IconConverter

IconConverter の概要や使い方を紹介しています

IconConverter を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

画像内の任意の部分を、アイコン / カーソルファイルに!「IconConverter」。

IconConverter
制作者 weissoft
対応 XP/Vista

Download (Windows Setup )

● IconConverter

画像内の任意の部分を、アイコン or カーソルファイル にして切り出すことができるソフト。
JPG / GIF / TIFF / ICO / BMP / PNG といったファイル内の指定した部分を、ICO / CUR 形式のファイルにして切り出すことができます。
作成できるアイコンのサイズは、16 x 16 / 32 x 32 / 48 x 48 / 64 x 64 / 128 x 128 / 256 x 256 で、それらを一つにまとめたマルチプルアイコンを作成することもできます。

「IconConverter」は、アイコン / カーソルファイル作成ソフトです。
任意の画像ファイル内の指定した領域(矩形範囲) を切り出し、それをICO、またはCUR 形式のファイルとして保存することができるというソフトです。
作成するアイコンは、アルファチャンネル※1 を指定することもでき、またマルチプルアイコン※2 にすることもできます。
※1 透過領域のこと。
※2 複数サイズのアイコンを格納したアイコン。
様々な解像度の表示に対応させることができる。
ちなみに、「IconConverter」はVista 向けの特大サイズアイコンの作成にも対応している。

一画面型のシンプルなソフトなので、操作は非常に簡単。

使い方は以下のとおりです。
インストーラーは、「iconion-setup.exe」の方を実行してください。

  1. まず、画面左上にある Load an image ボタンを押し、素材となる画像ファイルを読み込みます。
  2. 画面右下の方にある「Sizes」欄で、切り抜く矩形の縦 × 横サイズ※3 を指定します。
    ※3 ここで指定した縦 × 横サイズを基に、素材画像を切り抜くことができる。
    素材画像が大きければ大きいサイズを、小さければ小さいサイズを指定する。
    (実際に出力するアイコンの縦 × 横サイズは、後から調整することができる)
  3. 切り出す範囲を自由矩形で指定する場合は Freeform selection を、固定矩形で指定する場合は Fixed selection ボタンをクリック※4
    ※4 自由矩形 = マウスドラッグで大きさを調整できる矩形。
    固定矩形 = 大きさが固定されている矩形。
  4. 「Original Image」欄に表示されている画像をクリックしたりドラッグしたりし、切り出す範囲を指定します。
    範囲指定した部分は、画面左下の「Icon Preview」欄に表示されます。
  5. 画像内の任意の部分を透明化したい場合は、 Dropper Tool ボタンをクリックし、透明化したい “ 色 ” をクリックします※5
    ※5 クリックした地点と同じ色領域の部分が、全て透過領域になる。
    尚、透過領域は「Transparency Preview」欄に “ 白 ” で表示される。

    透過領域をピクセル単位で細かく指定したい場合は、 Transparency Brush ボタンをクリックし、透過したい部分を右クリック or 右ドラッグ で指定していきます。
    必要であれば、Zoom ボタンをクリックし、画像を拡大 / 縮小しながら処理します。
    (左クリックで拡大、右クリックで縮小)
  6. ファイルをカーソルファイルに変換する場合は、カーソルのホットスポットを設定することもできます※6
    ※6 ホットスポットとは、カーソル上でポイントが有効になる地点のこと。
    (通常は左上)

    その場合は、 Set The Hotpoint for a cursor ボタンをクリックし、「Icon preview」欄で、ホットスポットにする場所をマウスでクリックします。
  7. 画面右下の方にある「Sizes」欄で、出力するアイコンのサイズを指定します。
    複数のサイズを指定した場合、ファイルはマルチプルアイコンとして出力されます。
  8. 最後に、左下の方にある Save the icon or cursor ボタンをクリックし、ファイルをICO、またはCUR 形式で保存すればOK。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
このソフトを利用するには、「NET Framework 2.0」を インストールしている必要があります。
IconConverter TOPへ
スポンサード リンク
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
 おすすめフリーソフト
 CCCP

定番のコーデックパック

 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 “ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す方法

Windows 10 のタスクマネージャーを使い、“ Windows の起動に負荷をかけているプログラム ” を探す

 おすすめフリーソフト
 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 MyPaint

ユニークなブラシを多数揃えたお絵かきソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 jPortable

USB 等で持ち運びも可能なポータブル版の Java 実行環境

スポンサードリンク

IconConverter を紹介しているページです