gBurner Virtual Drive

gBurner Virtual Drive の概要や使い方を紹介しています

gBurner Virtual Drive を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

多形式に対応した仮想ドライブ作成ソフト!「gBurner Virtual Drive」。

gBurner Virtual Drive
制作者 Power Software Ltd.
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● gBurner Virtual Drive

多形式に対応した仮想ドライブ作成ソフト。
ISO / BIN / IMG / CDI / CUE / MDF / MDS / DMG / NRG / VCD / FCD / UIF / ISZ / DAA / GI / ASHDISC / CIF / BWI / B5I / PDI / NCD / GBI / ISZ / CIF 等々の イメージファイル をマウント可能な仮想ドライブを、最大で 16 個まで作成できるようにしてくれます。
マウント中のイメージを、Windows 起動時に自動で再マウントさせる機能 などが付いています。

「gBurner Virtual Drive」は、多くのフォーマットに対応した仮想ドライブ作成ソフトです※1
※1 WinArchiver Virtual Drive」の後継ツール。
各種イメージファイルをマウント※2 できる仮想ドライブを、最大で 16 個まで作成できるようにする仮想ドライブ作成ツールで、割とマイナーなイメージファイルのマウントにも対応しているところが最大の特徴。
※2 「マウント」とは、“ イメージファイルをディスクとして認識させる処理 ” のこと。
“ ディスクとしての認識を解除させる処理 ” のことは、「アンマウント」と呼ぶ。

読み込み可能なディスクイメージは 30 種類ほどあり、「DAEMON Tools Lite」などのソフトが対応していないイメージ(DMG / GI / DAA / UIF 等々)も普通にマウントできるようになっています。
普段、イメージファイルを日常的に使用していたりする人におすすめです。
尚、実際に対応しているフォーマットは、次のようになっています。
対応イメージファイル : ISO / BIN / CUE / IMG / CDI / MDF / MDS / DMG / NRG / DAA / GBI / GBP / ISZ / ASHDISC / BWI / B5I / LCD / CIF / P01 / PDI / NCD / PXI / GI / FCD / VCD / C2D / UIF

使い方は以下の通り。

    ドライバーのインストール
  1. インストールの際には、ドライバーのインストールを促すダイアログが表示されます。
    ドライバーのインストールを促すダイアログ
    これが表示されたら、「インストールする」方を選択して下さい。
    仮想ドライブの数を設定
  1. 「GCDTRAY.EXE」を実行します。
  2. タスクトレイ上に、アイコンが表示されます。
    タスクトレイアイコン
    これをクリック → 「Set Number of Drives」から、作成する仮想ドライブの数を指定します。
    (仮想ドライブを作成しない時は、「Disable」を選択する)
    作成する仮想ドライブの数を指定
    仮想ドライブを 8 個以上作成したい時は、「More」以下のメニューから数値を選択して下さい。
    作成する仮想ドライブの数を指定

  3. ファイルをマウントする
  4. タスクトレイアイコンをクリックし、「Mount Image File to Drive [ ○: ] 」選択します。
    ( ○ の部分はドライブレター)
  5. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、マウントしたいイメージファイルを選択します。
  6. 選択したイメージが、仮想ドライブにマウントされます。
    以降、マウント先のドライブを開くことで、イメージファイルの中身を開けるようになっています。

  7. マウントしたファイルを、アンマウントする
  8. タスクトレイアイコンをクリックし、「Unmount Drive [ ○: ] 」を選択します。
    ( ○ の部分はドライブレター)
    もしくは、タスクトレイアイコンをクリック →「Unmount All Drives」を選択してもOK です。
    Windows 起動時に、自動再マウントさせる
  1. イメージをマウントしたまま Windows を終了させると、マウント中のイメージは自動でアンマウントされます。
    次回起動時に、マウント中のイメージを自動で同じ仮想ドライブに再マウントさせたい場合は、タスクトレイアイコンをクリック →「Options」から「Automount」にチェックを入れておきます※3
    「Options」メニュー
    ※3 これにチェックを入れても、「GCDTRAY.EXE」を起動するまでイメージの自動マウントは行われない。
  2. Windows 起動時に毎回「GCDTRAY.EXE」を自動で起動させたい場合は、トレイアイコンをクリック →「Options」から「Autostart」にチェックを入れておきます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の仮想ドライブ作成ツール
 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、同時に 4 つまでマウントできるようにするCD / DVD エミュレータ

 WinCDEmu

各種イメージファイルを、CD / DVD ドライブ と同じ感覚で扱えるようにするソフト

 Virtual CloneDrive

超シンプルな仮想ドライブ作成ソフト

gBurner Virtual Drive TOPへ
 おすすめフリーソフト
 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 XRECODE3

多形式に対応したオーディオコンバーター

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Lhaplus

シンプルで使いやすい圧縮・解凍ソフト

 Domino

高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 ExeProperties

EXE / DLL ファイルが、32bit なのか 64bit なのか「プロパティ」画面上で確認できるようにするソフト

 Site personas

“ 同一のウェブサービスに、別のアカウントでログイン ” といった処理を、ツールバー上から手軽に行えるようにする Firefox アドオン

 Send from Gmail (by Google)

現在表示しているページのタイトル& URL を、Gmail で一発送信できるようにする Chrome 拡張

 RegCool

豊富なレジストリ管理機能を備えたタブ切り替え型のレジストリエディタ

 ServiceCommander

特定のサービスを、タスクトレイやホットキーから手軽に開始 / 停止 できるようにするソフト

 ClipMon

クリップボード内の URL / テキスト 等を、ワンクリックで開いたり検索したりできるようにするソフト

スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

gBurner Virtual Drive を紹介しているページです