TMPGEnc

TMPGEnc の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
TMPGEnc を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

AviUtl と並ぶ国産の動画編集ソフト!「TMPGEnc」。

TMPGEnc
制作者 堀 浩行 / 株式会社ペガシス
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista/7

Download

● TMPGEnc

汎用的に使える動画編集ソフト。
不要な場面のカット、コーデック による映像 / 音声 圧縮、リサイズ、クロッピング、黒ベタ追加、色調補正、ノイズ除去、エッジ強調、インターレース解除、音量変更、音声のフェードイン / アウト化、音声入れ替え、音ズレ補正、mpg 動画の結合 / 映像音声分離... 等々の機能が付いています。
対応しているフォーマットは、入力が avi / wmv / mpg 等で、出力が mpg(MPEG-1)/ avi。

「TMPGEnc」は、様々な機能を備えた動画編集ソフトです。
不要な場面のカット / 特定場面の切り出し、クロップ、ゴースト除去、ノイズ除去、エッジ強調、色調補正、インターレース解除、音量変更 等々の機能を備えたビデオエディタで、avi / wmv / mpg 等の読み込みに対応しています※1
※1 対応する コーデック をインストールしておけば、flv / mp4 / mkv 等の動画も読み込めるようになる。
( Windows Media Player で再生できるファイルならば、基本的に何でも読み込める)

編集したファイルは mpg(MPEG-1)/ avi で出力することができ※2、その際には動画のフレームレート / ビットレート / 解像度 / アスペクト比 を指定できるようになっています。
※2 最初の一ヶ月間だけは、MPEG-2 に変換することも可能。
avi で出力する場合は、映像や音声をコーデックで圧縮することもできる。

さらに、複数のmpg ファイルを一つに結合する機能や、mpg 動画の映像と音声を分離 or 合成 する機能... 等々、各種mpeg 処理機能も付いていたりして中々多機能。
基本的な操作はウィザードに沿って行うことができるため、割りと簡単に使えると思います。
(ウィザードを使わずに操作することもできる)

使い方は以下のとおりです。

    「プロジェクトウィザード」を利用し、動画を編集&MPEG に変換
  1. 「TMPGEnc.exe」を実行します。
  2. 自動的に 「プロジェクトウィザード」というウインドウ が表示されます※3
    ※3 起動時にウィザードを表示させたくない場合は、左下の「起動時にウィザードを実行」のチェックを外しておく。
    各種動画ファイルを mpg に変換する場合、このウィザードに沿って操作を進めていくと簡単です。
    動画をavi で出力したい場合や、ウィザードを使わずに変換を行いたい場合は、ウィザードを閉じて 手動で設定を行います

  3. 1 . フォーマットの選択
  4. まず最初に、変換先のフォーマットを選択します。
    変換先のフォーマットは、
    • ビデオCD - NTSC / NTSC フィルム / PAL※4
    • スーパービデオCD - NTSC / NTSC フィルム / PAL
    • DVD - NTSC / PAL
    の中から選ぶことができます。
    ※4 NTSC = 解像度は352 × 240、フレームレートは29.97、コーデックはMPEG-1。
    NTSC フィルム = 解像度は352 × 240、フレームレートは23.976、コーデックはMPEG-1。
    PAL = 解像度は352 × 288、フレームレートは25、コーデックはMPEG-1。
    解像度 / フレームレート などは、後から自由に変更することができる

    試用期間内であれば、スーパービデオCD / DVD(MPEG-2) にすることもできますが、通常は「ビデオCD」→「NTSC」でよいでしょう。
  5. 右下の「次へ」ボタンをクリック。

  6. 2 . ソースファイルの選択
  7. 「映像ファイル」欄の「参照」ボタンをクリックし、変換 / 編集 したい動画ファイルを選択します。
    avi / mpg / asf 以外の動画を読み込みたい場合は、「ファイルの種類」を「すべてのファイル」にしておきます。
    動画に音声が含まれる場合、「音声ファイル」欄にもファイル名が自動で入力されます※5
    ※5 ここで任意の音声ファイルを選択すると、動画の音声を入れ替えることができる。
    読み込み可能なファイルは、avi / mpg / mpeg / wav / tpr / asf。
    対応するコーデックがインストールされていれば、他のファイルを読み込むこともできる。
    ( flv / mp4 等の音声を指定したい場合は、「ファイルの種類」を「すべてのファイル」にする)
  8. 下部にある「ソースの詳細設定」欄で、
    • 映像の種類 - インターレースか、ノンインターレースか
    • フィールドオーダー  - インターレース動画の場合のみ設定する
    • アスペクト比
    をそれぞれ設定します。
  9. 設定が済んだら、右下にある「次へ」ボタンをクリック。

  10. 3 . フィルタの選択
  11. 映像にフィルタをかける場合は、ここで設定を行っておきます。
    利用できるフィルタは、主に以下の 3 つ。
    • ソースの範囲 - 切り出す場面の指定 / 特定場面の切り捨て(音ズレ補正を行うことも可)
    • クリップ枠 - クロッピング※6
    • ノイズ除去 - デブロッキング効果のようなもの
    ※6 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ削り取る機能。
    削る部分を、ベタ塗りにすることもできる。

    それぞれの設定方法は、次のようになっています。
      ソースの範囲
    1. 「ソースの範囲」にチェックを入れます。
    2. 自動的に「ソース範囲の設定」というウインドウが立ち上がります。
      画面中段にあるシークバーを使い、切り出す場面の開始位置を探します。
      (もしくは、切り捨てる場面の開始位置)
    3. 開始地点を決めたら、左にある「開始フレームに設定」ボタンをクリック。
    4. 同様に、切り出す場面の末尾を探します。
      (もしくは、切り捨てる場面の末尾)
    5. 末尾を決めたら、右側の「終了フレームに設定」ボタンをクリック。
    6. 画面左下の「カット編集」ボタンをクリックします。
    7. 範囲選択した場面を切り出して出力する場合は、「現在選択中の範囲の前後をカット」を選択。
      (範囲選択した場面以外がカットされる)
      逆に、範囲選択した場面を切り捨てる場合は、「現在選択中の範囲をカット」を選択します。
    8. さらにカット編集を行いたい場合は、同じような手順で処理を行います。
    9. 動画に音ズレが生じている場合は、下の「音ズレ補正」欄に補正値を入力しておきます。
      (補正値は、ミリ秒単位で指定する)
      音が映像よりも遅れている場合は正の値を、音が映像よりも早く聞こえている場合は負の値を入力します※7
      ※7 たとえば、音が 5 秒遅れている場合は「5000」、音が 5 秒進んでいる場合は「-5000」と入力する。
    10. 設定が済んだら、「OK」ボタンをクリック。
      クリップ枠
    1. 「クリップ枠」にチェックを入れます。
    2. 「クリップ枠の設定」というウインドウが立ち上がります。
      下部にある「上」「下」「左」「右」欄で、それぞれの端からどれだけフレームを削るのか設定します。
      (数値を入力すると、プレビュー画面もリアルタイムに変更されます)
    3. 必要に応じて、削り取る部分を “ ベタ塗り ” にすることもできます。
      削り取る部分をベタ塗りにする場合は、右側にある「○ 側は塗りつぶし」にチェック※8
      ※8 「塗りつぶし色の設定」ボタンをクリックすることにより、塗りつぶす色を変更することもできる。
      (標準は黒)
    4. 設定が済んだら、「OK」ボタンをクリックします。
      ノイズ除去
    1. 「ノイズ除去」にチェックを入れます。
    2. 「ノイズ除去」というウインドウが立ち上がります。
      画面下部にある「静止画」「範囲」「時間方向」といった 3 つのスライダーをドラッグし、フィルタの強度を調整します。
      (値を調整すると、プレビュー画面もリアルタイムに変更されます)
    3. 設定が済んだら、「OK」ボタンをクリックします。
    ちなみに、この「プロジェクトウィザード (3 / 5) 」画面の右下にある「その他の設定」ボタンをクリック →「ビデオ詳細」タブから、さらに
    • 24 fps 化
    • ゴースト除去
    • エッジ強調 (シャープ)
    • 簡易色調補正※9
    • カスタム色調補正※10
    • インターレース解除
    といったフィルタの設定を行うこともできたりします。
    (それぞれのフィルタ名をダブルクリックし、設定画面を呼び出す)
    ※9 明るさ / コントラスト / ガンマ / 赤 / 青 といった値を調整できる。
    ※10 RGB / YUV / CMYK / HSV の値を調整できる。
    最初に左下の「追加」ボタンをクリック → 次に、中央の「種類」欄で調整する値を指定 → その右の「方法」欄で調整する項目を選択 → 適宜値を調整する。

  12. 4 . ビットレートの設定
  13. ここは、基本的にそのままでOK。
    ...ですが、右側にある「詳細設定」ボタンをクリック →「ビデオ」タブを開くことで、動画の解像度やアスペクト比、ビットレート、フレームレート 等を変更できるようにもなっています※11
    ※11 変更したい項目の名称をクリック →「ロック解除」を選択してから設定変更を行う。

  14. 5 . 出力ファイル名の指定
  15. 「出力ファイル」欄の右にある「参照」ボタンをクリックし、変換したファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を設定します。
設定は、基本的にここまで。
変換をすぐに行う場合は、「直ちにエンコードを開始する」にチェック →「OK」ボタンをクリックします。
変換したいファイルが他にもある場合は、「続けてプロジェクトを作成し、バッチエンコードする」にチェック →「OK」ボタンをクリックします※12
※12 すると、またプロジェクトウィザードが開くので、同じように設定を行う。

ここではウィザードを使った変換方法を紹介しましたが、ウィザードを使わずに変換を行うこともできます。
ウィザードを使わない場合は、次のようにして操作を行います。

  1. メニューバー上の「ファイル」から、「新規プロジェクト」をクリック。
  2. 「現在のプロジェクトを初期化しますか?」というダイアログが表示されるので、「OK」を選択。
  3. メインウインドウ下部にある「映像」欄で、変換 / 編集 したい動画ファイルを選択します。
    動画に音声が含まれる場合は、「音声」欄も自動で入力されます※5
  4. 画面右下の「設定」ボタンをクリックします。
  5. 「MPEG の設定」というダイアログ が表示されます。
    ここで、出力する動画の
    • サイズ(横 × 縦)
    • アスペクト比
    • フレームレート
    • レート調整モード
    • ビットレート
    • 動き検索精度(エンコード品質)
    をそれぞれ設定しておきます。
    (入力フォームの上にマウスカーソルを乗せると、説明がポップアップされるようになっています)
  6. 続いて、「オーディオ」タブを開きます。
  7. ここで、音声の
    • サンプリング周波数
    • チャンネルモード
    • ビットレート
    をそれぞれ設定しておきます。
    尚、下部の「音声加工」欄にある「設定」ボタンから、音量やフェードイン / アウト 効果の設定を行うこともできたりします。
  8. 必要であれば、「ビデオ詳細」タブで各種フィルタの設定を行っておきます。
    (フィルタ名をダブルクリックし、パラメータを設定する)
  9. 右下の「OK」ボタンをクリックし、「MPEG の設定」画面を閉じます。
  10. 「出力ファイル名」欄で、出力先のフォルダ&ファイル名 を設定します。
  11. 最後に、画面左上の「圧縮開始」ボタンをクリックすれば変換開始。
    avi で出力する場合は、メニューバー上の「ファイル」→「ファイルに出力」から「AVI ファイル」を選択します※13
    ※13 その後、「名前を付けて保存」ダイアログが立ち上がるので、画面下部の「映像を出力」/「音声を出力」欄の右端にある「設定」ボタンをクリックし、それぞれを圧縮する際に使用するコーデックを選択する。
そのほか、MPEG-1 / MPEG-2 ファイル の映像と音声を多重化(合成)する機能や、映像と音声を分離する機能、カット / 結合機能※14 なども付いています。
(全て「ファイル」→「MPEG ツール」から)
※14 やはり、MPEG-2 を扱えるのは最初の 1 ヶ月間のみ。
ただし、映像と音声の分離機能のみ、試用期限がない。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の動画編集ソフト
 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Windows Live ムービーメーカー

高機能な動画編集&作成ソフト

 TMPGEnc 解説ページ
OpenOrNothing
TMPGEnc TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 xrecode II

多形式に対応したオーディオコンバーター

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 Video Screenshot

各種動画ファイル内の特定場面を、静止画 / 連番画像 / GIF アニメ に変換してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Leeyes

画像の “ 見開き表示 ” にも対応したエクスプローラ風画像ビューア

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

 System Explorer

高機能なシステム監視ソフト

スポンサードリンク

TMPGEnc を紹介しているページです