ffdshow

ffdshow の概要や使い方を紹介しています

ffdshow を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

対応形式が豊富なDirectShow フィルター& VFW コーデック!「ffdshow」。

ffdshow

● ffdshow

非常に多くのフォーマットに対応した DirectShow フィルター &VFW コーデック。
コーデックで圧縮されたほとんどの動画ファイル / 音声ファイル を、Windows Media Player などのメディアプレイヤー上で、普通に再生できるようにしてくれます。
動画を圧縮するVFW コーデックとしても使うことができ、こちらは Huffyuv / FFV1 等に対応しています。
動画再生時に、画質補正フィルタや音声エフェクトをかける機能、DXVA... 等々の機能が付いています。

「ffdshow」は、ほとんどのフォーマットに対応したDirectShow フィルター&VFW コーデックです。
「Windows Media Player」「Qonoha」 などのDirectShow プレイヤー上で、コーデック により圧縮された各種動画&音声ファイル を、普通に再生できるようにしてくれる... というメディアコンポーネントです。
非常に多くのフォーマットに対応しているところが最大の特徴で、DivX、Xvid、FLV、H.264、Theora、VP8 等々、一般的なメディアファイルであれば、大抵のものは再生できるようになっています※1
※1 ビデオカードがDXVA に対応していれば、H.264、VC-1 再生時にDXVA を利用できるようにもなる。
(「DXVA」とは、GPU による動画再生支援機能のことで、CPU の負荷を軽減させる効果を持っている)

また、VFW コーデックとしての機能も持っており、インストール後は「AviUtl」「VirtualDubMod」等のツール上で、動画を圧縮できるようにもなったりします。
( MJPEG / Huffyuv / FFV1 / DV に対応している)
そのほか、動画に画質補正フィルタをかけたりする機能も備えています。
この「ffdshow」が実際に対応しているコーデックには、次のようなものがあります。

動画 Xvid / DivX 3 ~ 6 / MPEG2 / FLV1 / H.264 / VP8 / MS-MPEG4v1 ~ v3 / WMV9 / VC-1 / VP6F / Real Video / Fraps / 3ivx / DV / Huffyuv / FFV1 / Theora / CorePNG / Cinepak / FVFW / MJPEG / Fraps / Raw Video.. 等
音声 MP1 / MP2 / MP3 / AC3 / True HD / Ogg Vorbis / AAC / AMR / WMA / FLAC / True Audio / Real Audio / MLP / DTS / LPCM / WavePack.. 等

基本的な使い方は以下の通り。
    ダウンロード
  1. 「ffdshow」にはいくつかバージョンがありますが、基本的にどれを選んでも同じです。
    よく分からなければ、 のどちらかをクリック → 一番新しいものをダウンロードすればOK。
    ffdshow インストール方法
    日本語化(デフォルトで日本語表示のはずですが、一応)
  1. まず、「ffdshow」をインストールします。
  2. インストールが完了したら、Windows の「スタート」ボタンをクリック →「すべてのプログラム」から「ffdshow」→「Video decoder configuration(ビデオデコーダーの設定)」を選択します※2
    ※2 もし、「ビデオデコーターの設定」( や下記「オーディオデコーダーの設定」)を選択してエラーが出たら、「C:¥Program Files¥ffdshow」フォルダ内に入っている「ffdshow.ax」を、システムフォルダにコピーする。
    システムフォルダの場所は、NT / 2000 →「C:¥Winnt¥System32」 XP / Vista / 7 → 「C:¥WINDOWS¥system32」

    バージョンによっては、「ビデオデコーダーの設定」が文字化けしている場合もあります。
    もし文字化けしていたら、
    • 赤のアイコン( FFV )、かつ、文字列が長い方
    を選択して「F2」キーを押し、「ビデオデコーダーの設定」とリネームしておいて下さい。
    また、「スタート」→「プログラム」の中に「ffdshow」が存在しないこともあります。
    その場合は、「プログラム」の上で右クリックし、「開く - All Users」を選択して下さい。
    (この「プログラム」内の「ffdshow」フォルダは、デスクトップ等に置いてもOK です)
  3. 設定画面が表示されます。
    そのまま、左メニューの「Tray, dialog & paths」を開き、画面中段にある「Language」欄で「Japanese」を選択すればOK!
    「ffdshow」でデコード(再生)するビデオコーデックの設定
    OS がWindows 7 / 8 の場合、ここで設定を行った後、さらに 「Win7DSFilterTweaker」 を使って「ffdshow」の優先度を上げる必要がある。
    (「ffdshow」の設定だけだと、OS 標準のデコーダーが優先して使われる)
  1. 「ビデオデコーダーの設定」画面を開きます※2
    ビデオデコーダーの設定
  2. 左メニューの上部にある「コーデック」を選択します。
  3. 「ffdshow」でデコードさせたいコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「libavcodec」等を選択します。
    もしくは、「ffdshow」でデコードさせたくないコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「無効」を選択します。
  4. あとは、画面下部の「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。
    「ffdshow」でデコードするオーディオコーデックの設定
  1. 「スタート」ボタンをクリック →「プログラム」→「ffdshow」→「オーディオデコーダーの設定」を選択します※2
    バージョンによっては、「オーディオデコーダーの設定」が文字化けしていることもあります。
    その場合は、
    • 青いアイコン( FFA )を持つもの
    を選択して「F2」キーを押し、「オーディオデコーダーの設定」とリネームしておいて下さい。
  2. 音声に関する設定画面が表示されます。
    音声に関する設定画面
    そのまま、左メニューの上部にある「コーデック」を選択します。
  3. 「ffdshow」でデコードさせたいコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「libavcodec」等を選択します。
    もしくは、「ffdshow」でデコードさせたくないコーデックの「デコーダー」欄をクリック →「無効」を選択します。
  4. あとは、画面下部の「OK」ボタンをクリックすれば設定完了です。
    DXVA の設定
    DXVA を利用する場合、インストール途中の 「コンポーネントの選択」という画面 で、「DXVA video decoder」にチェックを入れておいて下さい。
  1. 「スタート」ボタンをクリック →「プログラム」→「ffdshow」→「DXVA ビデオデコーダーの設定」を選択します。
  2. DXVA の設定画面が表示されます。
    DXVA の設定画面
    ここで、左メニュー内にある「ハードウェアアクセラレーション」を選択します。
  3. 右側の「DXVA を有効にする」欄で、「H264」および「VC1」にチェックを入れます。
  4. 左メニューの一番上にある「DirectShow のコントロール」を選択。
  5. そのまま、右側にある「ffdshow を使用する」欄の「編集」ボタンをクリックします。
  6. 「ffdshow を使用する」という画面が表示されます。
    「ffdshow を使用する」
    ここのリスト内に、DXVA を有効化したいプレイヤーのファイル名が記載されているか確認します。
    もし、プレイヤーのファイル名がなかった場合、右上の「追加」ボタンをクリックし、利用しているプレイヤーを選択しておきます。
  7. OS がWindows 7 / 8 の場合、「Win7DSFilterTweaker」 を使い、「H.264」および「VC-1」を「ffdshow (DXVA)」でデコードするように設定しておきます。
  8. DXVA を利用する際、プレイヤー側でレンダラの設定が必要になる場合があります。
    たとえばOS がXP の場合、ビデオレンダラを オーバーレイミキサ / VMR7 / VMR9 のいずれかに、Vista / 7 の場合はEVR にする必要があります。
    DXVA が有効になっているかどうかは、動画再生時のトレイアイコンで判別することができます。
    (通常時 → FFV  DXVA 有効時 → FFVA

ちなみに、「ffdshow」には、コーデックで圧縮されたメディアファイルをデコードする機能だけではなく、映像にぼかし / シャープ 等のフィルタ、色調補正※3、ポストプロセッシング※4 をかけたり、動画のインターレースを解除したりする機能も付いています。
(「DXVA ビデオデコーダー」で再生している動画には、このようなエフェクトをかけることができない)
※3 コントラスト、明るさ、ガンマ、色合い、色の濃さ 等を調整することができる。
※4 ブロックノイズなどを低減する機能。
画質はよくなるが、その分再生時に負荷がかかる。

これら画質補正機能の利用手順は、以下の通りです。

  1. 「ffdshow」でデコードするように設定しているファイルを再生すると、タスクトレイ上に「ffdshow」のアイコンが表示されます。
    これを右クリック。
  2. メニューがポップアップ表示されます。
    この中から、「ffdshow Video Decoder」を選択。
  3. 「ffdshow」の設定画面が表示されます。
    「ffdshow」の設定画面
    左メニューの中から、「ポストプロセッシング」「画質のプロパティ」等々、適宜調整したい項目を選択します。
  4. 選択したあとは、各パラメータを適当に調整するだけです。
    (各種エフェクト名の先頭にあるチェックボックスを、ON にするのを忘れずに)
    パラメータの調整とともに、映像がリアルタイムに変化します。
  5. Tips :  メニューの「プロファイル / プリセット設定」を開き、「新規」ボタンをクリックすると、画質補正のプリセットを複数使い分けられるようになります。
さらに、音声にノーマライズ※5、ドルビーデコーダー※6、リバーブ、イコライザー、ノイズ低減フィルタ をかけたりする機能 等も付いていて、実はかなり多機能なツールであったりもします。
※5 音量を、ゆがまない程度まで大きく / 小さくする機能。
※6 音声を、仮想サラウンド化する機能?

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のコーデックパック
 CCCP (Combined Community Codec Pack)

主要な DirectShow フィルター& DirectShow スプリッター に対応したコーデックパック

 K-Lite Codec Pack

最新のVFW / ACM コーデック & DirectShow Filter を、一つにパックしたソフト

 LAV Filters

MP4 / FLV / MKV / WebM / MOV / RM / OGV 等々に対応したDirectShow Splitter & Decoder

ffdshow TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 GIMP

超高機能なペイントソフト

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 TrueCrypt

秘密のファイルを、徹底的に隠せるソフト

 MiniTool Partition Wizard Free

パーティションをあれこれ操作できるソフト

 Recuva

高機能なファイル復元ソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 Malwarebytes 3.0

高速スキャンと高い検出力が特徴的な、非常駐監視型のアンチスパイウェア

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Exact Audio Copy

高機能な音楽CD コピーツール

 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 Paint.NET

シンプルでありながらも高性能なペイントソフト

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

スポンサードリンク

ffdshow を紹介しているページです