Ease Of Access Replacer

Ease Of Access Replacer の概要や使い方を紹介しています

Ease Of Access Replacer を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ログオン画面 / ロックスクリーン のスクリーンショットを撮る!「Ease Of Access Replacer」。

Ease Of Access Replacer

● Ease Of Access Replacer

Windows 7 / 8 上で、ログオン画面ロック画面 のスクリーンショットを撮れるようにするソフト。
一般的なスクリーンキャプチャーツールでは撮ることのできない “ ロック画面 ” や “ ログオン画面 ” のスクリーンショットを、ログオン画面上から簡単に撮影できるようにしてくれます。
ログオン画面上から、コマンドプロンプト / Powershell / レジストリエディタ / ファイル名を指定して実行 / タスクマネージャー を起動できるようにする機能も付いています。

「Ease Of Access Replacer」は、ロック画面 / ログオン画面 専用のスクリーンキャプチャーツールです。
ログオン画面の左下にある ボタンを、スクリーンキャプチャーツールに置き換える... という特殊なキャプチャーツールで、ログオン画面上から直接ロックスクリーンやログオン画面のスクリーンショットを撮れるようにしてくれます※1
(Windows 7 の場合は ボタンから)
※1 ロックスクリーンのキャプチャは、Windows 8 のみ。
できることは “ スクリーンショットの撮影 (全画面) ” のみで、キャプチャ領域を選択したり遅延キャプチャを行ったりすることはできませんが、その分超簡単に使えるようになっています。
ちなみに、 ボタンから

  • コマンドプロンプト
  • Powershell
  • レジストリエディタ
  • ファイル名を指定して実行
  • タスクマネージャー
を起動できるようにする機能も付いています。

使い方は以下の通り。

    下準備 - バックアップ作業
  1. エクスプローラで「C:¥Windows¥System32」フォルダを開きます。
  2. 「Utilman.exe」を、他のフォルダ内にコピーしておきます。
    (検索フォームに「Utilman」と入力するとよい)
  3. 「Ease Of Access Replacer」は、上記ファイル(「Utilman.exe」)の書き換えを行います。
    心配な場合は、復元ポイントも作成しておくとよいでしょう。

  4. インストール
  5. 「EOAR Setup.exe」を右クリックし、「管理者として実行」します。
  6. メイン画面 が表示されます。
    そのまま、右下にある「Install」ボタンをクリックします。
    復元ポイントを作成するオプションもありますが、これは動作しないこともあるようです※2
    ※2 私の環境では、このオプションにチェックを入れても復元ポイントは作成されなかった。
    (Windows 8 Pro 32bit | Windows 7 Home Premium 64 bit )
    復元ポイントを作成したい場合は、手動で作成する方が確実。
  7. コマンドプロンプトが二回立ち上がり、これらがどちらも消えたらインストール完了です。
    (「インストール完了!」などのダイアログは表示されません)
    右下の「Close」ボタンをクリックします。
    スクリーンショットを撮る
  1. “「Win」+「L」” を押すなどして、パソコンをロックさせます。
  2. Windows 8 を使用している場合は、マウスクリックするかキータイプするかして、ロック画面を開けます。
  3. ログオン画面の左下にある ボタンをクリック。
    (Windows 7 の場合は ボタン)
  4. メニューが表示されます
    あとは、実行したいコマンドを選択すればOK です。
    実行できるコマンドには、下記のようなものがあります。
    • LogonScreen Screenshot - ログオン画面のスクリーンショットを撮る※3
    • LockScreen Screenshot - ロック画面のスクリーンショットを撮る (Windows 8 のみ) ※3
    • Command Prompt - コマンドプロンプトを起動
    • Powershell - Powershell を起動
    • Registry Editor - レジストリエディタを起動
    • Run Dialog -  “ ファイル名を指定して実行 ” を起動
    • Task Manager - タスクマネージャーを起動
    ※3 キャプチャ画像は、PNG 形式で「C:¥Screenshots」内に保存される。
    尚、ロック画面のスクリーンショットを撮る場合は、「LockScreen Screenshot」を選択してから 1 分くらい何もせずにじっと待つ必要があります。
    (ログオン画面がロック画面に切り替わってから、さらに少し待つ)
    ついでに、キャプチャ完了時に「キャプチャ完了!」ダイアログが表示されないことが多い?ようなので、適当な頃合をみてログインして下さい。
    アンインストール
  1. 「EOAR Setup.exe」を右クリックし、「管理者として実行」します。
  2. メイン画面が表示されます。
    あとは、右下にある「Unstall」ボタンをクリックすればOK です。
    もし、 等のエラーダイアログが表示されたら、下記手順で手動アンインストールを行って下さい※4
    ※4 ロック画面上で ボタンを押してみて、機能が元に戻っていればアンインストールは行われている。
    (Windows 7 の場合は ボタン)
    手動でアンインストール
  1. エクスプローラで「C:¥Windows¥System32」フォルダを開きます。
  2. 「Utilman.exe」を削除します。
    (検索フォームに「Utilman」と入力するとよい)
  3. あとは、「Utilman.bak」を「Utilman.exe」にリネームすればOK。
    「Utilman.bak」がない場合は、バックアップしておいた「Utilman.exe」を、「System32」内にコピーすればOK です。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のスクリーンキャプチャーツール
 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 Screenpresso

高度な画像編集機能を備えたスクリーンキャプチャーツール

Ease Of Access Replacer TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 PngOptimizer

PNG / GIF / BMP / TGA ファイルを、画質劣化なしに軽量化してくれるソフト

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 Win Updates Disabler

Windows Updates の有効化 / 無効化 を、手軽に切り替えられるようにする

スポンサードリンク

Ease Of Access Replacer を紹介しているページです