやフォルダ内にあるトラックのシャッフル
  • よく使うフォルダ / CUE シート へのショートカットを作成できる「お気に入り」
    お気に入り
  • 配色(背景色 / テキスト色 など)のカスタマイズ
  • オーディオエンハンサー
    オーディオエンハンサー
  • オーディオイコライザー
  • 5 バンドエンハンサー
    5 バンドエンハンサー
  • ファイルの検索
  • ファイルのコピー / 移動
  • WAVE ファイルへの変換

ちなみに、ツールバー上の をクリックするとフォルダツリーを非表示にすることができるほか、 をクリックすることにより、タイトルバー / ツールバー / シークバー のみを表示する「コンパクトビュー」に切り替えることができたりします。

フォルダツリーを非表示にした例
フォルダツリーを非表示にした例
コンパクトビュー
コンパクトビュー

尚、「1by1」全体の設定は、ツールバー上の ボタンから行うことができます。

BASS ライブラリの導入方法
  1. まず、BASS audio library をダウンロードします。
    BASS audio library をダウンロード
  2. 解凍 して出てきた「bass.dll」を、「1by1.exe」と同じフォルダ内にコピーします。
  3. 続いて、必要なアドオン をダウンロードします。
    必要なアドオンをダウンロード
    たとえば、WMA を再生可能にしたい時は「BASSWMA」を、FLAC を再生可能にしたい時は「BASSFLAC」を、M4A を再生可能にしたい時は「BASS_AAC」をダウンロードします。
    WAVE ファイルは「bass.dll」を導入することで再生可能になるので、アドオンのインストールは不要です。
  4. 解凍して出てきた「bass_wma.dll」「bass_flac.dll」などを、「1by1.exe」と同じフォルダ内にコピーします。
  5. これで、次回「1by1」起動時から、各種フォーマットのファイルを再生できるようになっています。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽プレイヤー
 AIMP

多機能でありながらも使いやすいオーディオプレイヤー

 foobar2000

カスタマイズ性の高い高機能オーディオプレイヤー

 聞々ハヤえもん

各種音声ファイルの再生速度 / 再生周波数 / 音程 を変更する機能を備えたミュージックプレーヤー

 1by1 日本語化パッチ
TiltStr::不定期版
このページのTOPへ

1by1 を紹介しているページです