EdgeDeflector

EdgeDeflector の概要や使い方を紹介しています

EdgeDeflector を紹介しているページです

タスクバー検索のウェブ検索結果を、既定のブラウザで開けるようにする!「EdgeDeflector」。

EdgeDeflector
3.04 / 528 票)
制作者 da2x
対応 10
バージョン 1.2.3.0
更新日時 2021-09-03
ファイルサイズ 59.6 KB

EdgeDeflector

タスクバー検索の Web 結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト。
通常は Microsoft Edge & Bing で表示されるタスクバーのウェブ検索結果を、既定のブラウザ & Bing で表示できるようにしてくれます。
ブラウザアドオンと連携することにより、検索結果を Google で開けるようにすることも可能です。

「EdgeDeflector」は、タスクバー検索の “ Web 結果 ” を既定のブラウザで開けるようにするソフトです。
通常、タスクバーの検索でウェブ検索を行うと、Microsoft Edge が立ち上がって Bing の検索結果が表示されますが、これを強制的に “ 現在設定されている既定のブラウザ ” で開けるようにするブラウザ設定横取りツールです。
基本的にインストールするだけで使えるシンプルなソフトで、設定もいつでも元に戻せるようになっています。
普段、Microsoft Edge 以外のブラウザを使用している人におすすめです。
尚、「EdgeDeflector」を使っても検索結果は Bing で表示されますが、各種ブラウザアドオンと連携させることにより、検索結果を Google で表示できるようにもなったりします。

使い方は以下の通り。

  1. まず、「EdgeDeflector」をインストールします。
    インストーラー実行時に「Windows によって PC が保護されました」というダイアログが表示されたら、左端にある「詳細情報」をクリック → 右下の「実行」ボタンをクリックしてください。
    「詳細情報」をクリック
    「実行」ボタンをクリック
  2. インストールが完了したら、スタートメニューやホットキー “ WinI を押すなどして「設定」アプリを開き、「アプリ」ボタンをクリックします。
    「アプリ」ボタンをクリックする
  3. 次に、左メニュー内にある「既定のアプリ」を選択します。
    左メニュー内にある「既定のアプリ」を選択する
  4. 続いて、右側の画面を下にスクロールし、「プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ」というリンクをクリックします。
    右側の画面を下にスクロールし、「プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ」というリンクをクリックする
  5. 「プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ」という画面が表示されるので、「MICROSOFT-EDGE」プロトコルを「EdgeDeflector」で開けるようにします。
    「MICROSOFT-EDGE」プロトコルを「EdgeDeflector」で開けるようにする
  6. 以後、Cortana のウェブ検索結果が、既定のブラウザで表示されるようになります。
    Cortana のウェブ検索結果
    Firefox で検索結果が表示された例
    Firefox で検索結果が表示された例
  7. 設定を元に戻したくなったら、「EdgeDeflector」をアンインストールすれば OK です※2
    2 もしくは、「設定」→「アプリ」→「既定のアプリ」→「プロトコルごとに既定のアプリを選ぶ」を開き、「MICROSOFT-EDGE」プロトコルを「Microsoft Edge」で開けるようにする。
  8. 尚、「EdgeDeflector」だけでは、検索エンジンを Google にすることはできません。
    検索結果を Bing ではなく Google で表示できるようにしたい場合、Firefox であれば「Bing2Google」を、Google Chrome であれば「Chrometana」をインストールしてください。
    (ただし、これらのアドオンを使うと、基本的に Bing 検索が使えなくなるので注意)
  9. ちなみに、「Chrometana」に関しては、検索エンジンを Google 以外のものに設定することもできます。
    Cortana のウェブ検索結果を Google 以外の検索エンジンで開きたい時は、次のような操作を行います。
    1. ツールバー上の Chrometana アイコンをクリック → 「オプション」を選択します。
      ツールバー上の「Chrometana」アイコンをクリック → 「オプション」を選択
    2. 設定画面が表示されるので、「Additional Settings」ボタンをクリックします。
      「Additional Settings」ボタンをクリック
    3. 設定パネルが展開されます。
      「Use Custom Search Engine」にチェック → 使用する検索エンジンの検索 URL を入力
      あとは、一番下の「Use Custom Search Engine」にチェック → 使用する検索エンジンの検索 URL を入力し、「Update」ボタンをクリックすれば OK です。
      検索 URL は、主だったものでいうと下記のような感じになります。
      • Twitter
        https://twitter.com/search?src=typd&q=
      • Yahoo! リアルタイム検索
        https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?ei=UTF-8&p=
      • Amazon
        https://www.amazon.co.jp/gp/search?field-keywords=
      • YouTube
        https://www.youtube.com/results?search_query=
      • Wikipedia
        https://ja.wikipedia.org/w/index.php?search=
      • 楽天
        https://search.rakuten.co.jp/search/mall/
      • Yahoo! 知恵袋
        https://chiebukuro.yahoo.co.jp/search/?&ei=UTF-8&p=

EdgeDeflector TOPへ
別館

最近は Chrome 拡張機能や Firefox アドオンの紹介が多め...

Advanced System Font Changer を紹介しているページです