User-Agent Switcher for Chrome

User-Agent Switcher for Chrome の概要や使い方を紹介しています

User-Agent Switcher for Chrome を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

User-Agent を変更できるようにするChrome 拡張機能!「User-Agent Switcher for Chrome」。

User-Agent Switcher for Chrome

● User-Agent Switcher for Chrome

UserAgent 情報を、手軽に変更できるようにする Google Chrome 拡張機能。
ツールバー上に追加される専用のボタンから、アクセス中のページに送信するUserAgent(端末情報)を IE / Firefox / Opera / Safari / iPhone / iPad / Android のものに一発変更できるようにしてくれます。
任意のUserAgent 情報を登録する機能や、指定したサイトをいつも特定のUserAgent で開けるようにする機能... も付いています。

「User-Agent Switcher for Chrome」は、UserAgent を手軽に変更できるようにするChrome 拡張です。
ツールバー上に追加されるボタンから、アクセス中のページ (サーバー) に送るUserAgent 情報を

  • Firefox 3.5 / 4 / 15
  • Internet Explorer 6 ~ 9
  • Opera
  • Safari
  • iPhone 4
  • iPad
  • Android
  • Windows Phone
のものに即偽装できるようにしてくれます。
モバイル端末からでしか見れないサイトを見たい時や、各種デバイス上で、自分のサイトがどのように表示されるのかを確認したい時... などに役立ってくれると思います。
変更したUserAgent はいつでも元に戻すことができ、また上記リストにはない任意のUserAgent 情報を使用することも可能となっています。
その他、指定したサイト※1 を、いつも特定のUserAgent で表示させる機能も付いていたりします。
※1 サイトは、ドメインで指定する。

使い方は以下のとおり。

  1. User-Agent Switcher for Chrome」 をインストールします。
  2. User-Agent を変更したくなったら、ツールバー上の User-Agent Switcher for Chrome ボタンをクリックし、目的とするデバイスを選択すればOK です。
    (元に戻す時は、 User-Agent Switcher for Chrome ボタンをクリック →「Chrome」→「Default」を選択する)
    設定変更
  1. User-Agent Switcher for Chrome ボタンを右クリックし、「オプション」を選択します。
  2. 「User-Agent Switcher for Chrome」のオプション画面 が表示されます。
    不要なUser-Agent がある場合は、該当データの右端にある ゴミ箱 ボタンをクリックします。
    任意のUser-Agent を登録する時は、オプション画面の一番上にある欄で
    • New User-agent name - 追加するUser-Agent(デバイス)の名前
    • New User-Agent String※2 - サーバーに送るUser-Agent 情報
    • Group - 登録先のグループ
    • Append?※3 - User-Agent 情報を、 “ 置き換える ” のか “ 現在のものに付け足す ” のか
    • Indicator Flag - User-Agent Switcher for Chrome ボタンにオーバーレイさせるラベル(3 文字以下の文字列)
    を入力し、「Add」ボタンをクリックします。
    ※2 User-Agent は、こちらこちら のサイトを参考にするとよい。
    ※3 通常は「Replace」(置き換える)を選択する。
    「New User-Agent String」欄に入力した情報を、Google Chrome 標準のUser-Agent 情報に “ 付け足す ” 場合は、「Append」を選択する。
  3. 指定したWeb サイトだけ、いつも特定のUser-Agent を使って表示させることもできます。
    この機能を利用したい場合は、左メニュー内にある「Permanent Spoof List」を選択します。
  4. 「Permanent Spoof List」という画面 が表示されます。
    ここで、
    • Domain※4 - いつも特定のUser-Agent で表示させたいサイト(のドメイン)
    • User-Agent String - 変更先のUser-Agent
    を指定し、右側にある「Add」ボタンを押せば設定完了です。
    ※4 Yahoo! なら yahoo.co.jp、Google なら google.co.jp といった感じ。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
User-Agent Switcher for Chrome TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 foobar2000

カスタマイズ性の高いオーディオプレイヤー

 Orchis

シンプルで使いやすいランチャー

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 SpeedyFox

Firefox / Chrome / Thunderbird / Skype を高速化

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 PDF 画像抽出ツール

指定した PDF ファイルの中に含まれる画像を、一括抽出してくれるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Font Loader

フォントを “ インストールなし ” で試用できるようにするソフト

 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 DAEMON Tools Lite

各種イメージファイルを、ドライブとして扱えるようにするソフト

 Speccy

シンプルで使いやすいシステムインフォメーションツール

スポンサードリンク

User-Agent Switcher for Chrome を紹介しているページです