Emsisoft Anti-Malware

Emsisoft Anti-Malware の概要や使い方を紹介しています

Emsisoft Anti-Malware を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

トロイの木馬対策には「Emsisoft Anti-Malware」。

Emsisoft Anti-Malware
制作者 Emsi Software GmbH
対応 XP/Vista/7/8

Download (通常版)
Download (ポータブル)

● Emsisoft Anti-Malware

非常駐監視型のアンチマルウェア。
ウイルス、トロイの木馬、バックドア、ワーム、ボット、ダイヤラ、ハイジャッカー、キーロガー、アドウェア,
偽アンチスパイウェア、リスクウェア... 等々を、検出 / 削除 / 検疫 することができるセキュリティソフトです.
除外ファイルの登録、右クリックメニューからのマルウェアスキャン、ADS (Alternate Data Streams) 内の
マルウェアスキャン、ヒューリスティックスキャン... などの機能が付いています。

「Emsisoft Anti-Malware」は、非常駐監視型のアンチマルウェアです。
パソコン内部に潜伏している各種マルウェア / スパイウェア 等を検出&削除 し、コンピュータをクリーンに
してくれる... という非常駐タイプのセキュリティソフトです。
(検出されたファイルを「削除」するのではなく、「隔離」することも可能)
スキャンエンジンがダブルエンジン※1 になっているところが最大のポイントで、単なるアンチウイルス /
アンチスパイウェア よりも、強力な検出率を期待できるようになっています※1
※1 「Emsisoft Anti-Malware Engine」+「Ikarus - Anti-Virus Engine」。
強力ではあるが、誤検出がそこそこ多いのと、ウイルスではない “ リスクウェア ” も検出するので、
削除する際には注意が必要。

インターフェースは日本語な上、基本的にシンプルなソフトなので簡単に使えると思います※2
※2 シンプルなソフトというか、フリー版は機能が少ないだけ...
フリー版では、常駐保護(バックグラウンドガード)、スケジュールスキャン、自動アップデート が使えない。

使い方は以下のとおり。
ポータブル版である「Emsisoft Emergency Kit」は、機能がいくらか削られています。
(右クリックメニューからのスキャンが行えない等)

Emsisoft Anti-Malware 初期設定の方法

    定義ファイルのアップデート
  1. 「a2start.exe」を実行します。
    ポータブル版を使用している場合は、「start.exe」を実行 →「Emergency Kit Scanner」を
    選択します。
    (もしくは、「Run」フォルダ内にある「a2emergencykit.exe」を実行する)
  2. メイン画面が表示されます。
    まず、中央の「今すぐアップデート」(「Update now」)ボタンをクリックし、定義ファイルの
    アップデートを行います※3
    ※3 ポータブル版を使用している場合、初回起動時に 「アップデートを行いますか?」画面
    表示されるので、「はい」を選択してアップデートを行っておく。

    この作業を行わないと、最新のマルウェアを検出できないので注意。

  3. スキャンを行う
  4. アップデートが済んだら、画面左のツールバーにマウスカーソルを合わせて「PC をスキャン」を
    選択します※4
    ポータブル版を使用している場合は、画面左上の「Menu」タブにマウスカーソルを合わせて
    「PC をスキャン」を選択。
    ※4 アップデート完了後、「Emsisoft Anti-Malware」の再起動が必要になる場合もある。
    その場合、「Emsisoft Anti-Malware」を再起動させた後、メイン画面左にある「PC をスキャン」を
    選択する。
  5. 「コンピュータのクリーン」という画面 が表示されます。
    ここで、実行するスキャンの方法を選択します。
    「Emsisoft Anti-Malware」のスキャン方法には、
    • クイックスキャン
      実行中のプログラム、レジストリ内のスパイウェア、そしてトラッキングクッキー をスキャン。
    • スマートスキャン
      クイックスキャンに加え、重要なフォルダもスキャンします。
    • ディープスキャン
      ディスク上のファイル全てをスキャンします。
    • カスタムスキャン
      スキャン対象とするフォルダや、検出対象とするマルウェア(の種類)を個別に選択し、
      スキャンを行います。
      (処理対象とするフォルダは、複数指定することができる)
    の 4 つがあり、状況に応じて使い分けられるようになっています。
  6. スキャン方法を選択したら、右下の「スキャン」ボタンをクリック。
  7. スキャンが実行されるので、そのままじっくりと待ちます。
    「カスタムスキャン」を選択していた場合のみ、スキャン設定画面 が表示されます。
    ここで、
    • スキャンする場所※5
    • スキャンするオブジェクト
    その他各種設定を行い、「次へ」ボタンをクリックします。
    ※5 「フォルダの追加」ボタンをクリックし、スキャン対象とする場所を選択する。
    デフォルトで全てのドライブが登録されているが、これらは「フォルダの削除」ボタンをクリックして
    削除してもよい。
  8. スキャンが終了すると、検出されたファイルが種類ごとにリスト表示されます※6
    ※6 検出されたファイルのパスを確認する時は、それぞれの項目名の下にある + をクリックする。
    検出されたファイルは誤検出である可能性もあるので、確実にマルウェアであると分かっている
    もの以外は、誤検出でないか一応調べておくことをお勧めします。
    (トラッキングクッキーは、普通に削除してもOK )
    ファイルがマルウェアであるかどうか調べるには、
    • ファイル名 ウイルス
    • ファイル名 誤検出
    などのキーワードでWeb 検索してみたり、オンラインスキャン でチェックしてみたりすると
    よいでしょう。
  9. 誤検出のものがあった場合は、該当のアイテムにチェックを入れて右クリック →
    「ホワイトリストに追加」を選択します。
    (ファイルをホワイトリストに登録すると、次回から間違って検出されなくなる)
    誤検出なのかどうか分からないものがある場合は、そのアイテムにチェック → 画面左下にある
    選択したオブジェクトを検疫」ボタンをクリックします※7
    ※7 ファイルを、隔離して実行できないようにする機能。
    隔離したファイルは、左メニューの「検疫」から復元 / 削除 することができる。

    確実にマルウェア / スパイウェア であると分かっているものは、チェックを入れて
    選択したオブジェクトを削除」ボタンをクリックします。
    隔離したアイテムの管理
  1. 左メニュー内の「検疫」を選択。
  2. 隔離されているアイテムが、リスト表示されます
    もし、安全であると判明したアイテムが存在する場合、該当のものを選択 → 右下の
    「レストア」(「Restore」)ボタンをクリックします。
    逆に、危険なものであると判明したアイテムが存在する場合は、該当のものを選択 → 右下の
    「削除」(「Delete」)ボタンをクリックします。
    ホワイトリストに、ファイル / フォルダ を登録
  1. 左メニュー内にある「PC をスキャン」を選択。
  2. 画面左下にある「ホワイトリストの管理」というリンクをクリックします。
  3. すると、現在 ホワイトリストに登録されているアイテムがリスト表示されます
    まず最初に、「種類」欄を一回クリックし、右側に表示される 矢印 をクリック →「ファイル」or
    「フォルダ」を選択します。
  4. 次に、「アイテム」欄を一回クリックし、右の方に表示される ... をクリック → リストに登録したい
    ファイル / フォルダ を選択します。
  5. 他にも登録したいアイテムがある場合は、同じようにして登録処理を行います。
    アイテムをリストから削除したくなったら、該当アイテムの右端にある × ボタンをクリックします。
    (「削除してもいいですか?」というダイアログが表示されるので、「はい」を選択する)

その他、現在実行中のプロセス / サービス や、スタートアップアイテム / エクスプローラアドオン※8 等の
管理を行うことができる 「HiJackFree」というソフト も付いています。
※8 IE ツールバー、シェルエクステンション、ブラウザヘルパーオブジェクト(BHO)等。

尚、無料版でも、一部の常駐監視機能が有効になるようです。
しかし、この機能は不審なファイルを自動的に検疫してしまうため、使い勝手が非常に悪いです。
もし、普段使用しているファイルが急になくなった or 機能しなくなった と気付いたら、該当のファイルが
検疫されていないか確認し、もし検疫されていたらファイルを「レストア」→ ホワイトリストにファイル or
フォルダ を追加... といった処理を行っておくとよいでしょう。

トップセキュリティソフトスパイウェア対策・駆除ソフト Emsisoft Anti-Malware TOP
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 ImgBurn
高機能かつ多機能なライティングソフト

 Orchis
シンプルで使いやすいランチャー

 ffdshow
各種動画ファイルを再生できるようにするソフト

 xrecode II
多形式に対応したオーディオコンバーター

 COMODO Firewall
高機能なファイアウォール

 Domino
高機能かつ使いやすい作曲ソフト

 新着フリーソフト
 Batch Audio Silence Remover
音声ファイルの先頭 or 末尾 にある無音区間を、自動で検出して削除
 MEGAsync
パソコン内の特定フォルダと、「MEGA」の内容を自動で同期してくれる
 MEGA
無料で 50GB まで使える大容量クラウドストレージ
 UndoName
OneDrive からダウンロードしたファイルの名前を、正しく修正してくれる
 dhIMG Instagram
特定のInstagram ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
 dhIMG Twitter
特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
スポンサード リンク

Emsisoft Anti-Malware を紹介しているサイトです