StrokeIt

StrokeIt の概要や使い方を紹介しています

StrokeIt を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

視覚的にも楽しめるマウスジェスチャーツール!「StrokeIt」。

StrokeIt
制作者 Jeff Doozan
対応 98/Me/2000/XP

Download (Home )

● StrokeIt

ビジュアル的なマウスジェスチャーツール。
マウスの右ボタンを押したまま特定の動作を行うことで、様々なコマンドを実行できるようにしてくれます。
60 以上のジェスチャーアクションを認識することができ、30 種類近いコマンドを実行することができます。
ジェスチャー時に、マウスの軌跡が残るという視覚的なソフトです。

「StrokeIt」は、視覚的に操作できるマウスジェスチャーツールです。
マウスを右クリックしながら “ 特定の文字や数字 ” を画面に描くことで、それに関連付けられたコマンドを実行できるようにする... という一種のランチャーツールです。
右クリックしながら画面に文字や数字を描くと、その軌跡が残るところが最大の特徴。
“ 特定の文字や数字 ” を描くことで実行できるようになるコマンドには、次のようなものがあります。

  • 任意のプログラムを実行
  • 特定のWeb サイトを開く
  • ウインドウを最小化 / 最大化
  • 任意のホットキーをエミュレート
  • モニタをスタンバイ状態にする
  • etc...

「StrokeIt」起動後、タスクトレイ上に表示されたアイコンをクリックすると「StrokeIt - コマンドエディタ」という編集画面が立ち上がります。
ここで、ジェスチャーアクションやコマンドを確認したり、アクションを追加 / 変更 したりすることができます。

アクションやコマンドは、デフォルトでいくつか登録されています。
たとえば、 [全般] ※1サイン をクリックすると、

  • Close Window [C]
  • Copy [Up]
  • Paste [Down]
  • Minimize [/ Down]
  • New [N]
  • Save [S]
などの項目が表示されます。
※1 「全般」のツリー以下にあるコマンドは「全てのアプリケーションに共通する」コマンドで、「Chat Programs」や「Explorer」、「Outlook Express」などは、各アプリ固有のコマンド。
各項目名は、 実行するコマンド [アクション内容(右クリックしながら " ○ " を描く)] を意味しています。
一例を挙げると、
Close Window [C] マウスの右ボタンを押したまま C を描くと、アクティブなウインドウを閉じる。
Minimize [/ Down] マウスの右ボタンを押したまま / を上から下へ描くと、アクティブウインドウを最小化する。
New [N] マウスの右ボタンを押したまま N を描くと、新規ウインドウを立ち上げる。

といった具合です。

コマンドは、自由に追加することができます。
このページでは、使い方も兼ねて

  • マウスの右ボタンを押したまま 3 を描いた時に、「foobar2000」 を起動する
  • マウスの右ボタンを押したまま 2 を描いた時に、「Win」キーをエミュレートする
  • マウスの右ボタンを押したまま G を描いた時に、Google のトップページを開く
という三つのコマンド作成例を紹介します。
    マウスの右ボタンを押したまま 3 を描いた時に、「foobar2000」を起動
  1. まず、 「全般」の左にある + をクリック。
  2. 次に、「全般」 上で右クリックし、「新規アクション」を選択します。
  3. 右側の「このアクションを実行するジェスチャー」欄下にあるプルダウンメニューをクリックし、「3」を選択 → 「ジェスチャー追加」ボタンをクリックします。
  4. 左のツリービューに戻り、追加された「新規アクション」を右クリック →「新規コマンド」を選択。
  5. 右上に表示された「以下のコマンドを設定します」欄で、「起動 - プログラムの起動」を選択。
  6. 画面右側の中段にある「参照」ボタンをクリックします。
  7. 「ファイルを開く」ダイアログが表示されるので、「foobar2000.exe」を選択します。
  8. 再度左のツリービューに戻り、「新規アクション」を右クリック →「名前の変更」を選択し、アクション名を foobar2000[3] とでもしておきます。
  9. 同じように、「新規コマンド」を右クリック →「名前の変更」を選択し「foobar2000」とでもリネームしておくと良いでしょう。
  10. これで設定完了。
    「StrokeIt」のウインドウは閉じてOK です。
    あとは、マウスの右ボタンを押しながら 3 を描き、「foobar2000」が起動するかどうか確認してみます。
    マウスの右ボタンを押したまま 2 を描いた時に、「Win」キーをエミュレート
  1. まず、 「全般」ツリーを展開します。
  2. 次に、「全般」 上で右クリックし、「新規アクション」を選択します。
  3. 右側の「このアクションを実行するジェスチャー」欄下にあるプルダウンメニューをクリックし、「2」を選択 → 「ジェスチャー追加」ボタンをクリックします。
  4. 左のツリービューに戻り、追加された「新規アクション」を右クリック →「新規コマンド」を選択。
  5. 右上に表示された「以下のコマンドを設定します」欄で、「キー - ホットキー」を選択。
  6. その下にある「ホットキー」欄をクリックし、「Win」キーを押してみます。
  7. すると、「WIN」というコマンドが入力されます。
  8. 再度左のツリービューに戻り、「新規アクション」を右クリック →「名前の変更」を選択し、アクション名を スタートメニュー[2] とでもしておきます。
  9. 同じように、「新規コマンド」を右クリック →「名前の変更」を選択し「スタートメニュー」とでもリネームしておくと良いでしょう。
  10. これで設定完了。
    マウスの右ボタンを押したまま G を描いた時に、Google を開く
  1. 「全般」ツリーを展開します。
  2. 「全般」 上で右クリックし、「新規アクション」を選択します。
  3. 右側の「このアクションを実行するジェスチャー」欄下にあるプルダウンメニューをクリックし、「G」を選択 → 「ジェスチャー追加」ボタンをクリックします。
  4. 左のツリービューに戻り、追加された「新規アクション」を右クリック →「新規コマンド」を選択。
  5. 右上に表示された「以下のコマンドを設定します」欄で、「インターネット - ウェブサイトを開く」を選択。
  6. その下にある「ウェブサイト」欄に、 http://www.google.co.jp/ と入力します。
  7. 再度左のツリービューに戻り、「新規アクション」を右クリック →「名前の変更」を選択し、 アクション名を Google[G] とでもしておきます。
  8. 同じように、「新規コマンド」を右クリック →「名前の変更」を選択し「Google」とでもリネームしておくと良いでしょう。
  9. これで設定完了。
作成したコマンドやアクションは、後から編集することももちろん可能です。
(最初から登録されているコマンドやアクションも、同様に編集することができる)

ちなみに、「このアクションを実行するジェスチャー」欄では、文字や数字以外に「Right」や「Left」なども選択できるようになっていますが、これは “ マウスで「Right」や「Left」を描く ” という意味ではなく、

  • (右ボタンを押しながら)マウスを指定方向へと動かし、(右ボタンを)放す
ということを意味しています。
「Left-Up」などは、「に動かしてから → へ動かし → 右ボタンを放す」という感じです。
ついでに、「Reversed」が付いているものは、 “ 逆の書き順 ” を意味しています※2
※2 たとえば、「A」 と 「A Reversed」 の違いは、左から右に向かって三角を描くか、右から左へ向かって三角を描くか... の違い。

また、「StrokeIt」には、学習機能が付いています。
たとえば、“ 右ボタンを押しながら「2」を描いた時に、「検索」を実行するように設定した ” のに、「2」を描いても 「StrokeIt - ジェスチャーを認識できません」 というダイアログが表示されてしまうことがあります。
そんな時は、「ジェスチャーを認識できません」ダイアログ内の「保存」下にあるプルダウンメニューをクリックし、「2」を選択 → 左下の「学習」ボタンをクリックします。
すると、次回からその筆跡を「2」であると認識し、上手く「検索」を実行できるようになります。
尚、メニューバー上の「編集」→「ジェスチャーの学習」から、筆跡をあらかじめ学習させておくこともできたりします※3
※3 自分の筆跡を「StrokeIt」がきちんと読み取ってくれるか、確認の意味でも最初に使ってみるといいかもしれません。

その他、機能を一時的に無効化させる機能や※4、ジャスチャー時に残る軌跡の色 / 幅 を変更する機能、ジェスチャーの受付時間を変更する機能 なども付いています。
※4 タスクトレイアイコンを右クリックする。
(機能が無効化されると、アイコンが赤くなる)
指定したキーを押している間、ジェスチャーを無効にする機能もある。
デフォルトでは「Ctrl」キー。

現在、「StrokeIt」の最新版は " 9.7 " で 日本語の翻訳パック は " 9.4 " となっていますが、問題なく日本語化することができます※5
(翻訳パックは、「StrokeIt」が起動していない時にあてて下さい)
※5 翻訳パックをあてたあと、「StrokeIt」を実行 → タスクトレイ上のアイコンをクリック →「Edit」→ 「Preferences」→「Files」タブの「Default interface language」から「Japanese」を選択 → 「StrokeIt」再起動。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
この「StrokeIt」は、個人利用の場合にのみ無料で使えるようになっています。
インストール途中の「Personal Use Only」という確認画面では、
I am installing this software on my home computer for personal use.」 の方を選択するようにしましょう。
また、OS がVista / 7 の場合は、「StrokeIt」のインストーラーを 管理者として実行 し、インストール先を「C:¥Program Files¥StrokeIt」 にするようにして下さい。
StrokeIt TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 ImgBurn

高機能かつ多機能なライティングソフト

 GeekUninstaller

アプリケーションを徹底的にアンインストール

 DVD Flick

動画をDVD データに変換してくれるソフト

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 FastStone Capture

高機能なスクリーンキャプチャーツール

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 Artweaver

アートな質感のブラシを多数揃えたペイント・お絵かきソフト

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 PotPlayer

多形式に対応した軽量メディアプレイヤー

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

スポンサードリンク

StrokeIt を紹介しているページです