AudioEditor

AudioEditor の概要や使い方を紹介しています

AudioEditor を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

MP3 を無劣化でカット / 分割 / 結合!「AudioEditor」

AudioEditor
制作者 ted
対応 98/Me/NT/2000/XP

Download (ミラー)

● AudioEditor

MP3 ファイルを、無劣化でカット / 分割 / 結合 することができるソフト。
MP3 内の特定場面を切り捨てたり、ファイルを指定した再生時間で分割したり、複数のMP3 ファイルを一つに連結したりすることができます。
処理の際には再圧縮が行われないため、無劣化&高速 な編集が可能となっています。

「AudioEditor」は、MP3 を無劣化で編集することができるソフトです。
指定したMP3 ファイルをトリミング(特定場面の切り捨て) / 分割 したり、複数のMP3 ファイルを一つに結合(連結)したりすることができるソフトで、処理を高速に、かつ劣化なしで行えるところが最大の特徴。
切り捨てる場面、および分割地点は複数指定することができ、いずれの場合も内蔵プレイヤーで試聴を行いながら処理できるようになっています。

使い方は以下の通りです。
編集するファイルがVBR でエンコードされている場合、「VBRヘッダ"Xing"が発見されました。」という警告アラートが表示されたり、「編集点リスト」欄内に「?rate」などと表示されますが、そのまま処理を続行してOK です。

    出力先フォルダの設定
    ここで指定したフォルダは、「カット」「結合」時にしか有効にならない?模様。
    「分割」を行った場合、ファイルは元のファイルと同じフォルダ内に出力される。
  1. 「AEditor.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    AudioEditor
    まず、画面中央にある「オプション」ボタンをクリックします。
  3. 設定画面が表示されます。
    設定画面
    左メニューの一番上にある「共通」を選択。
  4. 右側の「保存ディレクトリ」欄で、編集されたファイルの出力先フォルダを設定します。
    元のファイルと同じフォルダ内に出力したい場合は、「同ディレクトリに保存」にチェックを入れます。
    任意のフォルダ内に出力したい場合は、「同ディレクトリに保存」のチェックを外し、「参照」ボタンをクリック → 目的とするフォルダを指定します。
  5. 出力先のフォルダを指定したら、画面下部の「OK」ボタンをクリックします。
    カット - 不要な場面の削除
  1. 画面左の「編集方法」欄で、「カット」を選択します。
    AudioEditor
  2. 編集したいファイルを、ウインドウにドラッグ&ドロップ。
  3. 自動的に再生が開始されるので、画面下部の 停止 ボタンを押します。
  4. 画面下部にあるシークバー / 再生コントロール などを使い、切り捨てたい場面の先頭位置を探します。
  5. 先頭位置を決めたら、そこで経過時間ボタン( )をクリックします。
    (上の例で言うと、「0 : 02 : 47」の方)
  6. すると、右上の「編集点リスト」欄上に、切り捨て開始地点の再生時間が入力されます。
  7. 同じようにして、切り捨てる場面の末尾を探し出し、経過時間ボタンをクリックします。
  8. 「編集点リスト」欄上に、切り捨て終了地点の再生時間が入力されます。
    これで、切り捨てる場面の範囲指定が完了しました。
    他にも切り捨てたい場面がある場合は、同じようにして切り捨て開始地点&終了地点 を指定してやります。
  9. 切り捨てる場面の指定が終わったら、右下の「編集開始」ボタンをクリックします。
  10. 指定した場面の切り捨て処理が実行されます。
  11. 処理が完了すると、編集されたファイルが自動で再生されます。
    そのまま試聴してもOK ですし、 停止 ボタンをクリックして停止させてもOK です。
    分割 - 指定した場面でカットする
  1. 画面左の「編集方法」欄で、「分割」を選択します。
  2. 編集したいファイルを、ウインドウにドラッグ&ドロップ※1
    ※1 「編集点リスト」欄上に何やら表示された場合、とりあえず一行改行しておく。
  3. ファイルが自動的に再生されるので、画面下部の 停止 ボタンを押します。
  4. 「編集点リスト」上に、出力するファイルの名前を直接入力します。
    (拡張子「.mp3」はなくてもOK)
  5. 画面下部にあるシークバー、再生コントロール などを使い、分割地点を探します。
    (分割地点 = 出力するファイルの末尾になる地点)
  6. 分割地点を決めたら、そこで経過時間ボタン( )をクリックします。
    (上の例で言うと、「0 : 02 : 47」の方)
  7. すると、右上の「編集点リスト」欄に、分割地点の再生時間が入力されます。
    分割地点を複数指定したい場合は、「編集点リスト」欄上で改行を行い、別のファイル名を入力 → 再度分割地点を指定し、経過時間ボタンをクリックします※2
    ※2 分割地点を複数指定した場合、前回の分割地点 ~ 次に指定した分割地点 でファイルが生成される。
  8. 最後に、右下の「編集開始」ボタンをクリックすればOK。
    ファイルの分割処理が行われます。
    結合 - 複数のファイルを一つに連結する
  1. 画面左の「編集方法」欄で、「結合」を選択します。
  2. 結合したいファイルを、ウインドウにドラッグ&ドロップ。
    (結合するファイルは、全て同じフォルダ内に存在している必要があります)
    ファイルは、結合したい順に一つ一つドロップしていくとよいでしょう。
  3. あとは、画面右下にある「編集開始」ボタンをクリックすればOK。

尚、結合されたファイルは、プレイヤー上で再生時間が正しく表示されないことがあるようです。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽編集ソフト
 SoundEngine

高機能でありながらも使いやすい音楽ファイル編集ソフト

 Audacity

マルチトラック編集にも対応した、高機能オーディオエディタ

 AudioEditor 解説サイト
Aki Love Opensource(結合)
AudioEditor TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 SoundEngine

高機能かつ使いやすい音楽編集ソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Desktop Movie

デスクトップの背景で、動画の再生を行えるようにするソフト

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

AudioEditor を紹介しているページです