Explorer7Fixes

Explorer7Fixes の概要や使い方を紹介しています

Explorer7Fixes を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  Pocket に登録

表示形式が「詳細」でなくても、ファイルをソートできるようにする!「Explorer7Fixes」。

Explorer7Fixes

Explorer7Fixes

エクスプローラのカラム(列ヘッダ)を、常時表示可能にする Windows 7 拡張ツール。
ファイルの表示形式が「詳細」以外の場合でも、エクスプローラのヘッダにカラムが表示されるようにし、ファイルをいつでも 名前 / サイズ / 種類 / 更新日時 等の順に並べ替えられるようにしてくれます。

「Explorer7Fixes」は、エクスプローラのカラムを常時表示可能にする Windows 7 拡張ツールです。
Windows 7 では、ファイルの表示形式を「詳細」にしている時しかヘッダ部分が表示されないため、ファイルを

  • 特大アイコン / 大アイコン / 中アイコン / 小アイコン
  • 一覧
  • 並べて表示
  • コンテンツ
といった方法で表示させている時には、ファイルのソートを行えないようになっています※1
1 フォルダの背景で右クリック →「並べ替え」からならできるが...
そんな事態を解決してくれるのが、この「Explorer7Fixes」です。
エクスプローラのヘッダにカラムが常時表示されるようにし、どんな時でもファイルのソートを行えるようにしてくれます。

使い方は以下の通り。
ダウンロード先のページでは、右側の「Downloads」ボタンをクリック →「Download Packages」欄にある 一番新しいファイルを選択して下さい

  1. 「install.bat」を右クリックし、「管理者として実行」します。
  2. コマンドプロンプトが開き、「続行するには何かキーを押してください」と表示されます。
    そのまま、何らかのキーを押してみます。
  3. 少し待ち、「 ~ Explorer7Fixes.dll の DllRegisterServer は成功しました。」というダイアログが表示されたらインストール完了。
    以降、ファイルの表示形式を「詳細」以外のものにしている時でも、ヘッダ部分に
    • 名前
    • 更新日時
    • 種類
    • サイズ
    というカラムが表示されるようになります※2
    2 カラム上で右クリックすることにより、表示させるカラムを設定することもできる。
    既にエクスプローラで何らかのフォルダを開いている場合は、次回開いたウインドウから設定が有効になります。
    尚、インストールを行った後は、「install.bat」等のファイルが入ったフォルダを、ほかの場所へ移動させないように注意して下さい。
    アンインストール
  1. 「uninstall.bat」を右クリック →「管理者として実行」します。
  2. コマンドプロンプトが開き、「続行するには何かキーを押してください」と表示されます。
    そのまま、何らかのキーを押してみます。
  3. 少し待ち、「 ~ Explorer7Fixes.dll の DllUnregisterServer は成功しました。」というダイアログが表示されたらアンインストール完了。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Explorer7Fixes TOPへ

Explorer7Fixes を紹介しているページです