TaskbarExt

TaskbarExt の概要や使い方を紹介しています

TaskbarExt を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

タスクボタンをドラッグ&ドロップできるようにしたり、システムメニューを拡張化!「TaskbarExt」。

TaskbarExt
制作者 Syed Ghulam Akbar
対応 XP/Vista/7

Download (公式)
Download (ミラー : US )

● TaskbarExt

タスクボタンをドラッグ&ドロップできるようにしたり、システムメニューを拡張したりしてくれるソフト。
タスクバー上のタスクボタンを、ドラッグ&ドロップで配置換えできるようにしたり、システムメニューから “ ウインドウを隠す / タスクトレイへ最小化 / 常に最前面に表示 / 半透明化 ” といった処理を行えるようにしたりしてくれます。
複数のタスクボタンをグループ化させる機能や、タスクバーを半透明表示にする機能 等も付いています。

「TaskbarExt」は、タスクバー周りの機能を拡張してくれるソフトです。

  • タスクバー上に表示されているタスクボタンを、ドラッグ&ドロップで入れ替えられるようにする
  • システムメニュー※1 から、
    • ウインドウを隠す
    • タスクトレイに最小化
    • 常に最前面に表示
    • 半透明化
    といった処理を行えるようにする
  • 複数のタスクボタンを、一つにまとられるようにする(グループ化)※2
  • タスクバーを半透明表示にする
  • デスクトップアイコンの表示 / 非表示 切り替え
これらの機能を使えるようにしてくれるソフトで、多機能ながらもシンプルで使いやすいところが大きな特徴※3
※1 タスクボタンを右クリック / タイトルバー上のアプリケーションアイコンをクリック / タイトルバー上で右クリック した時に表示されるメニューのこと。
(OS がWindows 7 の場合、タスクボタンを右クリックする時には「Shift」キーも同時押しする必要がある)

※2 この機能は結構不安定なので、使用しないことをお勧めします。
※3 OS がWindows 7 の場合、使える機能は「デスクトップアイコンの表示 / 非表示 切り替え」と「システムメニューの拡張」のみ。
いずれの機能に関しても、特別変わった操作や設定は一切不要なので、直感的に使えると思います。
特に、Windows XP / Vista を使用している人におすすめ。

使い方は以下のとおりです。

  1. 「TaskbarExt.exe」を実行します。

  2. タスクボタンの配置換え
  3. 移動させたいタスクボタンを、左右にドラッグ&ドロップさせればOK です。

  4. 拡張システムメニュー
  5. タスクボタン / タイトルバー を右クリックするか、タイトルバー左端にあるアプリケーションアイコンをクリックします。
  6. システムメニューが表示されます
    後は、目的とする操作を行えばOK。
    実際に行える機能には、次のようなものがあります。
    • Hide※4 - ウインドウを隠す
    • Rename - タイトルをリネーム(行えない場合も結構ある?)
    • Minimize To Tray - タスクトレイに最小化
    • Always Minimize To Tray - 最小化の際には、常にタスクトレイへ最小化させる
    • Always on Top - 常に最前面に表示
    • Transparency※5 - ウインドウを半透明化
    ※4 元に戻す時は、タスクトレイ上の「TaskbarExt」を右クリック →「Hidden Windows」を選択 → 隠蔽中のウインドウがリスト表示される ので、復帰させたいウインドウを選択して「Unhide」ボタンをクリックする。
    ※5 透明度は、0% / 20% / 40% / 60% / 80% / 100% の中から 選ぶことができる
    「Advance」を選択することで、任意の透明度にすることも可能。

  7. タスクボタンのグループ化
  8. グループ化させたいタスクボタンのうち、いずれか一つをクリックします。
  9. 「Ctrl」キーを押しっぱなしにし、グループ化させたいタスクボタンをクリックしていきます。
  10. 選択が終わったら、タスクボタン上で右クリック → 「Merge Group」を選択します※6
    ※6 メニュー内の「Hide Group」を選択した時に、エラーダイアログが無限表示されたりしたので注意。
    (エクスプローラを手動で再起動させる必要が出てくる)
    しかも、その後このグループ化機能を使えなくなってしまった...
  11. グループ化されたタスクボタンを元に戻す時は、グループ化されたボタンを右クリック → 「Split Group」を選択すればOK です。

  12. デスクトップアイコンの表示 / 非表示 切り替え
  13. トレイアイコンを右クリックし、「Show Desktop Icons」のチェックを外すと、デスクトップ上にあるアイコンを隠すことができます。
    (再度チェックを入れれば、デスクトップアイコンが表示される)

  14. 設定変更
  15. 設定内容を変更したい時は、タスクトレイアイコンを右クリック →「Preferences」を選択し、適宜オプション設定を行っておきます。
    変更できるオプションには、次のようなものがあります。
    (OS がWindows 7 である場合、設定できるオプションは 3 つのみ になります)
    • Automatically run this when I log in to Windows
      Windows 起動時に、「TaskbarExt」を自動で起動させる
    • Allow Taskbar buttons drag & drop
      タスクボタンのドラッグ&ドロップを許可する
    • Allow custom Taskbar button groups
      タスクボタンのグループ化を許可する
    • Show advance options in the window menu
      システムメニューを拡張する
    • Transparent※7
      タスクバーの透明度
    • Show Icon in the Windows Taskbar※8
      タスクボタン&タスクトレイアイコン を表示する
      (OS がWindows 7 の場合、「Show Icon in the Windows Notification area」)
    ※7 チェックを入れた後、スライダーを左右にドラッグする。
    (左にドラッグするほど、透明度は高くなる)

    ※8 これのチェックを外した場合、設定画面は「TaskbarExt.exe」をもう一度実行させることで表示させることができる。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
TaskbarExt TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Windows Live ムービーメーカー

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Volume Control for HTML5 Video & Audio Tag

各タブの音量 / 再生状態 / 音質 等を、一元的に管理できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 AVG AntiVirus Free 18

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 Avast Free Antivirus 18

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 WebP Codec

WebP 形式の画像ファイルを、Windows 上で普通に表示できるようにするソフト

 Default Bookmark Folder

“ デフォルトのブックマーク先フォルダ ” を設定可能にする Firefox アドオン

 アマゾン注文履歴フィルタ

Amazon の注文履歴や領収書を、月別にフィルタして表示できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 おすすめフリーソフト
 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 Aria Maestosa

シンプルで使いやすいMIDI 作曲ソフト

 Quick Startup

総合的なスタートアップアイテム管理ツール

 YUMI

複数のブートイメージが収納された “ マルチブート ” なライブUSB を作成

スポンサードリンク

TaskbarExt を紹介しているページです