TwitterBackup

TwitterBackup の概要や使い方を紹介しています

TwitterBackup を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

Twitter のつぶやきデータを、XML 形式で一括保存!「TwitterBackup」。

TwitterBackup

TwitterBackup

Twitter のつぶやきデータを、XML 形式で一括バックアップしてくれるソフト。
これまでにつぶやいてきた全てのデータを、XML ファイルにまとめてバックアップしてくれます。
インクリメンタルバックアップ(差分バックアップ)、プロキシ通信 といった機能が付いています。

「TwitterBackup」は、Twitter のつぶやきを一括してバックアップしてくれるソフトです。
Twitter のアカウント情報を入力 →「Start」ボタンをクリックするだけで※1、これまでのつぶやきデータを一括保存してくれます。
※1 途中、Twitter 側での認証処理が必要になるが...
データはXML ファイルにまとめて出力され、二回目からはインクリメンタルバックアップ※2 にすることもできたりします。
※2 差分バックアップのこと。
新しいつぶやきのみを、既存のXML ファイルに継ぎ足すかたちでバックアップを行う。
(フルバックアップよりも、時間を短縮できる)

尚、実際のバックアップデータは、1 ツイートごとに このような形式 で出力されます。
もし不要な部分があれば削り、後は適当にXSLT を使うとよいでしょう。
(結構面倒くさいですが...)

使い方は以下のとおり。

  1. 「TwitterBackup」はJava 製のソフトなので、事前に Java ランタイム をインストールしておきます。
  2. 「TwitterBackup」( jar ファイル)を実行します。
  3. メイン画面が表示されます。
    ここの
    • 「Username」欄に、Twitter のユーザー名を、
    • 「Password」欄に、パスワードを※3
    • 「File name」欄に、バックアップファイルの名前を
    それぞれ入力しておきます。
    ※3 パスワードはマスクされないので、周囲の目に注意。
    インクリメンタルバックアップを行ないたい場合は、「File name」欄で既存のファイル名を指定しておきます。
  4. 必要であれば、「Proxy」欄で通信の際に使用するプロキシを指定しておいてもOK です。
  5. 準備が整ったら、「Start」ボタンをクリック。
  6. 既定のブラウザでTwitter の認証ページが開くので、「許可」をクリックします。
  7. Twitter 側で「TwitterBackup」用の認証コードが表示されます。
    これをコピーし、「TwitterBackup」側で表示される「Please enter you PIN」画面に貼り付けます。
  8. つぶやきデータのダウンロードが開始されるので、じっくりと待ちます。
  9. データのダウンロードが完了すると、ログウインドウの最下部に
    • backup finished after ○ m ○ s
    のように表示されます。
    私の場合、350 ツイートで3 分38 秒かかりました。
  10. ダウンロードされたXML ファイルは、「TwitterBackup」と同じフォルダ内に保存されています。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 Twitter バックアップ関連
Twilog
TwitterBackup TOPへ

TwitterBackup を紹介しているページです。