Evil Player

Evil Player の概要や使い方を紹介しています。

Evil Player を紹介しているページです。

余計な機能はいらない!「Evil Player」。

Evil Player
投票してね!
制作者 Hakeem
対応 98/Me/NT/2000/XP
バージョン 1.31
更新日時 2016-10-16
ファイルサイズ 571 KB
ミラー

Evil Player

極めてシンプルで軽量なオーディオプレイヤー。
WAV / MP3 / OGG / MP1 / MP2 / MOD / XM / IT / S3M / MTM / UMX / MO3 等々の音声ファイルに対応した音楽プレイヤーで、必要最小限のインターフェースでとにかく軽快に動作してくれます。
リピート再生 / シャッフル再生、常に最前面に表示する機能、半透明表示にする機能、タスクトレイ上で再生コントロールを行う機能、音声の出力デバイスを変更する機能... などが付いています。

「Evil Player」は、とにかくシンプルなオーディオプレイヤーです。

Evil Player
タイトルバー、プレイリスト、シークバー、音量メーター のみのシンプルなインターフェースが特徴的な音楽プレイヤーで※1、その見た目通り極めて軽快に動作してくれます。
1 タイトルバーのみの表示にする “ スリムモード ” という機能もある。
(「F8」キーを押すことで、スリムモードの ON / OFF を切り替えることができる)
スリムモード

操作はホットキーや右クリックメニューから行えるようになっていて、タスクトレイに格納して使うことも可能となっています。
右クリックメニュー
タスクトレイに格納して使うこともできる

再生関連の機能としては、再生 / 停止 / 曲送り / シークバーを使った場面移動... などの基本機能の他、SHOUTcast / ICEcast / ICEcast2 の再生、シャッフル再生 / リピート再生 といったものがあります。

再生モードの変更

また、デフォルトの段階でも主要なフォーマットの音楽ファイルに対応していますが、プラグインをインストールすることにより、CD や WMA / AAC / ALAC / FLAC / AC3 / APE / WV / OFR / SPX / MPC などのファイルも再生できるようになります。
プラグインのインストール手順は次のとおりです。

  1. 「Evil Player」が起動中である場合は、一旦終了させておきます。
  2. 公式サイト にアクセスし、「Audio plugins」をダウンロードします。
    「Audio plugins」をダウンロードする
  3. 解凍 して出てきた DLL を、インストールフォルダ内にある「Plug-ins」フォルダ内にコピーします。
    解凍して出てきた DLL を、インストールフォルダ内にある「Plug-ins」フォルダ内にコピーする
  4. 「Evil Player」を起動し、メイン画面上で右クリック → 「設定」 → 「プラグイン」から、有効化したいフォーマットにチェックを入れます。
    メイン画面上で右クリック → 「設定」 → 「プラグイン」から、有効化したいフォーマットにチェックを入れる

そのほか、メイン画面を半透明化表示にする機能や、常に最前面に表示させる機能 なども付いていたりします。

透明度の変更
設定

尚、海外のソフトですが、日本語で使うことができます。
日本語表示にするには、メイン画面上で右クリック →「Options」→「Language」から「Japanese」を選択すれば OK です。

メイン画面上で右クリック →「Options」→「Language」から「Japanese」を選択する

このソフトを起動できない場合は、Windows Media Player を インストールしてみて下さい。
このページのTOPへ

Evil Player を紹介しているページです