CuperUtilities StartUp Manager

CuperUtilities StartUp Manager の概要や使い方を紹介しています

CuperUtilities StartUp Manager を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

見やすく使いやすいスタートアップ管理ソフト!「CuperUtilities StartUp Manager」。

CuperUtilities StartUp Manager
制作者 Cuper Software, Inc.
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download (Direct Download Link )

● CuperUtilities StartUp Manager

シンプルで使いやすいスタートアップマネージャー。
スタートアップから不要なアプリケーションを削除したり、普段よく使っているアプリケーションをスタートアップに登録したりすることができます。
スタートアッププログラムの名前をGoogle 検索にかける機能や、任意のスタートアップアイテムを他のスタートアップ領域に移動する機能なども備えています。

「CuperUtilities StartUp Manager」は、シンプルなスタートアップマネージャーです。
スタートアップフォルダ、またはレジストリ※1 から不要なスタートアッププログラムを削除したり、よく使うプログラムなどをそれらの場所に登録することができるソフトです。
※1 ローカルサービスとして起動するアプリケーションも管理できるようですが、Vista では読み込むことができませんでした(ver 1.2)。
また、指定したスタートアッププログラムのインストールフォルダを開いたり、ファイル名をGoogle 検索にかけたりする機能もあります。
多機能という感じではありませんが、その分インターフェイスは分かりやすく、非常に使いやすいところが大きな特徴。

基本的な使い方は以下の通り。
ダウンロード先のページでは、「Direct Download Link」というリンクをクリックして下さい。

  1. 「UIStartUpMgr.exe」を実行します。
    すると、スタートアップフォルダ、そしてレジストリに登録されているアプリケーションが、それぞれツリー分けして表示されます※2
    ※2 「Currect user」は「現在のユーザー」、「All users」は「全てのユーザー」。
    レジストリ上の「Run」は「毎回起動」、「RunOnce」は、「次回起動時のみ1 回だけ実行」を意味する。
  2. スタートアップから不要なアプリケーションを削除するには、
    1. 削除したいアプリケーションを右クリックし、「Delete」を選択します※3
      ※3 一時的に無効化したい場合は、チェックボックスのチェックを外すだけでよい。
    2. 「ごみ箱に移動させますか?」というダイアログが表示されるので、「OK」をクリック。
    3. 左のツリービューから、「Recycle Bin」を選択します。
    4. 先ほど削除したアプリケーションが表示されます。
      これを右クリック →「Delete」を選択します※4
      ※4 この時、右クリック →「Move」から、アプリケーションを元の場所、あるいは他の場所に移動させることもできる。
    5. 「本当に削除しますか?」というダイアログが表示されるので、「OK」をクリックします。
    尚、ここで削除したアイテムは、あくまでもスタートアップから削除されるだけであって、アプリケーションそのものが削除される訳ではありません。
  3. 逆に、普段よく使っているアプリケーションをスタートアップに登録したい場合は、
    1. 登録先の領域※5 を選択し、
      ※5 「Starup folder/Currect user」が、いわゆる「スタートアップフォルダ」。
    2. 「File」→「Add Program」を選択。
    3. 「Add Program」というウインドウが開くので、「Browse」ボタンをクリック。
    4. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されます※6
      ※6 カラムやボタンが文字化けするが、問題なく動作する。
      スタートアップに登録したいアプリケーションを選択します。
    5. 「Display name」欄に、適当なショートカット名を入力します。
    6. 「OK」ボタンをクリック。
    これで完了です。

ちなみに、任意のアイテムを右クリックすることにより、そのアイテムに対して

  • Run - 実行
  • Propeties - プロパティ表示
といったコマンドを実行することもできます。

そのほか、任意のアプリケーションを選択 → 画面下部に表示されたアプリケーションパネルをクリックすることで、「Detail Information」という情報ウインドウを開くことができ、ここでそのアプリケーションに関する詳細なプロパティ※7 を確認することもできます。
※7 アプリケーションの説明、会社名、バージョン、著作権、タイムスタンプ等。
(表示される情報は、アプリケーションによって異なる)

さらに、この「Detail Information」上から、該当アプリケーションのファイル名をGoogle 検索にかけたり、そのファイルが格納されているフォルダを開いたりすることも可能です。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 CCCP

定番のコーデックパック

 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Desktop Movie

デスクトップの背景で、動画の再生を行えるようにするソフト

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 MediaCoder

多くのフォーマットに対応したマルチメディアコンバーター

 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

スポンサードリンク

CuperUtilities StartUp Manager を紹介しているページです