ffdshow

ffdshow の概要や使い方を紹介しています

ffdshow を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

対応形式が豊富なDirectShow フィルター& VFW コーデック!「ffdshow」。

ffdshow
制作者 ffdshow project
対応 2000/XP/Vista/7

Download

● ffdshow

非常に多くのフォーマットに対応した DirectShow フィルター &VFW コーデック。
コーデックで圧縮されたほとんどの動画ファイル / 音声ファイル を、Windows Media Player などのメディアプレイヤー上で、普通に再生できるようにしてくれます。
動画を圧縮するVFW コーデックとしても使うことができ、こちらは Huffyuv / FFV1 等に対応しています。
動画再生時に、画質補正フィルタや音声エフェクトをかける機能、DXVA... 等々の機能が付いています。

「ffdshow」は、ほとんどのフォーマットに対応したDirectShow フィルター&VFW コーデックです。
「Windows Media Player」「Qonoha」 などのDirectShow プレイヤー上で、コーデック により圧縮された各種動画&音声ファイル を、普通に再生できるようにしてくれる... というメディアコンポーネントです。
非常に多くのフォーマットに対応しているところが最大の特徴で、DivX、Xvid、FLV、H.264、Theora、VP8 等々、一般的なメディアファイルであれば、大抵のものは再生できるようになっています※1
※1 ビデオカードがDXVA に対応していれば、H.264、VC-1 再生時にDXVA を利用できるようにもなる。
(「DXVA」とは、GPU による動画再生支援機能のことで、CPU の負荷を軽減させる効果を持っている)

また、VFW コーデックとしての機能も持っており、インストール後は「AviUtl」「VirtualDubMod」等のツール上で、動画を圧縮できるようにもなったりします。
( MJPEG / Huffyuv / FFV1 / DV に対応している)
そのほか、動画に画質補正フィルタをかけたりする機能も備えています。
この「ffdshow」が実際に対応しているコーデックには、次のようなものがあります。

動画 Xvid / DivX 3 ~ 6 / MPEG2 / FLV1 / H.264 / VP8 / MS-MPEG4v1 ~ v3 / WMV9 / VC-1 / VP6F / Real Video / Fraps / 3ivx / DV / Huffyuv / FFV1 / Theora / CorePNG / Cinepak / FVFW / MJPEG / Fraps / Raw Video.. 等
音声 MP1 / MP2 / MP3 / AC3 / True HD / Ogg Vorbis / AAC / AMR / WMA / FLAC / True Audio / Real Audio / MLP / DTS / LPCM / WavePack.. 等

基本的な使い方は以下の通り。
    ダウンロード
  1. 「ffdshow」にはいくつかバージョンがありますが、基本的にどれを選んでも同じです。
    よく分からなければ、 のどちらかをクリック → 一番新しいものをダウンロードすればOK。
    ffdshow インストール方法
    日本語化(デフォルトで日本語表示のはずですが、一応)
  1. まず、「ffdshow」をインストールします。
  2. インストールが完了したら、Windows の「スタート」ボタンをクリック →「すべてのプログラム」から「ffdshow」→「Video decoder configuration(ビデオデコーダーの設定)」を選択します※2
    ※2 もし、「ビデオデコーターの設定」( や下記「オーディオデコーダーの設定」)を選択してエラーが出たら、「C:¥Program Files¥ffdshow」フォルダ内に入っている「ffdshow.ax」を、システムフォルダにコピーする。
    システムフォルダの場所は、NT / 2000 →「C:¥Winnt¥System32」 XP / Vista / 7 → 「C:¥WINDOWS¥system32」

    バージョンによっては、「ビデオデコーダーの設定」が文字化けしている場合もあります。
    もし文字化けしていたら、
    • 赤のアイコン( FFV )、かつ、文字列が長い方
    を選択して「F2」キーを押し、「ビデオデコーダーの設定」とリネームしておいて下さい。
    また、「スタート」→「プログラム」の中に「ffdshow」が存在しないこともあります。
    その場合は、「プログラム」の上で右クリックし、「開く - All Users」を選択して下さい。
    (この「プログラム」内の「ffdshow」フォルダは、デスクトップ等に置いてもOK です)
  3. 設定画面が表示されます。
    そのまま、左メニューの「Tray, dialog & paths」を開き、画面中段にある「Language」欄で「Japanese」を選択すればOK!
    「ffdshow」でデコード(再生)するビデオコーデックの設定
    OS がWindows 7 / 8 の場合、ここで設定を行った後、さらに 「Win7DSFilterTweaker」 を使って「ffdshow」の優先度を上げる必要がある。
    (「ffdshow」の設定だけだと、OS 標準のデコーダーが優先して使われる)
  1. 「ビデオデコーダーの設定」画面を開きます※2
    ビデオデコーダーの設定
  2. 左メニューの上部にある「コーデック」を選択します。
  3. 「ffdshow」でデコードさせたいコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「libavcodec」等を選択します。
    もしくは、「ffdshow」でデコードさせたくないコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「無効」を選択します。
  4. あとは、画面下部の「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。
    「ffdshow」でデコードするオーディオコーデックの設定
  1. 「スタート」ボタンをクリック →「プログラム」→「ffdshow」→「オーディオデコーダーの設定」を選択します※2
    バージョンによっては、「オーディオデコーダーの設定」が文字化けしていることもあります。
    その場合は、
    • 青いアイコン( FFA )を持つもの
    を選択して「F2」キーを押し、「オーディオデコーダーの設定」とリネームしておいて下さい。
  2. 音声に関する設定画面が表示されます。
    音声に関する設定画面
    そのまま、左メニューの上部にある「コーデック」を選択します。
  3. 「ffdshow」でデコードさせたいコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「libavcodec」等を選択します。
    もしくは、「ffdshow」でデコードさせたくないコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「無効」を選択します。
  4. あとは、画面下部の「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。
    DXVA の設定
    DXVA を利用する場合、インストール途中の 「コンポーネントの選択」という画面 で、「DXVA video decoder」にチェックを入れておいて下さい。
  1. 「スタート」ボタンをクリック →「プログラム」→「ffdshow」→「DXVA ビデオデコーダーの設定」を選択します。
  2. DXVA の設定画面が表示されます。
    DXVA の設定画面
    ここで、左メニュー内にある「ハードウェアアクセラレーション」を選択します。
  3. 右側の「DXVA を有効にする」欄で、「H264」および「VC1」にチェックを入れます。
  4. 左メニューの一番上にある「DirectShow のコントロール」を選択。
  5. そのまま、右側にある「ffdshow を使用する」欄の「編集」ボタンをクリックします。
  6. 「ffdshow を使用する」という画面が表示されます。
    「ffdshow を使用する」
    ここのリスト内に、DXVA を有効化したいプレイヤーのファイル名が記載されているか確認します。
    もし、プレイヤーのファイル名がなかった場合、右上の「追加」ボタンをクリックし、利用しているプレイヤーを選択しておきます。
  7. OS がWindows 7 / 8 の場合、「Win7DSFilterTweaker」 を使い、「H.264」および「VC-1」を「ffdshow (DXVA)」でデコードするように設定しておきます。
  8. DXVA を利用する際、プレイヤー側でレンダラの設定が必要になる場合があります。
    たとえばOS がXP の場合、ビデオレンダラを オーバーレイミキサ / VMR7 / VMR9 のいずれかに、Vista / 7 の場合はEVR にする必要があります。
    DXVA が有効になっているかどうかは、動画再生時のトレイアイコンで判別することができます。
    (通常時 → FFV  DXVA 有効時 → FFVA

ちなみに、「ffdshow」には、コーデックで圧縮されたメディアファイルをデコードする機能だけではなく、映像にぼかし / シャープ 等のフィルタ、色調補正※3、ポストプロセッシング※4 をかけたり、動画のインターレースを解除したりする機能も付いています。
(「DXVA ビデオデコーダー」で再生している動画には、このようなエフェクトをかけることができない)
※3 コントラスト、明るさ、ガンマ、色合い、色の濃さ 等を調整することができる。
※4 ブロックノイズなどを低減する機能。
画質はよくなるが、その分再生時に負荷がかかる。

これら画質補正機能の利用手順は、以下の通りです。

  1. 「ffdshow」でデコードするように設定しているファイルを再生すると、タスクトレイ上に「ffdshow」のアイコンが表示されます。
    これを右クリック。
  2. メニューがポップアップ表示されます。
    この中から、「ffdshow Video Decoder」を選択。
  3. 「ffdshow」の設定画面が表示されます。
    「ffdshow」の設定画面
    左メニューの中から、「ポストプロセッシング」「画質のプロパティ」等々、適宜調整したい項目を選択します。
  4. 選択したあとは、各パラメータを適当に調整するだけです。
    (各種エフェクト名の先頭にあるチェックボックスを、ON にするのを忘れずに)
    パラメータの調整とともに、映像がリアルタイムに変化します。
  5. Tips :  メニューの「プロファイル / プリセット設定」を開き、「新規」ボタンをクリックすると、画質補正のプリセットを複数使い分けられるようになります。
さらに、音声にノーマライズ※5、ドルビーデコーダー※6、リバーブ、イコライザー、ノイズ低減フィルタ をかけたりする機能 等も付いていて、実はかなり多機能なツールであったりもします。
※5 音量を、ゆがまない程度まで大きく / 小さくする機能。
※6 音声を、仮想サラウンド化する機能?

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
ffdshow TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 Free Download Manager

高機能かつ使いやすいダウンローダー

 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 VLC media player

多形式に対応したメディアプレイヤー

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Aerial

Apple TV のスクリーンセーバーを元にして作られた美しいスクリーンセーバー

 BitSend

登録不要、ファイルサイズ制限なし、複数ファイルの同時送信も可能 なファイル転送サービス

 Ghostpress

インストール不要で使えるシンプルなキーロガー対策ソフト

 カベナシ

マウスカーソルを、画面端から逆の端へとワープさせられるようにするソフト

 エグゼッガー(Excel アドイン)

リボン、およびセルの右クリックメニュー内に、便利なコマンドを大量に追加する

 El Capitan Cursor for windows

Mac OS X El Capitan 風なマウスカーソルテーマ

 おすすめフリーソフト
 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 dhIMG Twitter

特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

ffdshow を紹介しているページです