ISO Workshop

ISO Workshop の概要や使い方を紹介しています

ISO Workshop を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

イメージファイルを、展開 / 変換 / ライティング / 作成!「ISO Workshop」。

ISO Workshop
制作者 Glorylogic
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download (ISO Workshop )

● ISO Workshop

各種 イメージファイル を、展開 / 変換 / 作成 / ライティング することができるソフト。
ISO / BIN / NRG / CDI / MDF / IMG / GI / PDI / DMG / B5I / B6I といったイメージファイルを、ISO / BIN 形式のイメージファイルに変換したり、イメージ内から任意のファイルを抽出したりすることができます。
ISO / BIN / IMG / NRG / DMG イメージを空のディスクにライティングする機能や、CD / DVD / BD の内容を、ISO / BIN イメージ として丸ごとコピーする機能、ディスクイメージ作成機能 等も付いています。

「ISO Workshop」は、シンプルなディスクイメージ管理ソフトです。
各種イメージファイルを、展開 / 変換 / 作成 したり、空のディスクに焼き込んだりすることができる... という総合的なディスクイメージマネージャーです。
機能は大きく分けて 6 つあり、

  • ISO / BIN / NRG / CDI / MDF / IMG / GI / PDI / DMG / B5I / B6I イメージを展開※1
  • ISO / BIN / NRG / CDI / MDF / IMG / GI / PDI / DMG / B5I / B6I を、ISO or BIN + Cue に変換
  • リムーバブルディスクの内容を、ISO or BIN + Cue 形式のイメージファイルとしてコピー
  • リムーバブルディスクの内容を、別のリムーバブルディスクにオンザフライコピー
  • ISO / BIN / IMG / NRG / DMG イメージを、空のディスクにライティング
  • 任意のファイル / フォルダ を元に、ISO イメージファイルを作成※2
といった操作を行えるようになっています。
※1 各種ディスクイメージ内から、ファイル / フォルダ を抽出する機能。
※2 作成するイメージのファイルシステムは、UDF / ISO 9660 / ISO 9660+Joliet / UDF+ISO 9660 / UDF+ISO 9660+Joliet のいずれかにすることができる。
ISO のレベルは Level 1 / Level 2 / Level 3 の中から、UDF のリビジョンは 1.02 / 1.50 / 2.00 / 2.01 / 2.50 / 2.60 の中から選ぶことができる。

インターフェーはシンプルで分かりやすく、いずれの操作も超簡単に行えるようになっています。
普段、ディスクイメージを扱うことが少なくない... という人におすすめです。

基本的な使い方は以下のとおりです。

    インストール時の注意
  1. インストールの際には、外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。
    ISO Workshop により推奨
    Recommended by ISO Workshop
    Recommended for your computer
    このような画面が表示されたら、「カスタム インストール」「Custom installation」を選択するなどし、全てのチェックを外しておいて下さい。
    イメージファイルを展開
    イメージファイル内のファイル / フォルダ を、取り出す
  1. 「ISOWorkshop.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    ISO Workshop
    まず、左下にある「Extract Files」ボタンをクリックします。
  3. 「ISO Workshop - Extract Files」という画面が表示されます。
    ISO Workshop - Extract Files
    そのまま、ツールバー上の「Open」ボタンをクリックし、展開したいイメージファイルを選択します。
  4. 選択したイメージファイル内にあるファイルが、リスト表示されます。
    この中から、取り出したいファイル / フォルダ を選択状態にします。
  5. ツールバー上の「Extract」ボタンをクリックします。
    (右クリック →「Extract Files」を選択してもOK )
  6. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    あとは、ファイルの出力先フォルダを選択すればOK です。
    ディスクの内容をコピー - ディスクからイメージファイルへ
    リムーバブルディスクの内容を、イメージファイルとして丸ごとコピー
  1. 「ISOWorkshop.exe」を実行します。
  2. 中央にある「Backup Image」ボタンをクリックします。
  3. 「ISO Workshop - Backup Disc」という画面が表示されます。
    ISO Workshop - Backup Disc
    まず、上部にある「Source drive」欄で、コピー元のディスクが入っているドライブを選択します。
  4. 画面右下にある「Type」欄で、イメージの出力先フォーマットを選択します。
  5. その隣にある「Browse」ボタンをクリックし、イメージの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します.
  6. あとは、画面下部の「Backup」ボタンをクリックすればOK です。
    ディスクの内容をコピー - ディスクからディスクへ
    リムーバブルディスクの内容を、別のリムーバブルディスクへ丸ごとコピー
  1. 「ISOWorkshop.exe」を実行します。
  2. 右上にある「Copy Disc」ボタンをクリック。
  3. 「ISO Workshop - Copy Disc」という画面が表示されます。
    ISO Workshop - Copy Disc
    まず、画面上部にある「Source drive」欄で、コピー元のディスクが入っているドライブを選択します。
  4. 下部の「Destination drive」欄で、ディスクのコピー先ドライブを選択します。
  5. 書き込み終了後にトレイを開けたい場合は、「Eject disc after burn」にチェックを入れておきます。
  6. あとは、画面下部の「Copy」ボタンをクリックすればOK です。
    イメージファイルのフォーマット変換
    各種イメージファイルを、ISO / BIN( + CUE )に変換
  1. 「ISOWorkshop.exe」を実行します。
  2. 右下にある「Convert Image」ボタンをクリック。
  3. 「ISO Workshop - Convert Image」という画面が表示されます。
    ISO Workshop - Convert Image
    まず、画面右上にある「Browse」ボタンをクリックし、変換元のイメージファイルを選択します。
  4. 右下にある「Type」欄で、イメージの変換先フォーマットを選択します。
  5. その隣にある「Browse」ボタンをクリックし、イメージの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  6. あとは、画面下部の「Convert」ボタンをクリックすればOK です。
    イメージファイル焼き
    ISO / BIN( + CUE )イメージを、ディスクにライティング
  1. 「ISOWorkshop.exe」を実行します。
  2. 上部にある「Burn Image」ボタンをクリック。
  3. 「ISO Workshop - Burn Image」という画面が表示されます。
    ISO Workshop - Burn Image
    まず、画面右上にある「Browse」ボタンをクリックし、焼き込みたいイメージファイルを選択します。
  4. 下部の「Destination drive」欄で、イメージの書き込み先ドライブを選択します。
  5. データ書き込み後、ディスクをファイナライズ※2 したい場合は、「Finalize disc」にチェックを入れておきます。
    ※2 ディスクに、これ以上追記できないようにする処理のこと。
  6. 書き込み終了後にトレイを開けたい場合は、「Eject disc after burn」にチェックを入れておきます。
  7. あとは、画面下部にある「Burn」ボタンをクリックすればOK です。
    ディスクイメージを作成
    ファイル / フォルダ を元にして、ISO イメージファイルを作成
  1. 「ISOWorkshop.exe」を実行します。
  2. 左上にある「Make ISO」ボタンをクリックします。
  3. 「ISO Settings」という画面が表示されます。
    ISO Settings
    ここで、作成するイメージファイルの
    • Name - ボリュームラベル
    • File System - ファイルシステム
    を設定します。
    ブータブルイメージを作成する時は、「Bootable」にチェックを入れ、右端の ... ボタンをクリック → ブートイメージを選択します。
  4. 「ISO Workshop - Make ISO」という画面が表示されます。
    ISO Workshop - Make ISO
    この画面の右の欄に、イメージ化したいファイルやフォルダをドラッグ&ドロップします。
  5. メニューバー上の「File」から「Make ISO」を選択。
  6. 「名前を付けて保存」ダイアログが表示されます。
    あとは、作成するイメージの保存先フォルダ&ファイル名 を指定すればOK です。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のライティングソフト
 ImgBurn

多機能かつ使いやすいライティングソフト

 BurnAware Free

シンプルで使いやすいライティングソフト

ISO Workshop TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 Rainmeter

カスタマイズ性の高いリソースメーター

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 CPUBalance

アプリの CPU バランスを自動で調整し、システムを安定した状態で稼働できるようにするソフト

 NetSwitch

指定したネットワークアダプタを、タスクトレイ上から直接無効化 / 有効化 できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 KillKeys

指定したキーを、無効化してくれるソフト

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

スポンサードリンク

ISO Workshop を紹介しているページです