Windows Media エンコーダ

Windows Media エンコーダ の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
Windows Media エンコーダ を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

WMV / WMA への変換、ビデオ / オーディオキャプチャ を行える!「Windows Media エンコーダ」。

Windows Media エンコーダ

● Windows Media エンコーダ

高品質な Windows Media ファイルを作成できる動画変換&キャプチャソフト。
メディアファイルを Windows Media 形式のファイル(wmv、wma)に変換したり、キャプチャデバイスから取り込んだ映像 / 音声 を、保存したりストリーミング配信したりすることができます。
出力ファイルの品質(エンコード方式 / ビットレート / 解像度 / フレームレート... 等)を設定する機能や、映像をトリミングして出力させる機能 などが付いています。

「Windows Media エンコーダ」は、ユニークな機能を揃えた動画変換&キャプチャソフト です。
動画&音声ファイル の変換をはじめ、指定したデバイスからの映像&音声 キャプチャ、キャプチャ内容のブロードキャスト配信、デスクトップ画面の動作風景キャプチャ... 等の機能を備えた多機能ソフトで、所謂 “ エンコーダー ” とは一線を画す特徴を備えているところが大きなポイント※1
※1 変換 or キャプチャされたファイル は、WMV / WMA 形式で出力される。
ファイル変換を行う場合、対応する コーデック / DirectShow Splitter 等がインストールされていれば、大抵のものは読み込める模様。

いずれの操作もウィザードに沿って進めていくことができ、また全ての設定を手動で行うこともできるようになっています。

使い方は以下のとおり。
このページでは、ウィザードを使わない方法を紹介しています。

    メディアファイルを、Windows Media 形式に変換
  1. 「Windows Media エンコーダ」(「wmenc.exe」)を実行します。
  2. 「新しいセッション」というウインドウが表示されるので、「ユーザー設定のセッション」アイコンを選択して「OK」ボタンをクリック。
    新しいセッション
  3. 「セッションのプロパティ」という画面が表示されます。
    セッションのプロパティ
    ここの「入力ソース」欄で「ファイル」を選択し、右の「参照」ボタンをクリック → 変換したいファイルを選択します※2
    ※2 FLV / MP4 等を選択する時は、「ファイルの種類」を「すべてのファイル (*.*) 」に切り替える。
  4. 次に「出力」タブを開き、「エンコーダからプル」のチェックを外します。
    「出力」タブ
  5. 下の「ファイルにエンコード」にチェックを入れ、右側にある「参照」ボタンをクリック → 変換したファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  6. 「圧縮」タブを開き、右上にある「編集」ボタンをクリック。
    「圧縮」タブ
  7. 「独自のエンコード設定」というダイアログが表示されます。
    独自のエンコード設定
    ここで、映像や音声の圧縮設定を行います。
    設定は、画面中段にある「メディアの種類」欄でエンコードモード※3使用するコーデック を選択し、右下にある「非正方形のピクセル出力を許可する」にチェック → 上の「全般」ではない方のタブをクリック → 音声品質、ビデオサイズ(解像度)、フレームレート、キーフレームの間隔、ビットレート or ビデオ品質 等を設定すればOK です。
    「品質ベース」タブ
    ※3 エンコードモードは、CBR / VBR のどちらかにすることができる。
    CBR とは、全ての場面に同一のビットレートを割り当てるシンプルなエンコード方式。
    VBR とは、場面に応じてビットレートを最適に割り振るエンコード方式。
    VBR でエンコードする場合、品質をビットレート or 100 段階の品質レベル で指定することができる。
    (ピークビットレートを指定するモードもある)

    設定が済んだら、右下の「OK」ボタンをクリックし、「独自のエンコード設定」画面を閉じます。
  8. 動画をリサイズして出力するようにした場合、「ビデオ サイズ」タブを開き、「ピクセル縦横比」欄で出力する動画の ピクセルアスペクト比 を設定します※4
    ※4 ピクセルアスペクト比は、ピクセルアスペクト比計算機 を使うと一発で計算できる。
    必要であれば、上の「トリミング」欄でトリミングの設定も行っておきます。
  9. 画面下部にある「適用」ボタンをクリック。
  10. あとは、ツールバー上にある「エンコードの開始」ボタンをクリックすればOK。
    メディアファイルの変換処理が開始されます。
エンコード中はプレビュー画面が表示され※5、終了すると「エンコードの結果」というダイアログが表示されます。
※5 プレビュー画面上部にある「表示」欄のプルダウンメニューをクリックすることで、プレビュー内容を切り替えることもできる。

    キャプチャデバイスの映像 / 音声 を保存
  1. 「wmenc.exe」を実行します。
  2. 「新しいセッション」ウインドウが表示されるので、「ユーザー設定のセッション」アイコンを選択して「OK」ボタンをクリックします。
  3. 「セッションのプロパティ」という画面が表示されます。
    セッションのプロパティ
    ここの「入力ソース」欄で「デバイス」を選択し、「ビデオ」「オーディオ」欄で、キャプチャ元のデバイスをそれぞれ選択します。
  4. 次に「出力」タブを開き、「エンコーダからプル」のチェックを外します。
    「出力」タブ
  5. 下の「ファイルにエンコード」にチェックを入れ、右側にある「参照」をクリック → キャプチャしたファイルの出力先フォルダ&ファイル名 を指定します。
  6. 「圧縮」タブを開き、右上にある「編集」ボタンをクリック。
    「圧縮」タブ
  7. 「独自のエンコード設定」というダイアログが表示されます。
    独自のエンコード設定
    「品質ベース」タブ
    ここで、映像や音声の圧縮設定を行います。
  8. 「ビデオ サイズ」タブを開き、「ピクセル縦横比」欄で出力する動画のピクセルアスペクト比を設定します。
    必要であれば、上の「トリミング」欄でトリミングの設定も行っておきます。
  9. 画面下部にある「適用」ボタンをクリック。
  10. キャプチャデバイスの準備が整ったら、ツールバー上にある「エンコード開始」ボタンをクリック。
    デバイスからのキャプチャが開始されます。
    デバイスからのキャプチャが開始される

尚、動画キャプチャを行う場合は、「アマレココ」 等の専用ツールを使うことをおすすめします。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の動画変換ソフト
 XMedia Recode

非常に多くのフォーマットに対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Windows Media エンコーダ 解説サイト
OpenOrNothing(動画変換)
Windows Media エンコーダ TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 CCleaner

高機能かつ使いやすいシステムクリーナー

 えこでこツール

各種動画ファイルから、音声を抽出する

 JTrim

高機能でありながらも使いやすい画像編集ソフト

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 WinShot

多機能なスクリーンキャプチャーツール

 PDF 画像抽出ツール

指定した PDF ファイルの中に含まれる画像を、一括抽出してくれるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 FileSearchy

高機能かつ高速なファイル検索ソフト

 AnyDesk

シンプルかつ高速なリモートデスクトップツール

 Mp3 Volumer

各種音声ファイルの音量を、100% ~ 600% くらいまで上げてくれるソフト

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

スポンサードリンク

Windows Media エンコーダ を紹介しているページです。