Movie Operator

Movie Operator の概要や使い方を紹介しています

Movie Operator を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

操作が簡単で使いやすいメディアファイル編集ソフト!「Movie Operator」

Movie Operator
制作者 NOVO
対応 2000/XP/Vista

Download(公式)
Download(ミラー)

● Movie Operator

AVI / WMV / FLV / WAVE / WMA に対応したメディアファイル編集ソフト。
動画連結、音声連結、映像と音声の合体、動画からの映像 / 音声 抽出、動画 / 音声ファイル 内の特定場面切り出し... といった機能が付いています。
処理時に再圧縮が行われないため、ファイルの品質を劣化させることなく、しかも高速に処理できるようになっています。

「Movie Operator」は、AVI / WMV / FLV などに対応したメディアファイル編集ソフトです。
指定した複数の動画ファイルを一つに連結したり、任意の映像と音声を多重化したり、動画から映像 or 音声 を抜き出したりすることができる... という合体 / 分解 系のビデオエディタです。
処理を無劣化で行えるところが最大の特徴で、編集された動画は再エンコードされることなく、そのままの形式で出力されるようになっています。
実際に行える処理には、次のようなものがあります。

  • 動画から映像 / 音声 を抜き出す(AVI / WMV / FLV)
  • 動画連結※1(AVI / WMV / FLV)
  • 音声連結※2(WAVE / WMA)
  • 指定した場面(範囲)の切り出し保存(AVI / WMV / FLV / WAVE / WMA)
  • 映像と音声の合体※3(AVI / WMV)
※1 連結するファイルは、エンコード設定(フレームレート / コーデック 等)が一致している必要がある。
※2 連結するファイルは、エンコード設定(サンプルレート / ビットレート等)が一致している必要がある。
※3 AVI と合体できる音声 = WAVE | WMV と合体できる音声 = WMA。
元々音声があるAVI / WMV に他の音声を合成すると、オリジナルの音声は無効になる。

インターフェースはシンプルで分かりやすいので、いずれの操作も直感的に行えると思います。

使い方は以下のとおり。
このソフトを使用するには、「Windows Media Player 9 以上」 をインストールしている必要があります。

  1. 「MovieOperator.exe」を実行します。

  2. 動画から映像 / 音声 を抜き出す(AVI / WMV / FLV)
  3. 画面左上のプルダウンメニューをクリックし、処理するファイルのフォーマットを選択します。
  4. 右上にあるプルダウンメニューをクリックし、「映像音声分離」を選択します。
  5. すぐ下の「入力ファイル名」欄にある (I) ボタンをクリックし、今回処理するファイルを選択。
  6. 「出力ファイル名」欄の (O) ボタンをクリックし、ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  7. 最後に、画面右下にある「映像切り出し」or「音声切り出し」ボタンをクリックすればOKです。
    動画ファイルを連結(AVI / WMV / FLV)
  1. 画面左上のプルダウンメニューをクリックし、処理するファイルのフォーマットを選択します。
  2. 右上にあるプルダウンメニューをクリックし、「動画ファイル連結」を選択します。
  3. 「ソースを指定してください」欄の右にある「追加」ボタンをクリックし、連結したいファイルをリストに登録します。
    複数選択可
    リスト上のファイルをドラッグ&ドロップすることで、連結順を変更することもできたりします。
  4. 連結したいファイルを全て登録し終えたら、「出力ファイル名」欄の (O) ボタンをクリックし、ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  5. 最後に、画面右下にある「連結」ボタンをクリックすればOKです。
    動画内の特定場面を切り出す(AVI / WMV / FLV)
  1. メディアプレイヤー などを使い、ファイルから切り出したい場面
    • 先頭時間
    • 終了時間
    をメモしておきます※4
    ※4 ○ 時○ 分○ 秒 ~ ○ 時○ 分○ 秒 という形式でメモしておく
    例) 0 時 10 分 25 秒 から 0 時 25 分 10 秒 まで。
  2. 画面左上のプルダウンメニューをクリックし、処理するファイルのフォーマットを選択します。
  3. 右上にあるプルダウンメニューをクリックし、「動画区間抽出」を選択。
  4. 「入力ファイル名」欄にある (I) ボタンをクリックし、今回処理するファイルを選択します。
  5. 先ほどのメモを参考にし、切り出す場面の先頭時間 ~ 終了時間 を、「抽出範囲指定」欄で指定します。
  6. 「出力ファイル名」欄の (O) ボタンをクリックし、ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  7. 最後に、画面右下にある「抽出」ボタンをクリックすればOK です。
    映像と音声を合体する(AVI / WMV)
  1. 画面左上のプルダウンメニューをクリックし、処理するファイルのフォーマットを選択します。
  2. 右上にあるプルダウンメニューをクリックし、「映像音声合体」を選択します。
  3. 「映像ソース」欄にある (V) ボタンをクリックし、外部音声と合体させたい映像ファイルを選択します。
  4. 「音声ソース」欄にある (A) ボタンをクリックし、先程の映像と合体させたい音声ファイルを選択します※5
    ※5 「映像ソース」がAVI の場合、映像ありのAVI ファイルを合成することもできる。
    「映像ソース」がWMV の場合は、映像ありのWMV を合成することができる。
    (どちらの場合も、音声のみが「映像ソース」に合成される)
  5. 「出力ファイル名」欄の (O) ボタンをクリックし、ファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  6. 最後に、画面右下にある「合体」ボタンをクリックすればOKです。
音声ファイルの連結や場面抽出に関しても、操作方法は全く同じです。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の動画編集ソフト
 AviUtl

高機能かつ使いやすい動画編集ソフト

 Avidemux

多形式に対応した動画編集ソフト

 Windows Live ムービーメーカー

高機能な動画編集&作成ソフト

Movie Operator TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 Windows 10 関連のフリーソフト

Windows 10 に入れたら役に立つかもしれないフリーソフト

 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 DVDStyler

動画ファイルを、メニュー画面付きのDVD データに変換

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Mute Tab

現在開いているすべてのタブを、一括してミュートできるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 FolderTimeUpdate

フォルダの更新日時を、フォルダ内にある最新ファイルの更新日時に合わせることができるソフト

 Moly Cropping SearchChrome

画像・動画 等に写っている物体を、マウスドラッグで画像検索にかけられるようにする

 Snipaste

画面内の特定領域をキャプチャし、キャプチャ結果を付箋のように貼り付けておけるようにする

 TimeZonesView

世界各地の時刻を、リストに並べて一覧表示することができるソフト

 PerspectiveImageCorrection

斜めになったり遠近感が狂ったりした画像を、まっすぐ自然な感じに補正してくれるソフト

 おすすめフリーソフト
 Free Hide Folder

シンプルなフォルダ隠蔽ツール

 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

スポンサードリンク

Movie Operator を紹介しているページです