Show Desktop

Show Desktop の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
Show Desktop を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

XP / Vista で、デスクトップ表示ボタン & Aero Peek を使えるようにする!「Show Desktop」。

Show Desktop
制作者 CeIIular
対応 XP/Vista/7

Download (ミラー : US )

● Show Desktop

Windows XP / Vista で、7 の “ デスクトップ表示ボタン ” “ Aero Peek ” を使えるようにするソフト。
デスクトップをワンクリックで表示できるようにする “ デスクトップ表示ボタン ” 、開いているウインドウを枠のみ残して透過表示させる “ Aero Peek ” を、XP / Vista でも使えるようにしてくれます。
デスクトップ表示ボタンの幅&透明度 を調整する機能や、Aero Peek 実行時のウインドウ透過率を設定する機能、処理から除外するウインドウを設定する機能 などが付いています。

「Show Desktop」は、XP / Vista で “ デスクトップボタン ” “ Aero Peek ” を使えるようにするソフトです。
Windows 7 に最初から付いている

という二つの機能を、Windows XP / Vista でも使えるようにするソフトで、Windows 7 のものよりも詳細なオプション設定を行えるところが大きなポイント。
※1 デスクトップ表示ボタンの上にマウスカーソルを乗せた時、表示中のウインドウを(枠線のみ残して)透過表示させる機能。
デスクトップ表示ボタンに関しては、幅や透明度を調整することができ、Aero Peek(Aero プレビュー)に関しては、実行時のウインドウ透過率 &(マウスカーソルを乗せてから)Aero Peek を実行するまでの時間を設定できるようになっています。
(これらの機能を無効にするウインドウを設定することもできる)
加えて、デスクトップ表示ボタン上から、直接シャットダウンを行えるようにする機能も付いていたりします。
デスクトップをよく使う人や、マウスを持ちながらダラっとすることがよくある人 におすすめ。

使い方は以下の通り。
このソフトを利用するには、「.NET Framework 4」 のインストールが必要になります。

    基本
  1. 「Show Desktop.exe」を実行します。
  2. すると、タスクトレイの右端に “ デスクトップ表示ボタン ” が表示されます。
    あとは、デスクトップを表示させたい場面で、このボタンをクリックすればOK です。
    設定
  1. デスクトップ表示ボタン上で右クリックし、「Settings」を選択。
  2. 設定画面が表示されます。
    ここでは、次のような設定を行えるようになっています。
    • Width - デスクトップ表示ボタンの幅(太さ)
    • Opacity - デスクトップ表示ボタンの透明度※2
    • ※2 数値が小さいほど、透明度は高くなる。
    • Method of Showing Minimizing Windows(どのようにしてウインドウを最小化させるか)
      • Toggle Desktop - デスクトップを表示させることにより最小化
      • Minimize Windows - 単純に最小化
    • Exclusion List - 処理から除外するウインドウ※3
    • Aero Peek - 「Aero Peek」機能のON / OFF
      • Opacity - 「Aero Peek」実行時のウインドウ透過率※2
      • Delay after mousehover - 「Aero Peek」を実行するまでの時間(単位は秒)
    • 設定が終わったら、右下の「Apply」ボタンを押し、「Close」をクリックすればOK。
※3 「Exclusion List」ボタンをクリック → 左下の「Add to Exclusion List」ボタンをクリック → 現在開いているウインドウがリスト表示されるので、除外設定したいウインドウを選択し、右下の「Name」欄にアプリケーション名を入力 →「Add」ボタンをクリックし、「Done Adding」を選択する。
その後、「Save and Exit」ボタンを押せばOK。
除外設定を解除する時は、「Exclusion List」ボタンをクリック → 左上の「Excluded Windows」欄で目的のウインドウを選択し、下部の「Remove Selected」をクリック。
その後、「Save and Exit」ボタンを押せばOK。

その他、「Show Desktop」のボタン上で右クリック →「Shutdown options」から、

  • Switch user - ユーザー切り替え
  • Log off - ログオフ
  • Lock - スクリーンロック
  • restart - 再起動
  • Sleep - スリープ
  • hibernate - ハイバネート
  • Shut down - シャットダウン
といった操作を行えるようにもなっています。


 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
Show Desktop TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 Microsoft Windows and Office ISO Download Tool

Windows & Office の ISO イメージファイル入手を支援

 Jerboa

マウスカーソルの移動や表示、ウインドウの切り替えやスクロール 等々の操作を補助してくれる

 Audio Output Switcher

既定の再生デバイスを、自動 or 手動 で素早く変更できるようにするソフト

 Compare Advance

フォルダの同期 / バックアップ / ミラーリング 機能も備えたフォルダ比較ツール

 CrococryptMirror

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダミラーリングツール

 テキストエディターbyエクセル

複数行のテキストを、複数行のセルに一発入力できるようにする Excel アドイン

 CryptSync

ファイルの自動暗号化機能を備えたフォルダ同期ツール

 おすすめフリーソフト
 MultiWS

スムーズな操作感と、高い柔軟性を備えた仮想デスクトップマネージャー

 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができる

 UltraUXThemePatcher

Windows OS 上で、非公式のVisual Style を利用できるようにするソフト

スポンサードリンク

Show Desktop を紹介しているページです