VirtualMIDISynth

VirtualMIDISynth の概要や使い方を紹介しています

VirtualMIDISynth を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

各種MIDI ツール上で、サウンドフォントを使えるようにする!「VirtualMIDISynth」。

VirtualMIDISynth
制作者 CoolSoft
対応 XP/Vista/7/8/8.1/10

Download

● VirtualMIDISynth

各種MIDI ツール上で、任意のサウンドフォントを音源として使えるようにするMIDI ドライバー。
世界中で配布されているサウンドフォントを、手持ちのMIDI ツール上で使用できるようにしてくれます。
複数のサウンドフォントを組み合わせる機能や、既定のMIDI デバイスを設定する機能(MIDI マッパー)、専用のMIDI ミキサー... などが付いています。

「VirtualMIDISynth」は、MIDI ツール上でサウンドフォント(sf2)を使えるようにするソフトです。
ネット上で入手した任意のサウンドフォントを、各種MIDI ツール上で音源として使えるようにしてくれる... というサウンドフォント対応化ツールです。
操作... というか設定は非常に簡単で、基本的に

  1. 使用したいサウンドフォントを、「VirtualMIDISynth」に登録
  2. 各種MIDI ソフト上で、使用する音源として「VirtualMIDISynth」を選択
するだけ※1
※1 「VirtualMIDISynth」を既定のMIDI デバイスとして設定すれば、音源を変更できないMIDI ツール上でもサウンドフォントを使えるようになる。
これにより、「VirtualMIDISynth」で設定中のサウンドフォントを音源として使えるようになります。
Windows デフォルトの音源は物足りない感じだけれど、ハードウェア音源を買う程のお金はない... などと考えていたりする人におすすめ。
尚、複数のサウンドフォントを組み合わせて使うこともできたりします。
(ただし、状況による)

使い方は以下の通り。

  1. まず、サウンドフォント(「.sf2」ファイル)を入手します。
    フリーのサウンドフォントは至る所で紹介されていますが、VirtualMIDISynth のページ や、まとめWiki などでもいくつか紹介されています。
    セットものの音源としては、「FluidR3_GM※2SGM-V2.01」などが良く使われている?ようです。
    ※2 「FluidR3_GM」は、「sfArk」というフォーマットで圧縮されている。
    これを解凍するには、「sfArk」 という解凍ソフトが必要になる。
    sfArk
    「sfArk」を起動したら、メニューバー上の「File」 → 「Open」から、ダウンロードした「FluidR3_GM.sfArk」を選択 → 「Start」ボタンを押す。
  2. 「VirtualMIDISynth」をインストールします。
  3. インストールが完了したら、スタートボタンをクリック → 「すべてのプログラム」 → 「CoolSoft VirtualMIDISynth」から「Configure VirtualMIDISynth」を選択します。
  4. メイン画面が表示されます。
    VirtualMIDISynth
    そのまま、右上にある + ボタンをクリックし、使用するサウンドフォントを選択します。
  5. 複数のサウンドフォントを使いたい場合は、同様に + ボタンをクリック → サウンドフォントの登録を行います※3
    ※3 サウンドフォントは、上から下へと読み込まれる。
    そのため、同じプログラム番号の音色は、一番下のサウンドフォントの音色で鳴ることになる。
    (音色のプログラム番号が被っていなければ、複数のサウンドフォントを組み合わせることができる)
  6. 複数のサウンドフォントを登録した場合で、読み込ませたくないものがある場合は、該当するもののチェックを外しておきます。
    (逆に、読み込ませたいサウンドフォントにはチェックを入れておく)
  7. 基本的にはこれで設定完了です。
    必要であれば、「MIDI マッパー」タブで「VirtualMIDISynth」を既定のMIDI デバイスとして設定することもできたりします。
    「MIDI マッパー」タブ
    (Windows 8 では、Windows Media Player 用の設定しか行えない模様)
    また、標準では、「VirtualMIDISynth」を使用するプログラムの優先度が “ リアルタイム ” になるように設定されています※4
    ※4 実際には “ 高 ” になる?
    これを回避したい場合は、「オプション」タブを開き、「プロセスの優先度をリアルタイムにする」のチェックを外しておきます。
    「オプション」タブ
  8. 下部の「OK」ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。
  9. あとは、各種MIDI ツール上で、使用する音源を「CoolSoft VirtualMIDISynth」にすればOK です。
     「Domino」の例
    設定画面
    「VirtualMIDISynth」で設定済みのサウンドフォントが、音源として使えるようになっています。
    MIDI ツール上で音源設定を行えない場合は、「VirtualMIDISynth」を既定のMIDI デバイスとして設定すればOK です。

その他、MIDI ツール上でホットキー “ 「Ctrl」+「Alt」+「M」 ” を押すことにより、専用のミキサーを表示させることもできたりします※5

専用のミキサー
(ミキサーを使うと、各トラックの音量やマスターボリュームを調整することができる)
※5 トレイアイコンをクリック → 「MIDI ミキサーを開く」を選択してもよい。
ホットキーは、設定画面の 「ショートカット」タブ で変更することができる。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の作曲ソフト
 TuxGuitar

タブ譜(TAB 譜)& 五線譜 を使って作曲することができるソフト

 Domino

高機能かつ使いやすいMIDI シーケンサー

 MuseScore

高機能かつ使いやすい作曲&楽譜作成ソフト

VirtualMIDISynth TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 HandBrake

DVD / Blu-ray 等の動画を、MP4 / MKV に変換

 IrfanView

多機能なマルチメディアビューア

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 Run with priority context menu

アプリケーションを、特定の優先度で起動できるようにする右クリックメニュー拡張ツール

 EdgeDeflector

Cortana のウェブ検索結果を、Microsoft Edge ではなく既定のブラウザで開けるようにするソフト

 CompactGUI

指定したフォルダを、普通に使える状態のまま圧縮できるようにするソフト

 DateFix

JPEG ファイルの更新日時を、EXIF 情報内に記録されている “ 撮影日時 ” と合わせてくれるソフト

 IP-Info

使用しているパソコンのグローバル IP アドレス&プライベート IP アドレス を表示してくれるソフト

 Advanced System Font Changer

Windows のシステムフォントを、任意のものに変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Pasteasy

パソコン ⇔ iPhone / iPad / Android 間で、クリップボードの中身を共有

 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

VirtualMIDISynth を紹介しているページです