XnRetro

XnRetro の概要や使い方を紹介しています

XnRetro を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

画像を、 “ レトロな写真 ” 風に加工する!「XnRetro」。

XnRetro

● XnRetro

画像を、 “ レトロな写真 ” 風に加工してくれるソフト。
あらかじめ用意されたプリセットの中から好きなものを選ぶだけで、画像を “ 色あせた昔の写真 ” 風に加工することができます。
レトロエフェクトに加えて、「ライト / 口径食 / フレーム」といったフィルタを合成する機能や、画像を左右に回転させる機能、画像をFlickr / Facebook / Imgur / TwitPic 等にアップロードする機能 も付いています。

「XnRetro」は、画像をレトロな写真風に加工してくれるソフトです。
指定した画像ファイルを、 “ 色あせた昔の写真 ” 風に加工してくれるフォトレタッチツールで、プリセットを選択するだけで簡単に使えるところが最大の特徴。
プリセットは 20 種類用意されていて、必要であれば詳細なパラメータも調整できるようになっています。
また、加工した画像には ライト / 口径食※1 / フレーム といったフィルタを合成できたりもするので※2、同じ画像でも様々なタイプのものを作ることができると思います。
※1 周辺光量を落とすエフェクト。
※2 これらに関しても、あらかじめ用意されたプリセットを選択するだけでよい。
(ライトは 15 種類、口径食は 5 種類、フレームは 30 種類用意されている)
レトロエフェクトをかけずに、これらのエフェクトのみをかけることもできる。

加工した画像は、JPEG / PNG ファイルとして出力することができます。
( Flickr / Picasa / Facebook や、Imgur / ImageShack / TwitPic 等にアップロードすることもできる)

使い方は以下のとおり。

  1. 「XnRetro.exe」を実行します。
  2. メイン画面 が表示されます。
    加工したい画像ファイルを、画面中央にドラッグ&ドロップ。
  3. 必要であれば、ツールバー上の
    • Zoom in - ズームイン
    • Zoom out - ズームアウト
    • Zoom 1:1 - オリジナルサイズ
    ボタンを使い、画像の表示サイズを調整しておきます。
    尚、デフォルトでは、画像が正方形にリサイズされるようになっています。
    これを回避したい場合は、右側のパネル上部にある「Spuare output」のチェックを外します。
  4. 画面下部にあるサンプル画像 ( Retro1 ~ Retro 20 ) をクリックし、適用したいエフェクトの選択を行います。
  5. レトロ以外のエフェクトもかけたい場合は、下部にあるタブを に変えて、さらなるエフェクト効果を指定しておきます。
  6. 必要であれば、画面右側にあるパネルでエフェクトのパラメータを調整しておきます。
    ここでは、
    • Brightness - 明るさ
    • Contrast - コントラスト
    • Gamma - ガンマ
    • Exposure - 露光
    • Saturation - 彩度
    • Red balance - 赤のバランス
    • Green balance - 緑のバランス
    • Blue balance - 青のバランス
    • Noise - ノイズ
    • Vignetting - 「口径食」エフェクトの強さ
    • Light opacity - 「Light」エフェクトの透明度
    を調整できるようになっています。
  7. その他、ツールバー上にあるボタンを使うことで
    • Rotate clockwise - 右回りに 90 度回転
    • Rotate counter clockwise - 左回りに 90 度回転
    といった操作を行うことも可能です。
    操作内容を全てリセットしたい時は、 Rotate clockwise ボタンをクリックします。
  8. 納得いく仕上がりになったら、ツールバー上の Save ボタンをクリックし、ファイルの保存を行います。
    Save ボタンの右にある ▼ をクリックすることで、大きい画像の出力サイズを設定することもできたりします※3
    (右パネル上部にある「Spuare output」のチェックを外している場合、この設定は反映されない)
    ※3 「Small」= 256 x 256 「Normal」= 512 x 512 「Large」= 600 x 600。
    リサイズは、縮小のみで拡大はされない。

    画像をWeb サービスに直接アップロードしたい時は、ツールバー上の Share ボタン右にある ▼ をクリックし、目的のサービスを選択します。
    (アカウントの認証が必要なサービスもあります)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の画像編集・加工ソフト
 JTrim

高機能でありながらも使いやすいレタッチソフト

 PhotoFiltre

MDI 型の高機能レタッチソフト

 BeFunky

超多機能な画像編集サービス

 同作者による画像ビューア
XnView

 同作者による画像変換&編集ソフト
XnConvert
XnRetro TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Macrium Reflect Free Edition

指定したドライブを、丸ごと完全にバックアップ

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 Bulk Resize Photos

大量の画像ファイルを、高速に一括リサイズしてくれるウェブサービス

 Twitter as a Sidebar

Firefox のサイドバー内に、Twitter を表示できるようにするアドオン

 Imagine

ドラッグ&ドロップで放り込んだ JPEG / PNG ファイルを、画質劣化なしに圧縮してくれるソフト

 バックアップと同期

PC 内のファイルを、Google ドライブ / Google フォト に自動でバックアップできるようにするソフト

 White Noise

豊富な自然環境音を利用可能な、リラックスミュージック専用の音楽プレイヤー

 WordPress Theme Detector

指定した WordPress サイトで使われているテーマとプラグインを、一発調査してくれるウェブサービス

 おすすめフリーソフト
 WUMT Wrapper Script

Windows Update を、完全手動で行えるようにするソフト

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

スポンサードリンク

XnRetro を紹介しているページです。