ParkControl

ParkControl の概要や使い方を紹介しています

ParkControl を紹介しているページです

コアパーキング&CPU Frequency Scaling に関する設定を、簡単に行えるようにする!「ParkControl」。

ParkControl
投票してね!
制作者 Bitsum. USA
対応 -
バージョン 1.3.1.8
更新日時 2019-08-15
ファイルサイズ 983 KB

ParkControl

コアパーキング& CPU Frequency Scaling に関する設定を、容易に行えるようにするソフト。
パソコンが低負荷の時に、特定の CPU コアを休ませる “ コアパーキング ” と、アイドル時の最小クロック周波数を指定する “ CPU Frequency Scaling ” に関する設定を、シンプルな画面内で簡単に行えるようにしてくれます。
設定は電源プランごとに、そして AC 電源使用時 / DC 電源使用時 ごとに行えるようになっています。

「ParkControl」は、コアパーキングと CPU Frequency Scaling の設定を楽に行えるようにするソフトです。

  • コンピュータが低負荷の時に、特定の CPU コアを休ませる技術 “ コアパーキング ”( = 消費電力&無駄な発熱 を減らす)
  • PC アイドル時の最小クロック周波数を指定する “ CPU Frequency Scaling ”
に関する設定を、レジストリ等に触れることなく簡単に行えるようにしてくれます。
設定は電源プランごとに行うことができ、また AC 電源使用時 / DC 電源(バッテリーなど)使用時ごとに、別々の設定を割り当てることも可能となっています。
普段、節電や発熱対策を考えていたりする人におすすめ。
操作にあたりパソコンの再起動等は一切不要なので、かなり手軽に使うことができると思います。

使い方は以下のとおり。
このソフトは、 「Process Lasso」 にも同梱されています。

  1. 「ParkControl.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    ParkControl
    まず、画面左上にあるプルダウンメニューをクリックし、コアパーキング& CPU Frequency Scaling の設定を行う電源プランを選択します。
  3. あとは、
    • Parking AC - AC 電源使用時のコアパーキング
    • Parking DC - DC 電源使用時のコアパーキング
    • Freq Scalling AC - AC 電源使用時のCPU Frequency Scaling
    • Freq Scalling DC - DC 電源使用時のCPU Frequency Scaling
    欄で「Enabled(機能を ON にする)」「Disabled(機能を OFF にする)」のどちらかを選択 → 「Enabled」にした欄の
    • 低負荷時に稼働させる CPU コアの数(コアパーキング)
    • アイドル時の最小 CPU 周波数(CPU Frequency Scaling)
    を、パーセンテージで設定します。
    CPU コアの数は、たとえば CPU がオクタコアである場合、50% にすると 4 つの CPU コアが稼動した状態になります。
    オクタコアの例
    (クアッドコアの場合、50 % なら 2 つ)
  4. 設定が完了したら、画面中央の「Apply」ボタンをクリックします。
  5. 「New settings have been APPLIED!」というダイアログが表示されたら処理完了です。
    他の電源プランでもコアパーキング& CPU Frequency Scaling を使用したい場合は、同様の手順で設定を行います。

ParkControl TOPへ

ParkControl を紹介しているページです