Thumbuilder

Thumbuilder の概要や使い方を紹介しています

Thumbuilder を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

装飾付きのサムネイルを簡単に作成!「Thumbuilder」。

Thumbuilder
制作者 @kz
対応 XP/Vista/7

Download

● Thumbuilder

各種画像ファイルを、枠 / 縁取り / 影 付きのサムネイルに一発変換してくれるソフト。
ドラッグ&ドロップで登録した画像ファイルを元に、綺麗な装飾付きのサムネイルを作成することができます。
作成するサムネイルのサイズを指定する機能や、枠 / 縁 の色を設定する機能、画像を回転させる機能、影のパラメータ(位置、濃さ など)を調整する機能、シャープネス / ガンマ補正 といったエフェクトをかける機能... 等も付いています。

「Thumbuilder」は、画像を装飾付きのサムネイルに変換してくれるソフトです。
BMP / JPEG / GIF / PNG / TIFF といった画像ファイルを元に、枠 / 縁取り / 影(ドロップシャドウ)付きのサムネイルを一発生成してくれる... というサムネイルビルダーで、複数のファイルをまとめて処理できるところが最大の特徴。
操作はドラッグ&ドロップで手軽に行うことができ、またフォルダ内のファイルを一括して処理することも可能となっています。
普段、Web サイトやブログに、サムネイルをアップしたりすることがある人におすすめです。
ちなみに、

  • 付加する枠 / 縁 の色
  • 影の位置、ぼかし強度、濃さ
を設定する機能や、画像に回転 / シャープネス / ガンマ補正 といったエフェクトをかける機能 も付いていたりします※1
※1 画像のサイズを変えずに、装飾のみを付加することもできる。
 作成したサムネイルの例
サムネイル

使い方は以下のとおり。

  1. 「Thumbuilder.exe」を実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Thumbuilder
    まず、画面上部の「ファイル一覧」という部分に、サムネイル化したい画像ファイルをドラッグ&ドロップします。
    (画像の入ったフォルダをドロップしてもOK)
    Thumbuilder
  3. 画面中段の左側にある「サイズ」という枠の中で、
    • 画像サイズ※2 - 作成するサムネイルのサイズ
    • 拡大 - 元の画像が設定サイズよりも小さい場合、拡大を行う
    • 縦横比固定 - アスペクト比を維持する
    といったオプションの設定を行っておきます。
    ※2 「縦横比固定」にチェックを入れていた場合、横長の画像なら幅のサイズでリサイズされ、縦長の画像なら高さのサイズでリサイズされる。
    (もう一方の値は、最適な値に自動決定される)
    「拡大」も行う場合、「画像サイズ」は絶対値ではなく目標値になる。
    (縦横比を崩さないようにして、「画像サイズ」に近づけてリサイズする)
  4. その右側にある「スタイル」「効果」欄で、装飾に関する設定を行っておきます。
    ここでは、
      スタイル
    • 枠線 - 枠線の有無&色
    • 縁付き - 縁の有無&色
    • 回転 - 傾ける角度
      効果
    • ドロップシャドウのON / OFF
    • オフセット - 影の位置
    • 拡散 - ぼかしの強さ
    • 濃淡 - 影の濃さ
    • 背景色
    • シャープネス
    • ガンマ補正
    といったオプションの設定を行うことができます。
  5. 必要に応じて、画像の縮小アルゴリズムの設定を行うこともできます。
    縮小アルゴリズムの設定を行う時は、メニューバー上の「設定」から「全般」を選択し、上部の「縮小アルゴリズム」欄でアルゴリズムの選択を行います。
    設定・全般
    アルゴリズムは、
    • Lanczos3
    • Area averaging
    • GDI+ High Quality Bicubic (default)
    • GDI+ High Quality Bilinear
    の中から選ぶことができます。
  6. 最後に、画面左下の「出力」欄で
    • フォーマット - 作成するサムネイルのフォーマット
    • 出力ディレクトリ
    • プレフィックスを付加※3
    • 元の拡張子を残すかどうか
    を設定し、右下にある「作成」ボタンをクリックします。
    ※3 ファイル名の先頭に、“ 日時 + 連番 ” を付加する。
  7. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されます。
    ここで、サムネイルの出力先フォルダを選択します。
  8. JPEG で出力する場合、画質設定ダイアログが表示されるので、適宜画像品質を設定しておきます。
    画質設定ダイアログ
    PNG で出力する時は圧縮率設定ダイアログが表示されるので、適当な圧縮率を設定しておきます。
    圧縮率設定ダイアログ
  9. サムネイルの作成処理が開始されるので、しばらく待ちます。
  10. 少し待ち、「完了」というダイアログが表示されたら処理完了です。
  11. 尚、現在の設定内容は、プロファイルとして保存しておくこともできます。
    設定内容の保存を行う時は、メニューバー上の「設定」 → 「保存・復元」から「名前を付けて保存」を選択 → 「設定に名前を付けて保存」というダイアログが表示されるので、適当なプロファイル名を入力して「OK」ボタンをクリックします※4
    設定に名前を付けて保存
    ※4 保存したプロファイルを読み込む時は、メニューバー上の「設定」 → 「保存・復元」から「読込み」を選択し、目的のプロファイルを選択する。
    保存された設定

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Thumbuilder TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Oracle VM VirtualBox

任意の OS を実行可能な “ 仮想PC ” を作成できる

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 MediBang Paint Pro

高機能かつ使いやすいイラスト&マンガ制作ソフト

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 SmoothVideo Project (SVP)

各種動画ファイルを、フレーム補完して 60fps で再生できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 ProduKey

Windows のプロダクトキーを、リストに一覧表示してくれるソフト

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 Fy Memo ~お手軽付箋メモ~

超シンプルで使いやすい付箋ツール

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

スポンサードリンク

Thumbuilder を紹介しているページです