AviUtl

AviUtl の概要や使い方を紹介しています

AviUtl を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

動画の編集はこれ一本でもOK!「AviUtl」。

AviUtl

● AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト。
不要な場面のカット、動画のリサイズ、クロッピング、黒ベタ追加、動画連結、音声入れ替え、音ズレ補正,
コーデック による映像音声圧縮、インターレース解除 といった基本操作に加え、画質補正、色調補正、
テキスト / 画像 / 動画 / モザイク / トランジション効果 の合成... 等々の操作を行うことができます。
拡張性が非常に高く、機能や対応フォーマットをどんどん追加していくことができます。

「AviUtl」は、高機能な動画編集ソフトです。
インターフェースはすっきりとしていてシンプルな感じですが、動画の基本編集はこれ 1 本でも良いくらい
多機能なところが最大の特徴。
また、プラグインが豊富にあり、拡張性が非常に高いところもポイントの一つ。

この「AviUtl」で実行できる編集操作には、下記のようなものがあります。

  • 動画に、テキスト / 画像 / 図形 / 動画 等を合成
  • 動画に、モザイク / 発光 / 振動 / ラスター / 色ずれ / シーンチェンジ 等のフィルタをかける
  • 不要な場面のカット
  • 動画と動画の連結
  • 動画の音声入れ替え
  • ノイズ除去
  • シャープ
  • ぼかし
  • クリッピング※1 / リサイズ
    ※1 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ削り取る機能。
  • 縁塗りつぶし※2
    ※2 画面の上 / 下 / 左 / 右 端から、フレームを指定したピクセルサイズだけ塗りつぶす機能。
  • 色調補正※3
    ※3 明るさ / コントラスト / ガンマ / 輝度 / 色の濃さ / 色合い を調整することができる。
  • 拡張色調補正※4
    ※4 YCbCr / RGB 値を調整することができる。
  • 音声の位置調整(音ズレがある場合などに)
  • 音量の調整
  • 画像サイズ(画面解像度)の変更
  • フレームレートの変更
  • インターレース解除
  • コーデック による映像 / 音声圧縮
外部プラグインを導入することにより、機能はさらに拡張していくことができます。
(動画内にテキスト / 画像 / 動画 等を合成するには、公式ページにある「拡張編集Plugin」が必要)

基本的な使い方は以下の通り。
(不要な項目は飛ばしてOK)

    基本
  1. おそらく、 は必須になると思うので、あらかじめダウンロードしておきます。
    パソコンにコーデック等をインストールしていない場合は、「LAV Filters」 や 「CCCP」 を
    インストールしておくとよいでしょう。
    加えて、
    • 公式の「拡張編集Plugin」(「exedit.ini」「exedit.auf」「exedit.aui」「exedit.auo」等 )
      編集中の動画に、テキスト / 画像 / 動画 / 切替効果 等を合成できるようにするプラグイン
    • MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In(「m2v.aui」)
      MPEG-2 入力を可能にするプラグイン
    • x264guiEx(「x264guiEx.auo」「x264guiEx.ini」 )
      H.264 な MP4 / MKV を出力可能にするプラグイン
    • MKVtoolnix(「mkvmerge.exe」)
      「x264guiEx」で、MKV 出力する際に必要なツール
    • LAME(「lame.exe」)
      音声の MP3 圧縮を可能にするエンコーダー
    • FFmpeg「32-bit Static」or「64-bit Static」欄 をクリック(「ffmpeg.exe」)
      音声の AC3 圧縮を可能にするエンコーダー
    もあると便利※5
    ※5 「MPEG-2 VIDEO VFAPI Plug-In」は、「m2v.vfp」を「m2v.aui」にリネームしておく。
    「ffmpeg.exe」は、「bin」フォルダ内に入っている。
    全て入手したら、「拡張編集Plugin」の中に入っていた全ファイル(「exedit.ini」「exedit.auf」等),
    「ds_input.aui」「m2v.aui」を、「aviutl.exe」のあるフォルダ内へコピーする。
    「x264guiEx」は、解凍して出てきた「auo_setup.exe」を実行し、指示に従ってインストールを
    行うだけでOK。
    (「neroaacenc」の利用許諾ページは現在表示されないので、「Nero」の画面 はそのまま閉じてOK)
    続いて「aviutl.exe」を実行し、メニューバー上の「設定」→「圧縮の設定」から
    「プラグイン出力の設定」を開き、「拡張 x264 出力(GUI) Ex」を選択して「設定」をクリック
    画面右上の 「音声エンコーダ」欄で「lame mp3」や「AC3 (ffmpeg/avconv) 」を選択 し、
    ... ボタンをクリック →「lame.exe」や「ffmpeg.exe」を選択しておく。
    最後に、右下の「MKV」タブを開き、「mkvmerge.exe の指定」を行う
  2. 「aviutl.exe」を実行します。
  3. メニューバー上の「ファイル」→「開く」から、編集したいファイルを読み込みます※6
    ( FLV 等を読み込む場合は、「ファイルの種類」を 「AllFile (*.*)」にしておく
    ※6 ある程度解像度の大きい動画ファイルは、初期設定のままだと読み込めない。
    もし、大きすぎて読み込めない動画があった場合、「ファイル」→「環境設定」→
    システムの設定」を開き、「最大画像サイズ」欄で入力動画の最大解像度を変更しておく。
    (幅 1920 x 高さ 1080 もあればOK)
    同じように、あまりにも再生時間が長い動画は、初期設定のままでは読み込めない。
    これも、同「システムの設定」画面の「最大フレーム数」欄で、読み込める最大フレーム数を
    変更しておく。
    (大体 1 秒 = 30 フレーム。最大フレーム数の上限は、「8388607」)
    変更を行ったら、「AviUtl」を再起動させる。

  4. 動画にフィルタをかける
  5. 画面下部のシークバーを使い、適当な場面を表示させておきます。
  6. メニューバー上の「フィルタ」から、適用したいフィルタにチェックを入れておきます。
  7. メニューバー上の「設定」から、先程チェックを入れたフィルタの設定を行います。
    (「○○ の設定」というコマンドを選択する)
  8. 選択したフィルタの設定画面が表示されます。
    ここで、各項目のスライダーをドラッグしたり、あらかじめ用意された項目にチェックを入れたりして
    設定を行います※7
    ※7 各フィルタウインドウの右上にあるチェックボックスを、ON にしておくのを忘れずに。
    フィルタを調整すると、それに合わせて読み込んでいる動画 (画像) も変化します。
    編集の際は、このプレビュー画面を見ながら操作を行うとよいでしょう。
  9. 動画のリサイズを行いたい時は、メニューバー上の「設定」→「サイズの変更」から、目的の
    サイズを選択するだけでOK です。
    リサイズフィルタ もあります)
  10. ちなみに、フィルタの設定は「プロファイル」として保存しておくこともできたりします※8
    プロファイルを作成しておくと、後から設定内容を一発で復元できるようになるので非常に便利です
    ※8 フィルタを設定した後、メニューバー上の「プロファイル」を選択 →「プロファイルの編集」→
    「新しいプロファイルを作る」を選択 → 任意のプロファイル名を入力し、「Enter」キーを押せばOK.
    作成したプロファイルは、以降「プロファイル」メニューから呼び出せるようになる。

  11. 動画をカットする
  12. 動画をカット (切り捨て) 編集したい場合は、下のような手順で処理を行います。
    1. 画面下部にあるシークバーを使い、カットしたい場面の先頭位置を探します。
    2. 先頭位置を決めたら、右下にある ボタンをクリック。
    3. 同様に、カットしたい場面の末尾を探します。
    4. 末尾を決めたら、右下の ボタンをクリック。
    5. あとは、メニューバー上の「編集」から「選択範囲のフレーム削除」を選択すればOK。
      (選択した部分だけを残したい場合は、「選択範囲のフレーム切り出し」を選択)

  13. 動画に、テキスト / 画像 / 動画 / 切替効果 等を合成(拡張編集Plugin )
  14. メニューバー上の「設定」から「拡張編集の設定」を選択します。
  15. 「拡張編集」ウインドウ が立ち上がります。
    「拡張編集」ウインドウは、横軸が時間、縦軸が合成オブジェクトの「Layer」(層)になっています。
    「Layer」はペイントソフトで言うところのレイヤーと同じ概念ですが、その辺のことは気にせずに
    とりあえず操作を行います。
  16. まず、横軸の再生時間を見ながら、なんらかのモノを合成させたい地点をクリックします※9
    (大体の地点をクリックし、それからキーボードの ← → キーで微調整を行うとよい)
    ※9 横軸(再生時間)の拡大率は、 をドラッグすることで調整できる。
  17. 合成開始地点まできたら、「Layer 1」上で右クリック →「メディアオブジェクトの追加」および
    「フィルタオブジェクトの追加」から、合成させたいモノを選択します。
    ここでは、例として「メディアオブジェクトの追加」→「テキスト」を選択したと仮定します。
  18. すると、合成するオブジェクトに関する設定画面 が表示されます。
    ここで、適宜合成オブジェクトの設定を行います。
    「テキスト」の例で言えば、次のような感じです。
    1. 画面最下部のテキスト入力フォームに、合成させたいテキストを入力。
    2. すぐ上にある「MS UI Gothic」等のプルダウンメニューをクリックし、テキストのフォントを
      指定します。
    3. その周辺にあるボタンやプルダウンメニューを使い、テキストの影 / 位置揃え / 太字 / 斜体 /
      文字色 等の設定を行います。
    4. 上のパラメータ設定欄で、テキストの透明度 / サイズ 等を調整しておきます。
      任意のパラメータボタンをクリック → 移動方法を選択する ことで、テキストが段々と変化して
      いくような効果を再現できたりもします※10
      ※10 パラメータの数値を、 “ 左側の値から右側の値へ ” と変化させていくことができる。
      合成するテキストを、移動させたり回転させたりしたい時に便利。
    5. 「AviUtl」上でプレビューされている動画に、入力したテキストが合成されています。
      これをドラッグし、適切な場所に配置しておきます。
  19. 合成するオブジェクトには、フィルタをかけることもできたりします※11
    ※11 合成するテキストや画像に対し、フェード / モザイク / 閃光 等のフィルタをかけることができる
    今回合成するオブジェクトにフィルタをかけたい場合は、次のような操作を行います。
    1. オブジェクト編集画面 の右上にある + ボタンをクリック。
    2. フィルタリストが表示されるので、利用したいフィルタを選択。
    3. 編集画面下部に、フィルタ設定パネル が表示されます※12
      ※12 このパネルは、左端にある ▼ をクリックすることで閉じることができる。
      フィルタ名の前にあるライン上で右クリックすることにより、フィルタを削除することも可能。

      そのままでもOK ですが、必要であれば適宜オプションを設定しておきます。
      オプションの設定方法は、オブジェクトのパラメータ設定方法と全く一緒です。
      (たとえば、フィルタが段々とかかっていくようにすることもできる)
    4. 複数のフィルタをかけたい場合は、同様にして設定を行います。
  20. オブジェクトの設定が終わったら、オブジェクト編集画面は閉じてしまってOK です。
  21. 続いて、「拡張編集」ウインドウの「Layer 1」上に追加された オブジェクトの端をドラッグ し、
    オブジェクトの表示時間を調整しておきます。
    オブジェクト上で右クリック →「削除」を選択することで、オブジェクトを削除することも可能です。
    (オブジェクトをダブルクリックすることで、該当オブジェクトの設定画面を呼び出すことができる)
  22. ここまでが、 “ 一つのモノ ” を合成させる手順です。
    他にも合成させたいものがある場合は、同じようにして合成処理を行っていきます。
    既に何らかのオブジェクトが合成されている時間に、他のオブジェクトを合成させたい場合は、
    「Layer 2」を使います。
    (同様にして、「Layer 3」「Layer 4」... も使える)

  23. 音ズレ補正
  24. メニューバー上の「フィルタ」から、「音声の位置調整」にチェックを入れます。
  25. メニューバー上の「設定」から、「音声の位置調整の設定」を選択。
  26. 「音声の位置調整」というウインドウ が表示されます。
    中央のスライダーをドラッグし、補正する値を指定します。
    音声が遅れて聞こえてきている場合は、 -1000ms のように負の値を指定し、音声が早く聞こえて
    きている場合は、 1000ms のように正の値を指定します。

  27. 動画の保存
  28. メニューバー上の「表示」→「再生ウインドウの表示」を選択し、簡易プレイヤーを呼び出します。
  29. (簡易プレイヤー上の)「表示」をクリック →「ビデオフィルタを無効にする」のチェックを外し
    フィルタ適用後の動画をプレビューしてみます。
  30. 納得いく仕上がりになっていたら、編集した動画を「ファイル」→「AVI 出力」から保存します。
    (出力プラグインを導入している場合は、「プラグイン出力」から)
    尚、保存の際は、ファイルをコーデックで圧縮することも可能です。
    ファイルをコーデックで圧縮する場合、保存画面の左下にある 「ビデオ圧縮」ボタン をクリック →
    圧縮プログラム」欄のプルダウンメニューをクリックし、圧縮の際に使用するビデオコーデックを
    選択します。
    同様に「オーディオ圧縮」も設定し、任意の名前を付けて「保存」をクリックすればOK。
    映像や音声を圧縮したくない場合は、「再圧縮なし」にチェックを入れておきます。
    (ただし、「再圧縮なし」で保存した場合でも、保存した動画はAVI になる)
  31. 編集が終わらなかった場合、現在の作業状態を “ プロジェクト ” として保存しておきます。
    (作業状態を “ プロジェクト ” として保存しておくと、次回編集の続きを行うことができる)
    “ プロジェクト ” の保存を行う場合は、「ファイル」→「編集プロジェクトの保存」を選択し、
    プロジェクトファイルの保存を行えばOK。
    (次回、「ファイル」→「編集プロジェクトを開く」から保存したプロジェクトを開く)

その他、動画の音声入れ替え※13、動画からの音声抽出※14、動画の連結※15... などの機能も
付いています。
※13 「ファイル」→「音声読み込み」から音声ファイルを指定する。
※14 「ファイル」→「WAV 出力」から。
※15 ただし、(おそらく)動画のプロパティ(使用コーデックや画像サイズ、フレームレート等)が
一致していないと、正常に連結することはできない。

 AviUtl 解説サイト
AviUtl実験室

 AviUtl 追加プラグイン
まるも製作所

AviUtlのプラグインType-I(系統別)
トップ音楽・動画関連ソフト動画編集 ソフト AviUtl TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Orchis
シンプルで使いやすいランチャー

 TeamViewer
シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 ImgBurn
高機能かつ多機能なライティングソフト

 xrecode II
多形式に対応したオーディオコンバーター

 Rainmeter
カスタマイズ性の高いリソースメーター

 COMODO Firewall
高機能なファイアウォール

 新着フリーソフト
 Print preview buttonFirefox
ツールバーボタンやホットキーから、“ 印刷プレビュー ” を行えるようにする
 Windows Installation Media Creation Tool
Windows 8.1 のインストールメディアを作成することができるソフト
 Video Logo Remover
動画内のロゴ / 字幕 等を、除去してくれるソフト
 SpecialFolderPathList.hta
特殊フォルダへのリンクを、リスト形式で一覧表示してくれるソフト
 TakeOwnershipPro
アクセスが拒否されて開くことができないファイルやフォルダを、開けるように修復
 ImageFile Dispatcher
フォルダ内に存在する画像を、キー操作やマウス操作で別フォルダに振り分け
スポンサード リンク

AviUtl を紹介しているページです