TAudioConverter

TAudioConverter の概要や使い方を紹介しています

TAudioConverter を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

高機能な “ 音楽変換 ” & “ 音声抽出 ” & “ CD コピーツール ”!「TAudioConverter」。

TAudioConverter
制作者 ozok
対応 XP/Vista/7/8

Download (公式)
Download (ミラー)
Download (ミラー)

● TAudioConverter

多機能でありながらも使いやすい音声ファイル変換ソフト&CD リッパー。
一般的に使われているほとんどの動画&音声ファイル&CUE シート を、簡単な操作で MP3 / WAVE / WMA / M4A / M4B / MP4 / M4R / AAC / OGG / FLAC / APE / TTA / WV / AC3 / DTS / TAK / MPC / OPUS / AIFF に変換することができます。
複数の音声ファイルを一つに結合する機能や、タグ編集機能、動画の音声を無劣化で取り出す機能、音量調整機能、再生速度変更機能、ノーマライズ、アートワーク抽出機能、特定場面の切り出し機能... 等々が付いています。

「TAudioConverter」は、高機能な “ 音楽変換 ” & “ 音声抽出 ” & “ CD コピーツール ” です。
非常に多くのフォーマットに対応したオーディオコンバーターで※1

  • 一般的に使われている各種音声ファイルを、他のフォーマットに変換
  • 動画の音声部分※2 を、無劣化で抽出したり、他のフォーマットに変換したりしてから抽出
  • CD 内のトラックを、各種フォーマットに変換してコピー※3
することができる... という多機能ツールです。
※1 LAME、qaac、neroAacEnc、FLAC、Monkey's Audio、WavPack、Tak などのフロントエンド。
(「neroAacEnc」以外は、最初から同梱されている)

※2 音声がマルチトラックである場合、トラック1 が処理対象になる。
※3 freedb からCD の情報をダウンロードし、タグやファイル名として利用することも可能。
(freedb のサーバーを、自分で指定することもできる)
ただし、邦楽CD の場合、日本語が文字化けしてしまうので実用的ではないかも?

変換先のフォーマットや品質は、プリセットを利用して簡単に設定することができる ほか、詳細なエンコードオプションを手動で設定 することもできたりします。
また、出力ファイルの音量や再生速度を変更したり、ノーマライズ※4 を行ったりすることも可能となっています。
※4 ノーマライズとは、音割れが生じない程度に音量を上げ下げして最適化する機能。
リプレイゲイン(音量の目標値をタグ情報に書き込む機能)も付いているが、こちらは音割れ防止オプションをオンにしておかないと、必ず超爆音のファイルが完成してしまうので注意。

この「TAudioConverter」が、実際に読み込むことのできるファイルフォーマットは、次のようになっています。
動画 : avi / divx / wmv / mpeg / mpg / flv / mp4 / m4v / mkv / vob / m2ts / mts / rmvb / mov / 3gp。
音声ファイル : mp3 / wav / m4a / flac / ogg / tta / mpc / aac / ac3 / spx / opus / shn / wv / mpc / ape / wma / 3ga / thd / amr / aac / m4b / tak / dts / aiff / aif / dtsma / mpa / mp2 / mka。
(CUE シートの読み込みも可能)
その他、複数の音声ファイルを一つに連結する機能や※5、出力ファイルのタグ情報を編集する機能※6、アルバムアートを抽出する機能、特定の場面を切り出して出力する機能、エクスプローラの右クリックメニューに組み込む機能... なども付いていたりします。
※5 動画を素材として使うことはできない?模様。
※6 変換元のタグ情報をコピーすることもできる。

使い方は以下の通り。

    neroAacEnc.exe でエンコードを行いたい場合
  1. NeroAACCodec」をダウンロードします。
  2. 解凍 して出てきた「win32」フォルダ内に入っている
    • neroAacEnc.exe
    • neroAacTag.exe
    を、「TAudioConverter.exe」と同じフォルダ内にコピーしておきます。
  3. 尚、neroAacEnc.exe でエンコードする場合、プリセットを使用してエンコードを行うことができないので注意して下さい。
    (エンコードオプションを、自分で設定する必要がある)
    実際に使う
  1. 「TAudioConverter.exe」を実行します。
  2. メイン画面 が表示されます。
    ここに、変換したい動画ファイルや音声ファイルをドラッグ&ドロップで追加します。
     CD コピーを行う場合
  3. ファイルを間違えて追加してしまった時は、リスト上で該当のファイルを選択 → ツールバー上の「Remove」ボタンをクリックします。
    (「Clear」ボタンを押すと、すべてのファイルが除去される)

  4. 処理モードの選択
  5. ファイルの変換を行う時は、画面右上の「Method」欄 で「Encode Audio」を選択します。
    (おそらく、デフォルトで「Encode Audio」になっていると思います)
    動画の音声部分を無劣化で抽出したい時は、「Method」を「Copy Audio」にします。
    リストに追加したファイルを連結し、一つの音声ファイルとして出力したい時は「Merge Audio」を選択します※7
    ※7 動画ファイルを結合元の素材として使うことはできないので注意。
    (動画の音声を結合したい時は、動画の音声を抽出してから音声の結合を行う)

  6. 出力設定
  7. 画面下部の「Output」欄の右にある「Browse」ボタンをクリックし、変換されたファイルの出力先フォルダを選択します※8
    (右端の「Same as source」にチェックを入れると、元のファイルと同じフォルダ内に出力する)
  8. その下の「Presets」欄にあるプルダウンメニューをクリック し、出力ファイルのフォーマットや品質を選択します。
    ※8 「Method」欄を「Copy Audio」にしている場合、変換設定を行うことはできない。
    (その必要がないので...)

    右の「Codec Options」ボタンをクリックすることにより、エンコードオプションを詳細に設定する こともできたりします。
  9. ちなみに、画面左下の「Settings Type」を「Codecs」にすると、変換の際に使用するエンコーダー(コーデック)を自分で選択できるようにもなります※9
    (WAVE にデコードするだけの時は、この方法でWAV を選択して下さい)
    ※9 とは言え、M4A、FLAC 以外のフォーマットで出力する場合、エンコーダーは一つしか選べない。
    エンコーダーに関する知識がある人は、この方法で好きなコーデックを選択してもよいでしょう。
    ただしこの場合、「Codec Options」ボタンをクリックし、エンコードオプションを自分で設定することになります。

  10. フィルター
  11. 変換の際に、
    • 音量調整
    • ノーマライズ
    • マルチスレッド処理
    • 音割れ防止
    • 再生速度調整
    といったフィルタをかけることもできます。
    これらのフィルタを使いたい時は、画面右下の「Filters」ボタンをクリックします。
  12. 「Audio Effects/Filters」という画面 が表示されます。
    まず、左上の「Enable」にチェックを入れます。
  13. あとは、
    • Change Volume (%) - 音量変更
    • Normalize - ノーマライズ
    • Multithreaded - マルチスレッド処理
    • Guard against clipping - 音割れ防止
    • Speed (%) - 再生速度調整
    といったオプションのON / OFF を切り替えたり、変更先の数値を設定したりします。
  14. 設定が終わったら、「Close」ボタンをクリックします。
  15. リプレイゲインを使用したい時は、メイン画面右上の「Settings」ボタンをクリック → 「ReplayGain」タブ を開き、
    • 「Apply ReplayGain」
    • 「Auto lower to prevent clipping」
    にチェックを入れて下さい。
    「Auto lower to prevent clipping」のチェックを外して数値を手動で設定すると、必ず爆音のファイルが出来上がるので絶対にやめた方がいいです※10
    ※10 トラックのピークが 数千 ~ 数万とかになり、さらに「Target normal level」で指定した db しか引いてくれないので、命に係わる恐ろしいファイルが出来上がる。

  16. タグ編集
  17. すべてのファイルに共通のタグ※11 を書き込む時は、ツールバー上の「Tags」ボタンをクリック → 「Edit custom tags」を選択します。
    ※11 アーティスト名 / アルバム名 / パフォーマー名 / ジャンル / 発売年。
    ファイルのタグを個別に編集したい時は、リスト上で目的のファイルを選択 → ツールバー上の「Tags」ボタンをクリックし、「Edit selected file's tags」を選択します。
    一つに結合されたファイルに設定するタグを編集したい時は、ツールバー上の「Tags」ボタンをクリック → 「Edit merged file tag」を選択します。
  18. タグ編集パネル が表示されるので、各項目のタグを編集します※12
    ※12 Edit custom tags」「Edit merged file tag」を行う時は、左上のチェックボックスにチェックを入れると編集可能な状態になる。
  19. アルバムアートに関するオプションは、メイン画面右上の「Settings」ボタンをクリック → 「Artwork & Tags」タブ で設定を行って下さい。
    (各種オプションの意味は、このページの下部で紹介しています)

  20. トリミング
  21. 画面右上にある「Settings」ボタンをクリック → 「Encoding」タブ を開き、「Don't use trimming」のチェックを外しておきます。
    (チェックを外したら、設定画面は閉じてしまってOK)
  22. 切り出す場面を指定したいファイルがある場合は、リスト上で目的のファイルを選択 → ツールバー上の「Trim」ボタンをクリックします。
  23. 「Trimmer」という画面 が表示されます。
    まず、「Start」欄にあるスライダーをドラッグし、切り出す場面の先頭位置(再生時間)を指定します。
  24. 同様に、「End」欄のスライダーをドラッグし、切り出す場面の末尾を指定します。
  25. 場面の指定が終わったら、右下の「Save」ボタンをクリック → 「Trimmer」画面を閉じます。

  26. 変換開始
  27. 準備が整ったら、画面右上の「Start」ボタンをクリックします。
  28. 音声ファイルの結合を行う時のみ、「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、結合されたファイルの保存先フォルダとファイル名を指定します。
  29. ファイルの変換処理(または音声抽出処理)が開始されます。
    そのまま、じっくりと待ちます。
  30. 少し待ち、タスクトレイ上からバルーンチップが表示されたら処理完了です。
    CD コピー
  1. CD コピーを行う時は、画面上部のタブを「CD Ripper」に切り替えます。
  2. 左上の「Drivers」欄で、リッピングしたいCD が入っているドライブを選択し、「Refresh」ボタンをクリックします。
  3. 画面中央のリストに、CD 内のトラックがリスト表示されます。
    と同時に、freedb からCD 情報の取得が行われ、各トラックの情報が上書きされます※13
    ※13 アルバムアートが見つからなかった場合、「アルバムアート取得エラー」のようなダイアログ が表示される。
    おそらく、アーティスト名 / アルバム名 のどちらかに日本語が入っていると、エラーになる。

    もし編集したい情報があれば、トラックを選択(複数可)→ 下部の欄で、適宜情報の編集を行っておくとよいでしょう。
    また、コピーしたくないトラックがある場合は、それらのチェックを外しておきます。
  4. 画面下部の「Output」欄の右側にある「Browse」ボタンをクリックし、コピーされたファイルの出力先フォルダを選択します。
  5. その下の「Presets」欄にあるプルダウンメニューをクリック し、出力ファイルのフォーマットや品質を選択します。
    右の「Codec Options」ボタンをクリックすることにより、エンコードオプションを詳細に設定する ことも可能となっています。
  6. 準備が整ったら、画面右上にある「Rip」ボタンをクリック。
  7. トラックのリッピング作業が開始されるので、しばらく待ちます。
  8. 少し待ち、タスクトレイ上からバルーンチップが表示されたら作業完了です。
    オプション設定
  1. 画面右上にある「Settings」ボタンをクリックします。
  2. 設定画面 が表示されます。
    ここで、適宜オプション設定を行っておきます。
    実際に設定できるオプションには、次のようなものがあります。
      General
    • Check updates on start up
      起動時にアップデートチェックを行う
    • Register shell extension
      エクスプローラの右クリックメニューに、「Encode with TAudioConverter」コマンドを追加
    • Unregister shell extension
      右クリックメニューに追加した「Encode with TAudioConverter」コマンドを削除
    • Temp Folder
      作業フォルダのパス
    • Play a sound after encoding is done
      処理完了時に、音を鳴らす
    • Revert to default output folder if output folder doesn'n exist
      出力先フォルダが存在しない場合、デフォルトの出力先フォルダに戻す
      Encoding
    • Add encoder suffix to created folders
      出力フォルダ名の末尾に、エンコーダーの名前を付ける
    • Clear file list after encoding
      処理完了後、ファイルリストをクリアする
    • Do not keep encoding logs
      エンコードログを保存しない
    • Don't use trimming
      トリミング機能をオフにする
    • Check if input needs decoding to wav
      WAVE にデコードする必要があるかどうかチェックする
    • Create folder structure in output
      出力フォルダ内に、ディレクトリ構造を再現する
      • Full folder tree - ディレクトリ構造をすべて再現する
      • Only one parent folder - 親フォルダのみ再現
      • Custom folder tree※14 - 任意のディレクトリ構造を作る
      • Custom folder depth - 指定した数の階層構造を再現する
      ※14 ファイル名(「custom file name」)の部分には、次のような変数を使うことができる。
      • タイトル - %title%
      • アーティスト名 - %artist%
      • アルバム名 - %album%
      • アルバムアーティスト名 - %albumartist%
      • トラックナンバー - %tracknumber%
      • ジャンル - %genre%
      • 発売日 - %date%
      • ディスクナンバー - %discnumber%
    • Post-Encoding Action - 処理完了後に行うアクション
      • Do nothing - 何もしない
      • Close TAudioConverter - TAudioConverter を終了させる
      • Open output folder - 出力先のフォルダを開く
      • Shutdown PC - パソコンをシャットダウンさせる
      • Restart PC - パソコンを再起動させる
      • Log Off - ログオフする
    • Number of processes - プロセスの数
    • AAC extension - AAC に変換する際の拡張子
    • If file exists at output - 出力先に同名のファイルが存在する場合
      • Add index to new files※15 - 新しい方のファイルをリネームして出力する
      • Skip it - 処理を行わない
      • Overwrite it - 既存のファイルに上書きする
      ※15 リネームできずにエラーになることが多い...
      Artwork & Tags
    • Enable artwork - アートワークを有効化する
      • Extract artwork to output folder
        アートワークを出力先フォルダ内に抽出する
      • Embed artwork to output file
        アートワークを出力ファイルに埋め込む
        • Embedded artwork first - 1 枚目のアートワークを埋め込む
        • External artwork first※16 - 外部アートワークの方を埋め込む
    • Add file name to artwork (i.e. 1 - song - artist.jpg) when extracting embedded artwork
      抽出されたアートワークに、抽出元のファイルの名前を付ける
    • Copy external artwork too※16
      外部アートワークもコピーする
    • Copy tags from source
      元のファイルのタグ情報を、出力ファイルにコピーする
    • Write tag tool when possible
      可能であれば、エンコーダーの情報も書き込む(MediaInfo 向け?)
    • Resize artwork
      アートワークをリサイズする
    ※16 元の音声ファイルと同じフォルダ内に入っている cover.jpg / folder.jpg / front.jpg が、外部アートワーク。
    「External artwork first」の場合、埋め込み優先度は cover.jpg / folder.jpg / front.jpg の順。
      ReplayGain
    • Apply ReplayGain - リプレイゲインを使用する
      • Target nomal level - ターゲットとするボリュームレベル
      • Auto lower to prevent clipping - 音割れするようであれば、数値を自動で下げる
    • Copy to lossless output from lossless source
      ロスレスからロスレスに変換する際、リプレイゲインタグをコピーする
      File Adding
    • Ignore cue sheets when adding files - CUE シートは読み込まない
    • File length filter - 再生時間が一定以上 / 一定以下 のファイルは、読み込まない
      • Add all files - すべてのファイルを読み込む(フィルタしない)
      • Don't add files longer than - ○ 秒以上のファイルは、読み込まない
      • Don't add files shorter than - ○ 秒以下のファイルは、読み込まない
    • Filter out audio types※17 - 指定した拡張子のファイルを、読み込まない
    • Use MediaInfo to read tags from audio files - MediaInfo のタグ情報を読み込む
    ※17 複数の拡張子を指定する場合、それぞれの拡張子をセミコロンで区切る。
      CD Ripper
    • Enable jitter detection - ジッター補正を有効化する
    • Paranoid mode※18 - パラノイドモードを有効化
    • Feedb
      • User email - Freedb に問い合わせする際に使用するメールアドレス
      • Freedb server - 問い合わせ先のサーバー
    • Download album cover - アルバムカバーをダウンロードする
    ※18 詳細は不明だが、エラー訂正機能のこと?かもしれない。
    通常の方法では問題が生じてしまう場合のみ、チェックを入れるとよい。
      Interface
    • Skin
      インターフェースのスキン
      • Disable - スキンを無効化する
    • Always on top
      常に最前面に表示する
    • Show extra columns in file list
      ファイルリストに、拡張カラムを追加する(ビットレートなど)
    • Show text in toolbar buttons
      ツールバーボタンに、テキストを表示する

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の音楽変換ソフト
 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

TAudioConverter TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 Revo Uninstaller

ソフトを完全にアンインストールしてくれるソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

TAudioConverter を紹介しているページです