SmoothVideo Project (SVP)

SmoothVideo Project (SVP) の概要や使い方を紹介しています

SmoothVideo Project (SVP) を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

フレーム補完を行い、動画を滑らかに再生できるようにする!「SmoothVideo Project (SVP)」。

SmoothVideo Project (SVP)
制作者 SVP Team
対応 -

Download (SVP 4 Free )

● SmoothVideo Project (SVP)

    PotPlayer の設定
  1. 「PotPlayer」を実行し、メイン画面上で右クリック → 「環境設定」を開きます。
  2. 左メニュー内の「フィルター制御」 → 「グローバルフィルタ優先度」を開き、画面右側にある「登録フィルターを追加」ボタンをクリックします。
    「登録フィルターを追加」ボタンをクリック
  3. 「システムデコーダーに追加」という画面が表示されるので、「ffdshow raw video filter」を選択して「OK」ボタンをクリックします。
    「ffdshow raw video filter」を選択
  4. 「カスタムフィルターの管理」欄に、「ffdshow raw video filter」が登録されます。
    「ffdshow raw video filter」を選択 → 右下の「優先度」欄で「優先」を選択
    これを選択し、右下の「優先度」欄で「優先」を選択します。
  5. 続いて、左メニュー内の「フィルター制御」 → 「映像デコーダ」を開き、画面下部にある「内部コーデック / DXVA 設定」ボタンをクリック。
    「内部コーデック / DXVA 設定」ボタンをクリック
  6. 右上の「DXVA を使用」にチェックを入れ、右下の「DXVA2 Copy-Back」欄で「自動選択」を選択します。
    「DXVA2 Copy-Back」を「自動選択」に
  7. madVR」もインストールした場合は、左メニュー内の「映像」を開き、「映像レンダラー」欄で「Madshi ビデオレンダラー」を選択します。
    「映像レンダラー」欄で「Madshi ビデオレンダラー」を選択
    「madVR」を使って動画再生に負荷がかかる場合は、「EVR カスタム設定」などに戻した方がよいでしょう。
  8. 「Reclock」をインストールした場合& 32bit 版の「PotPlayer」を使用している場合、左メニュー内の「音声」を選択し、「音声レンダラー」を「Reclock Audio Renderer」にしておきます。
    「音声レンダラー」をReclock Audio Renderer」に
    ただし、動画再生時に「Reclock」の使用を問うダイアログが表示されるので、ひょっとするとこの設定は不要かも?しれません。
  9. 画面右下の「OK」ボタンをクリックし、オプション画面を閉じます。
    Windows Media Player の設定
  1. Codec Tweak Tool」をダウンロードして実行します。
  2. メイン画面が表示されます。
    Codec Tweak Tool
    まず、画面中段の右側にある「Preferred splitters」ボタンをクリックします。
  3. 「Manage preferred DirectShow source filters」という画面が表示されます。
    Manage preferred DirectShow source filters
    「SVP」の機能を有効化させたい拡張子の欄で、「LAV Splitter」にチェック → 右下の「Apply & Close」ボタンをクリックします。
  4. 続いて、画面左下にある「Preferred decoders」ボタンをクリック。
    Codec Tweak Tool
  5. 「Preferred DirectShow decoding filters in Windows 7/8/8.1/10」という画面が表示されます。
    Manage preferred DirectShow source filters
    「SVP」の機能を有効化させたい拡張子の欄で、「ffdshow」にチェック → 右下の「Apply & Close」ボタンをクリックします。
  6. 公式サイトではこれで設定完了のような感じでしたが、私の環境ではさらに「Media Foundation」を無効化させる必要がありました。
    「Windows Media Player」上で「SVP」が有効にならない場合は、画面下部の「Media Foundation」をクリック → 「SVP」の機能を有効化させたい拡張子にチェックを入れておきます。
    (「Disable for these formats」にチェックを入れると、すべてにチェックが入ります)
    Codec Tweak Tool
    Media Foundation
  7. 設定が終わったら、右下の「Apply & Close」ボタンをクリック → 「Codec Tweak Tool」を閉じます。
  8. 32bit 版の「Windows Media Player」で動画再生を行うと、「SVP - 4GB パッチの適用」というダイアログが表示されます。
    SVP - 4GB パッチの適用
    これは、対象のメディアプレイヤー上で 4GB 以上のファイルを読み込めるようにするパッチのようです。
    「パッチを適用する」ボタンを押すとパッチを適用できるようですが、私の環境ではエラーが表示されてパッチをあてることができませんでした...
    (「Windows Media Player」がシステムフォルダ内にあるから?)
    Reclock の設定
  1. 「Reclock」をインストールした場合、32bit 版のメディアプレイヤーで動画再生を行う際に「Use Reclock with PotPlayerMini?」というダイアログが表示されます。
    Use Reclock with PotPlayerMini?
    これが表示されたら、
    • Yes, this time
      今回は「Reclock」を使う
    • No, not this time
      今回は「Reclock」を使わない
    • Yes, always (don't ask again)
      このプレイヤーでは、常に「Reclock」を使う
    • No, never (don't ask again)
      このプレイヤーでは、常に「Reclock」を使わない
    のいずれかを選択します。
  2. 「Yes, always (don't ask again)」「No, never (don't ask again)」を選択した場合で、あとから選択内容を変更したくなったら、「Reclock」のインストールフォルダ内にある「Config.exe」を実行 → 画面右上にある「Advanced settings」タブを開き、下部のプルダウンメニューをクリック → 設定変更を行うプレイヤーを選択し、右下の「Delete」ボタンをクリックします。
    「Config.exe」
    (「Delete」ボタン上のプルダウンメニューで挙動内容を選択してもよい)
    動画を倍速再生
  1. 以後、各種メディアプレイヤー上で動画を再生すると、「SVP」によるフレーム補完が有効になっています。
    「SVP」の機能が有効になっている場合、次のような特徴が現れます。
    • 動画再生時に、一瞬 OSD が表示される(無効化可能)
      OSD が表示される
    • タスクトレイ上に、 ffdshow のアイコンが表示される
      ffdshow のアイコンが表示される
    • 「SVP」のコントロールパネル左下の表示が、「アクティブな動画 : なし」から「自動」に切り替わる
      「アクティブな動画 : なし」から「自動」に切り替わる
    これらの現象が表れない場合、「SVP」が有効になっていません。
    「ffdshow」「Avisynth」がインストールされていないか、プレイヤーか「Codec Tweak Tool」の設定が適切に行われていない可能性があります。
  2. 尚、タスクトレイアイコンを右クリック → 「一時的に SVP を無効にする」を選択することで、「SVP」の機能を一時的に無効化させることもできたりします。
    トレイアイコンのメニュー
    オプション設定
  1. タスクトレイ上の「SVP」アイコンをダブルクリックすると、「SVP」のコントロールパネルを表示させることができます。
    コントロールパネル
    画面上部のスライダーをドラッグすることにより、動画品質と再生パフォーマンスのバランス調整を行うことができます。
    スライダーを右にドラッグするほど動画品質が向上しますが、その分動作が重くなります。
    スライダーを左にドラッグするほど再生は軽くなりますが、その分動画品質が犠牲になります。
  2. ちなみに、左下の「最適化種別」欄では、「SVP」の機能を
    • Film - 実写
    • Animation - アニメーション
    向けに最適化することができ、右下の「Artifacts masking」欄では、ノイズ軽減効果の強度を調整することができます。
    (ノイズ軽減効果を強くすると、動画の滑らかさが失われる模様)
  3. その他、デフォルトでは
    • 動画再生時に、OSD を表示する
    • 動画の黒べた部分を、自動でカット
    • 動画フレームの外枠を、光らせる
    といった機能が有効になっています。
    これらの機能を無効化させたい時は、下記のような操作を行います。
      OSD を非表示に
    • タスクトレイアイコンを右クリック → 「アプリケーション設定」 → 「OSD メッセージを表示」のチェックを外す。
      「OSD メッセージを表示」のチェックを外す
      黒べたを自動でカットしない
    • タスクトレイアイコンを右クリック → 「ビデオフレーム」 → 「黒べたを自動検出してカット」のチェックを外す。
      「黒べたを自動検出してカット」のチェックを外す
      動画フレームの外枠を、光らせない
    • タスクトレイアイコンを右クリック → 「外枠のライティング」 → 「無効にする」を選択。
      「外枠のライティング」 → 「無効にする」を選択
    こういった機能の ON / OFF は、ホットキーで切り替えることも可能となっています。
    ホットキーの設定
    上記のホットキー設定画面は、タスクトレイアイコンを右クリック → 「アプリケーション設定」 → 「キーボードショートカットの編集」から呼び出すことができます。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のメディアプレイヤー
 Media Player Classic - Homecinema

スタンダードなインターフェースの高機能マルチメディアプレイヤー

 VLC media player

極めて多くのフォーマットに対応したマルチメディアプレイヤー

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

SmoothVideo Project (SVP) TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 LAV Filters

ほとんどの動画を再生できるようにするソフト

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 ポップアップブロッカー

“ ブロックできないポップ ” をブロック可能にする Chrome 拡張

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

スポンサードリンク

SmoothVideo Project (SVP) を紹介しているページです