CP Services Groups

CP Services Groups の概要や使い方を紹介しています

CP Services Groups を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Windows サービスを、グループ分けして一括管理できるようにする!「CP Services Groups」。

CP Services Groups

● CP Services Groups

複数のWindows サービスを、グループ分けしてまとめて管理できるようにするソフト。
様々な条件別にWindows サービスをグループ分けし、グループ内のサービスをまとめて開始 / 停止 / 一時停止 できるようにしてくれます。
サービスアプリを状態別に絞り込み表示する機能や、サービスアプリをインクリメンタルサーチする機能、グループ内に登録されているサービスの起動方法を、一括設定する機能 等が付いています。

「CP Services Groups」は、複数のWindows サービスをまとめて管理できるようにするソフトです。
現在インストールされているWindows サービスを、用途や使用頻度別にグループ分けし、各グループに登録されているサービスをまとめて

  • 開始
  • 一時停止
  • 停止
できるようにしてくれます。
作成したグループ内にはサブグループを作成することもでき、また各グループに登録されているサービスの起動方法※1 も一括設定できるようになっています。
※1 Windows 起動時に自動で起動 / 手動で起動 / 停止 の中から選べる。
加えて、Windows サービスを様々な条件で絞込み表示する機能も付いていたりするため※2
    “ いつの間にかインストールされている不要なサービス ”
を探す役にも立つと思います。
※2 実行中のサービス、停止中のサービス、自動で起動するサービス、手動で起動するサービス、システムサービス... 等の条件ごとに、サービスをフィルタリングすることができる。
インストールされているサービスを、インクリメンタルサーチすることもできたりする。

普段、Windows サービスを個別に管理している人にはもちろん、これまでサービスアプリケーションを全く気にしていなかった人にも意外とおすすめです。

使い方は以下のとおり。

  1. Windows Vista 以降のOS を使用している場合は、「CPServicesGroup.exe」を管理者として実行できるように 設定しておきます
  2. 「CPServicesGroup.exe」を実行します。
  3. メイン画面 が表示されます。

  4. グループの作成
  5. 画面中央の上部にある「New」ボタンをクリックします。
  6. 画面右側のリストに、「New Group」という名前のグループが作成されます。
  7. グループを複数作成する場合は、同様にしてグループの作成作業を行います。
    ちなみに、既存グループの中に、サブグループを作成することもできたりします。
  8. 尚、作成した「New Group」を右クリック →「Rename」を選択することで、グループ名をリネームすることも可能となっています。
  9. 作成したグループを削除する時は、目的のグループを選択 → 画面上部にある「Delete」ボタンをクリックします。

  10. グループへのサービス登録
  11. 画面左側に、現在インストールされているWindows サービスが一覧表示されています。
    この中から、グループに登録したいサービスを選択します。
    画面左上の「Filter」欄にキーワードを入力することで、サービスを絞り込み表示 することもできたりします。
    さらに、画面左端にある各種チェックボックスのON / OFF を切り替えることにより、サービスを フィルタリングする ことも可能となっています。
    それぞれのチェックボックスの意味は、次の通り。
    •  - 実行中のサービス
    •  - 一時停止中のサービス
    •  - 停止中のサービス
    •  - 状態が変化中のサービス
    •  - 自動で起動するタイプのサービス
    •  - 手動で起動するタイプのサービス
    •  - 無効になっているサービス
    •  - システムサービス
    •  - 不明なサービス
  12. 画面右側の欄で、サービスの登録先とするグループを選択します。
  13. 画面中程にある「Add」ボタンをクリック。
  14. すると、選択していたサービスが右側のグループリストに登録されます。
    グループで管理できるようにしたいサービスが他にもある場合、同様にしてグループへの登録作業を行っておきます。
    登録したサービスをグループから削除する時は、目的のサービスを選択 → 画面中央の「Remove」ボタンをクリックします。
  15. グループリストに登録したサービスは、ドラッグ&ドロップで他のグループへ移動させることができます。

  16. グループ内のサービスを、まとめて操作
  17. 画面右側の欄で、操作したいグループを選択します。
  18. あとは、画面下部の「Actions」欄で
    • Start - 開始
    • Pause - 一時停止
    • Stop - 停止
    のいずれかを選択すればOK です※3
    ※3 この操作は、個別サービスに対して行うこともできる。
  19. グループ内のサービスの起動方法を一括設定したい時は、目的のグループを右クリック
    • Starting Automatically - Windows 起動時に自動で起動させる
    • Starting Manually - 手動で起動させる
    • Starting Disabled - 無効化する
    のいずれかを選択します※3

その他、サービスを右クリック →「View Infomation」を選択することで、選択サービスの詳細情報 を確認することもできたりします。
(概要、状態、実行プロセス 等々)

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
CP Services Groups TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 WinToFlash Lite

Windows のインストールディスク / イメージ を元に、ブートUSB を作成

 Mouse without Borders

マウス / キーボード を、複数のPC 間で共有

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 FastCopy

ファイルやフォルダを、高速にコピー / 移動

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 TakeOwnershipPro

アクセスが拒否されて開けないフォルダを、開けるようにする

 MyPaint

ユニークなブラシを多数揃えたお絵かきソフト

 Howard Email Notifier

Gmail / Outlook.com 等々のメールサービスに対応したメールチェッカー

 Clean Uninstall

アドオンを完全にアンインストールできるようにするFirefox アドオン

スポンサードリンク

CP Services Groups を紹介しているページです