COMODO Internet Security

COMODO Internet Security の概要や使い方を紹介しています

COMODO Internet Security を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

無料で使えるインターネットセキュリティ!「COMODO Internet Security」。

COMODO Internet Security
制作者 Comodo Group
日本語ランゲージファイル 制作者 ミルク王子
対応 XP/Vista/7/8/10

Download (公式)
Download (ミラー)
Download (ミラー)

● COMODO Internet Security

総合型のセキュリティソフト。
アンチウイルス / ファイアウォール / HIPS が一つに統合された、オールインワンなセキュリティソフトです。
リアルタイムスキャン、手動スキャン、右クリックメニューからのウイルススキャン、スケジュールスキャン、不正侵入のブロック、通信ルールの詳細設定、プロセスの挙動をリアルタイムに監視&制御 できるようにする " Defence+ (HIPS) "、システム仮想化 (サンドボックス)... 等々の機能が付いています。

「COMODO Internet Security」は、総合型のセキュリティソフトです。

  • 常駐監視型のアンチウイルス
  • ファイアウォール
  • HIPS※1
  • システム仮想化ツール(仮想デスクトップ)※2
  • 任意のアプリケーションを、仮想システム内で実行させる “ サンドボックス ”
が一つになったオールインワンセキュリティで、ウイルスチェック機能、通信管理機能、プロセス管理機能、システム仮想化機能 の全てを、無料で利用できるところが最大の特徴。
(アンチウイルス or ファイアウォール は、インストールしないようにすることもできる)
※1 プロセスの挙動を、リアルタイムに監視&制御 できるようにする機能。
悪意のあるプログラムが、重要なファイルを改変 / 破壊 したりするのを防ぐことができる。

※2 一時的なWindows 環境のようなもの。
仮想化実行時に行われた全てのアクションは、仮想化終了後に “ なかったこと ” になる。
(「Toolwiz TimeFreeze」 系の機能)

主な機能には、ウイルススキャン (リアルタイムスキャン&手動スキャン) / 右クリックメニューからのウイルスチェック / スケジュールスキャン / 通信ルール作成 / 不審なプロセスの制御 / システム仮想化... 等々があり、かなり多機能。
できることが多い故に難解な印象を受けますが、実際の操作は割りと簡単です。
(また、ヘルプもしっかりしている

使い方は以下の通り。
COMODO Internet Security のインストール方法

このページでは、アンチウイルス / システム仮想化 / サンドボックス についてのみ言及しています。
ファイアウォール / HIPS については、「Comodo Firewall」 のページを参照して下さい。

    常駐保護
  1. パソコン使用中にウイルスと思わしきものが検出されると、
      COMODO アンチウイルス 警告
    という ダイアログ が表示されます※3
    (「COMODO クラウドスキャナ」である場合もある)
    ※3 このダイアログ上では、マルウェアの名称と
    • 場所 - 感染している(と思われる)ファイルのフルパス
    を確認することができる。

    検出は誤検出である可能性もあるため、
    • 検出されたファイルの名前 ウイルス
    • 検出されたファイルの名前 誤検出
    などのキーワードでWeb 検索してみたり、オンラインスキャン を利用してみたりし、ファイルが本当にウイルスであるのかどうか一応確かめてみるとよいでしょう。
  2. 検出されたファイルが完全にウイルスであると分かっている場合は、「削除」を選択します。
    (「削除」を押すと、ファイルが隔離される)
    逆に、ファイルが確実に安全なものであると分かっている場合は、「無視」をクリック して「ファイルを無視して除外リストに追加します( = 無視するファイルとして登録)」を選択します。
    (今回だけ無視する場合は、「無視」→「一度のみ無視する」を選択)
    誤検出かどうか分からなかった場合は、とりあえず「削除」を選択しておきます。
    通知音を消す&常駐監視機能を無効化する
  1. デフォルトでは、アラート表示時に通知音が鳴るようになっています。
    これを消したい場合は、次のような操作を行います。
  2. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  3. 画面右上にある Tasks ボタンをクリック※4
    ※4 このボタンをクリックすると、全ての機能が表示される
    各機能上で右クリック →「タスクバーに追加」を選択することで、該当アイテムのショートカットをメイン画面下部に追加することもできる。
    メイン画面下部にあるタスクボタンは、右クリックメニューから削除したり、ドラッグ&ドロップで入れ替えたりすることも可能。
  4. 「高度なタスク」メニューを開き、「詳細設定を開く」を選択します。
  5. 設定画面 が表示されます。
    ここで、「警告画面が表示された際に音を再生する」のチェックを外し、画面下部の「OK」ボタンをクリックします。
    「起動時に [ようこそ画面] を表示する」もチェックを外しておいてよいでしょう。
  6. 常駐監視機能を無効化したい場合は、そのまま左メニューの「セキュリティ設定」をクリック → 「アンチウイルス」 → 「リアルタイムスキャン」を開き、右の欄で「リアルタイムスキャンを有効にする」のチェックを外しておきます。
    隔離したファイルの管理
  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  2. 画面右上にある Tasks ボタンをクリック。
  3. 「一般的なタスク」メニューを開き、「隔離項目の表示」を選択。
  4. 隔離中のアイテムが一覧表示されます
    ファイルの復元を行う( = ファイルが、安全なものであると分かった)場合は、復元したいアイテムを右クリック →「復元」を選択します。
    逆に、ファイルの削除を行う( = ファイルが、危険なものであると分かった)場合は、目的のアイテムを右クリック →「削除」を選択します。
    全てのアイテムを一括して削除したい時は、何らかのアイテム上で右クリック →「全て削除」を選択します。
    無視するファイル / フォルダ の管理
    スキャン対象から除外するファイルやフォルダの設定
  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  2. 画面右上にある Tasks ボタンをクリックします。
  3. 「高度なタスク」メニューを開き、「詳細設定を開く」ボタンをクリック。
  4. 設定画面 が表示されます。
    そのまま、左メニューの「セキュリティ設定」から「アンチウイルス」 → 「除外設定」を開きます。
  5. 「除外設定」という画面 が表示されるので、右下のリスト上で右クリック →「追加」→「ファイル」を選択し、“ 無視するファイル ” として登録したいアイテムを選択します。
    (フォルダを登録する時は、「追加」→「フォルダ」を選択)
    登録したアイテムを削除する ( = 無視設定を解除する) 時は、目的とするアイテムを右クリック → 「削除」を選択します。
  6. 設定が終わったら、画面下部にある「OK」ボタンをクリックします。
    手動スキャン
  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  2. 画面右上にある Tasks ボタンをクリックし、「一般的なタスク」メニューから「スキャン」を選択します。
  3. 「COMODO スキャン」という画面 が表示されます。
    ここで、スキャン方法を選択します。
    スキャン方法は、以下の四つから選べるようになっています。
    “ スキャンプロファイル ” を作成 すると、スキャン領域を自由にカスタムできるようになる)
    • クイックスキャン - 重要な領域 + メモリ を素早くスキャン
    • 完全スキャン - コンピュータ全域をスキャン
    • 評価スキャン - パソコン内にあるファイルの “ 安全度 ” をチェック
    • カスタムスキャン - 指定したファイルやフォルダのみをスキャン
    「カスタムスキャン」を行う場合は、「カスタムスキャン」をクリック →「フォルダスキャン」か「ファイルスキャン」を選択し、目的とするファイルやフォルダを選択します。
    「評価スキャン」については、説明を省きます。
    Run a Rating Scan, Virus Scan, Scan My PC | Internet Security
  4. ウイルススキャンが開始されるので、じっくりと待ちます。
  5. サマリーウインドウ に「状態 : スキャンは終了しました」と表示されたらスキャン完了です。
    怪しいアイテムが検出された際には、同時にそれらがリスト表示されます※5
    ※5 何も検出されなかった場合、特にリストは表示されない。
    (「検出済み脅威 : 0 」と表示されていたら、何も検出されなかった... ということ)
    ウインドウもそのまま閉じてよい。

    バージョンによっては、ウイルスが検出された時に GeekBuddy の利用を勧めるダイアログ が表示されるようです。
    もし、Comodo GeekBuddy の利用を勧めるダイアログが表示されても、利用しなくてOK です。
    ダイアログ右下にある「いいえ 私は自身で削除します」を選択して下さい。
    (左下の「この質問に関して再表示しない」にチェックを入れると、次回から表示されなくなる)
  6. 常駐保護の時と同じく、検出は誤検出である可能性もあります。
    ここでも、ファイル名をWeb 検索にかけてみたり、オンラインスキャンを利用したりし、ファイルが誤検出でないか確認してみることをお勧めします。
  7. 完全にウイルスであると分かっているファイルがある場合は、該当アイテムの「処理」欄で「削除(隔離)」を選択します。
    逆に、安全であると分かっているファイルがある場合は、該当アイテムの「処理」欄で「除外リストに追加(無視&除外ファイルとして登録)」を選択します。
    ウイルスかどうか分からないものがある場合は、とりあえず「削除」を選択しておくとよいでしょう。
    (後々安全であると分かったら、隔離室から出してやればよい)
    各アイテムに対してアクション内容を選択したら、右下にある「選択済み処理の適用」をクリックします。
  8. 処理が終わったら、ウインドウを閉じます。
    右クリックメニューからのスキャン
  1. スキャンしたいファイルやフォルダを右クリックし、「COMODO Antivurs でスキャン」を選択。
  2. ウイルススキャンが実行されます。
    ファイルの数によっては、多少時間がかかるのでしばらく待ちます。
  3. あとの操作は、手動スキャンの時と同じです。
    スキャンプロファイルの作成 - スケジュールスキャンの設定も含む
    スキャンプロファイルとは、“ スキャン対象とするファイルやフォルダ&スケジュール情報 ” のこと。
    プロファイルを作成することで、任意の領域をスキャンできるようになる。
    (スケジュールスキャンできるようにもなる)
  1. 画面右上にある Tasks ボタンをクリックし、「一般的なタスク」メニューから「スキャン」を選択します。
  2. 「COMODO スキャン」という画面 が表示されるので、一番下にある「カスタムスキャン」をクリック → 「その他のスキャンオプション」を選択します。
  3. スキャンプロファイルの管理画面 が表示されます。
    そのまま、右下のリストで右クリック →「追加」を選択。
  4. スキャンプロファイルの編集画面 が表示されます。
    まず、一番上の「スキャン名」欄に、今から作成するプロファイルの名前を入力します。
  5. 続いて、下部の「プロファイル」欄上で右クリック →「ファイルの追加」や「フォルダの追加」を選択し、このプロファイルと関連付けるファイルやフォルダ を選択します。
    (“ プロファイル実行時に、スキャンするファイルやフォルダ ” のこと)
    「リージョンの追加」を選択することで、大まかな領域を登録することも 可能となっています
    領域は、
    • コンピュータ全体
    • 一般的な感染領域(感染しやすい領域)
    • メモリ
    の中から選べるようになっています。
  6. スケジュール設定を行う場合は、画面下部の「スケジュール」メニューを開きます。
  7. スケジュール設定画面 が表示されます。
    最初に「頻度」欄で、スキャンを行う頻度を指定します。
    頻度は、
    • スケジュールなし
    • 毎日(時刻指定可)
    • 毎週(曜日&時刻指定可)
    • 毎月(日付&時刻指定可)
    の中から選べるようになっています。
  8. 必要に応じて、「オプション」メニュー から ヒューリスティックスキャン 等の設定を行えるようになっています。
    ヒューリスティックスキャンを利用したい場合は、「ヒューリスティックスキャンを使用する」にチェック → ヒューリスティックスキャンの強度を選択しておきます。
  9. 全ての設定が済んだら、右下にある「OK」ボタンをクリックします。
  10. プロファイルを利用してウイルススキャンを行う時は、スキャンプロファイルの管理画面 上で、目的とするプロファイルの欄内にある「スキャン」というリンクをクリックします。
    仮想デスクトップ - システムの仮想化
  1. システムの仮想化を行う時は、メイン画面下部にある「仮想デスクトップ」ボタンをクリックします。
  2. COMODO Dragon やMicrosoft Silverlight がインストールされていない場合、それらのツールを インストールしますか?というダイアログ が表示されます。
    インストールする場合は「はい」を、インストールしない場合は「いいえ」を選択します※6
    (インストールしなくてもOK です)
    ※6 仮想化を実行しない場合は、「キャンセル」ボタンをクリック。
  3. 仮想環境の構築処理が開始されるので、少し待ちます。
  4. 仮想環境が構築されると、バーチャルデスクトップ が表示されます。
    エクスプローラを表示させたい時は、ホットキー “「Win」+「E」” を押したりします。
    尚、タスクバー右端にある キーボード をクリックすることでバーチャルキーボードを表示させられるようにもなっています。
  5. 仮想システム内で起きたアクションは、仮想化終了後に “ なかったこと ” になります※7
    ※7 後に述べる手順で仮想データをリセットするまで、仮想システム内で起きたアクション自体はクリアされません。
    仮想環境内で起きたアクションも “ なかったこと ” にしたい場合は、後述する手順 でリセット処理を行って下さい。
    ( 12/22 ご指摘頂きました。ありがとうございます)

    しかし、「C:¥ProgramData¥Shared Space」だけは実環境と共通になっているため、実環境にコピーしたいアイテムがある場合は、このフォルダを使うとよいでしょう。
  6. 仮想化を終了する時は、タスクバー左端にある C ボタンをクリック →「終了」を選択します。
    一時的に元の環境に戻るだけの時は、C ボタンをクリック →「Windows 表示に切り替え」を選択 します。
    (再度仮想環境に戻る時は、「COMODO Internet Security」上で「仮想デスクトップ」を実行する)
    サンドボックス - 指定したアプリケーションを、仮想システム内で動かす
  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  2. 画面右上にある Tasks ボタンをクリック。
  3. 「サンドボックスに関するタスク」メニューを開き、「仮想化実行」を選択します。
  4. 「仮想化実行」という画面 が表示されます。
    ここで「選択して仮想化実行」ボタンをクリックし、サンドボックス内で実行させたいアプリケーションを選択します。
    下の「仮想デスクトップに関するショートカットを作成する」にチェックを入れておくと、デスクトップ上に仮想化用のショートカットを作成することもできたりします※8
    ※8 今回選択したアプリケーションを、直接サンドボックス内で実行できるようになる。
  5. 選択したアプリケーションが、サンドボックス内で起動します。
    アプリケーションは仮想システム内で動作しているので、実際のシステムに影響を与えることはありません。
    (「C:¥ProgramData¥Shared Space」だけは、実環境と共通)
  6. アプリケーションをサンドボックスから出す時は、該当のアプリを普通に終了させればOK です。
  7. 安全性が認識されていないアプリケーションを、自動でサンドボックスに送るようにしている 場合、怪しいファイルが検出された時に ポップアップ が表示されます。
    問題となっているアプリケーションが安全である場合は、「再び隔離しない」を選択して下さい。
    (次回から、自動でサンドボックスに送られなくなります)

仮想化機能を頻繁に利用する場合は、定期的に仮想環境内のデータをクリアしてやるとよいでしょう。
(データが溜まっていくと、仮想化実行時に動作が重くなる)
仮想環境内のデータクリアは、「サンドボックスに関するタスク」内にある「サンドボックスを初期化」から実行することができます。

その他、「Comodo Cleaning Essentials & KillSwitch」 を統合する機能や、レスキューディスク※9 を作成する機能も付いています。
※9 CD / DVD / USB を利用することができる。
私の環境(Windows 7 64bit )では、ライセンス認証画面から先が表示されなかった...
(USB からブートできたが、ライセンス認証画面で「Accept」を選択したら真っ暗になった)

「Comodo Cleaning Essentials」を統合する時は、次のような操作を行います。

  1. タスクトレイアイコンをダブルクリックし、メイン画面を表示させます。
  2. 画面右上にある Tasks ボタンをクリック。
  3. 「高度なタスク」メニューを開き、「エンドポイントの削除」を選択します。
  4. ライセンス画面 が表示されるので、右下にある「同意及びインストール」ボタンをクリック。
  5. すると、「Comodo Cleaning Essentials」のインストールが開始されます。
    インストールした後は、「高度なタスク」画面内の「エンドポイントの削除」を選択するだけで、「Comodo Cleaning Essentials」を起動するようになります。
「KillSwitch」の統合方法も一緒です。
「高度なタスク」画面で「システム動作の監視」をボタンをクリック →「同意及びインストール」ボタンをクリックするだけ。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のウイルス対策ソフト
 avast! Free Antivirus

豊富な機能を備えた常駐監視型のアンチウイルス

 AVG AntiVirus

常駐監視型のウイルス&スパイウェア対策ソフト

 Avira Free Antivirus

常駐監視型のシンプルなアンチウイルス

COMODO Internet Security TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 TeamViewer

シンプル&高機能 なリモートデスクトップツール

 Everything

超高速なファイル検索ソフト

 Media Player Classic Homecinema

高機能なマルメディアプレイヤー

 BunBackup

定番のファイルバックアップツール

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 AIMP

使いやすい音楽プレイヤー

 Select like a Boss

リンクテキスト内の文字列を、普通に選択できるようにする Chrome 拡張& Firefox アドオン

 Google-Context-Menu-Edge

選択中のテキストを、右クリックメニューから Google 検索にかけられるようにする Microsoft Edge 拡張

 Wise Reminder

シンプルで使いやすいリマインダー

 LeptonGUI

JPEG 形式の画像ファイルを、無劣化で 22% 程度圧縮することができるソフト

 終活ソフト

自分が死んでしまった後に、ログインパスワードをログオン画面上に開示できるようにするソフト

 Windows10 設定変更ツール

Windows Update / 自動メンテナンス / Cortana の設定を、手軽に変更できるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 MicMute

マイク入力のON / OFF を、ホットキーで切り替えられるようにするソフト

 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 DisableWinTracking

Windows 10 の “ ユーザー情報追跡&収集機能 ” を、無効化してくれるソフト

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

スポンサードリンク

COMODO Internet Security を紹介しているページです