FreeMove

FreeMove の概要や使い方を紹介しています

FreeMove を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

指定したインストールプログラムを、他のドライブ内に移す!「FreeMove」。

FreeMove

● FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト。
ファイルのインストール構造を壊すことなく、指定したプログラムを別のドライブ内に移転できるようにしてくれます。
プログラム移動時に、元のインストール場所へジャンクション(リバースポイント)が作成されるため、移動したプログラムはそれまでと同様 “ 元のインストール場所 ” からでも使うことができます。

「FreeMove」は、指定したインストールプログラムを別のドライブ内に移せるようにするソフトです。
以前紹介した「Steam Mover」をシンプルにしたような感じのプログラム移転&再配置ツールで、容量の大きいインストールプログラム等を※1、容量の余っているドライブや SSD に移せるようにしてくれます。
※1 インストールプログラムだけではなく、一般的なフォルダ(たとえば、大量の動画が入ったフォルダ)を移転することもできる。
尚、特別なアクセス権限が必要なプログラム(Microsoft Office など)に関しては、移転&再配置 を行うことができない?模様。

プログラムの移動と同時に、元のインストール場所にジャンクション・ポイント※1 が作成されるようになっているため、

  • インストール構造を壊すことなく、データのみを別ドライブ内に移す
ことが可能となっています。
※2 移動先のフォルダに繋がるワープポイントのようなもの。
元のインストール場所に作成されたジャンクション・ポイントを開くと、それまでと同様にインストール済みのファイルが表示され、普通に開くこともできる。
そのため、該当アプリに関する設定を、いちいちやり直すことなく継続使用が可能となる。
パスが変わっていないので移動されていないように見えるが、実体は移動先のフォルダ内にある。

システムドライブの空き容量が少なくなってきている時や、深い階層にあるフォルダを浅い階層から開けるようにしたい時... などに役立つと思います。

使い方は以下の通り。

  1. 「FreeMove.exe」を右クリックし、「プロパティ」を選択します。
  2. 「FreeMove.exe のプロパティ」というダイアログが表示されるので、「互換性」タブを開き、下部にある「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れておきます。
    「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェック
  3. 「FreeMove.exe」を実行します。
  4. メイン画面が表示されます。
    FreeMove
    まず、上部の「Move From」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、別ドライブに移動させたいプログラムのインストールフォルダを選択します。
  5. 続いて、下の「To」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、プログラムの移動先フォルダを選択します。
  6. 通常、プログラムの移動を行うと、元のインストール場所にジャンクション・ポイントが作成されるようになっています。
    この作成されるジャンクション・ポイントを非表示にしたい時は、左下にある「Set original folder to hidden」にチェックを入れておきます※3
    ※3 非表示(隠し属性)になるだけであって、ジャンクション・ポイントが作成されないわけではない。
    よくわからなければ、チェックは入れない方がよい。
  7. 準備が整ったら、画面右下にある「Move」ボタンをクリックします。
  8. プログラムの移転&再配置処理 が開始されるので、しばらく待ちます。
    プログラムの移転&再配置中...
  9. 少し待ち、「Done.」というダイアログが表示されたら処理完了です。
    Done.
    プログラムが指定したフォルダ内に移動されると同時に、元のインストール場所にジャンクション・ポイントが作成されます。
    (青い矢印の付いたフォルダが、ジャンクション・ポイント)
    プログラムの移転が完了した
    元のインストール場所に、ジャンクション・ポイントが作成される
    このジャンクション・ポイントを開くことでも、移動先のフォルダを開くことはできたりします。
    ちなみに、移動&再配置処理 が行えなかった場合、「Unauthorized Access」というダイアログが表示されます。
    Unauthorized Access
    処理の途中でこのダイアログが表示されるアプリケーションは、別ドライブに移動することができない?ようです。
  10. 別ドライブに移動させたソフトをアンインストールする時は、普通にアンインストールを行った後に、元のインストールフォルダ内に残ったジャンクション・ポイントを削除してください。
    元のインストールフォルダ内に残ったジャンクション・ポイント
    移動したプログラムを、元に戻す
  1. まず、元々のインストール場所に作成されたジャンクション・ポイントを削除します。
  2. 「FreeMove.exe」を実行します。
  3. メイン画面が表示されます。
    FreeMove
    最初に、画面上部の「Move From」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、元のインストール場所に戻したいプログラムのインストールフォルダを選択します。
  4. 続いて、下の「To」欄の右端にある「Browse」ボタンをクリックし、プログラムが元々存在していたフォルダを選択します。
    通常は、
    • C:\Program Files
    • C:\Program Files (x86)
    のどちらか、もしくは
    • C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming
    になると思います。
  5. 準備が整ったら、画面右下にある「Move」ボタンをクリックします。
  6. プログラムの移転&再配置処理 が実行されるので、しばらく待ちます。
    プログラムの移転&再配置中...
  7. 少し待ち、「Done.」というダイアログが表示されたら処理完了です。
    Done.
    あとは、移動元のドライブに作成されたジャンクション・ポイントを削除すれば OK です。
    移動元のドライブに作成されたジャンクション・ポイントを削除する


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
FreeMove TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

スポンサードリンク

FreeMove を紹介しているページです