DeskTray

DeskTray の概要や使い方を紹介しています。

DeskTray を紹介しているページです。
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

“ ファイルを開く ” ダイアログを、タスクトレイから開く!「DeskTray」。

DeskTray
制作者 遥寅
対応 98/Me/NT/2000/XP/Vista

Download

● DeskTray

タスクトレイ上から “ ファイルを開く ” ダイアログを開けるようにするソフト。
任意のファイルやフォルダを開くことができる “ ファイルを開く ” ダイアログを、タスクトレイ上から直接表示できるようにします。
最後に開いたフォルダを記憶させる機能や、ウインドウのサイズを記憶させる機能、デフォルトのフォルダを指定する機能 などがあります。

「DeskTray」は、 “ ファイルを開く ” ダイアログを表示させることができるソフトです。
タスクトレイ上に追加された「DeskTray」アイコンをクリックすることにより、いつでも “ ファイルを開く ”ダイアログを表示できるようにします。
開かれたダイアログからは、任意のフォルダ内にある任意のファイルを、関連付けプログラムで開いたり実行したりすることができます。
非常にシンプルなソフトですが、コモンダイアログ拡張ツール や、右クリックメニュー拡張ツール と合わせて使うと、大きな効果を発揮してくれると思います。

使い方は以下の通り。

  1. 「DeskTray.exe」を実行します。
  2. タスクトレイ上にアイコン( DeskTray )が表示されるので、これをクリック※1
    ※1 “「Win」+「B」” を押してタスクトレイにフォーカスを移し、方向キーで「DeskTray」を選択 →「Enter」キー押し でもよい。
  3. すると、 “ ファイルを開く ” ダイアログが表示されます。
  4. あとは、任意のファイルを開いたりすればOK。
    なんかしらのファイルを開くと、ダイアログは自動的に消えます。

ちなみに、タスクトレイ上のアイコンを右クリック →「環境設定」を開くことにより、デフォルトのフォルダ※2 を設定することもできます。
※2 指定したフォルダ or 最後に開いたフォルダ。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
DeskTray TOPへ

DeskTray を紹介しているページです