SUPER ©

SUPER © の概要や使い方を紹介しています

k本的に無料ソフト・フリーソフト
SUPER © を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

ほとんどのフォーマットに対応した動画&音楽変換ソフト!「SUPER ©」。

SUPER ©
制作者 eRightSoft
対応 98/Me/2000/XP/Vista/7

Download(公式)
Download(ミラー)

● SUPER ©

多機能なマルチメディアエンコーダー。
FFmpeg、MEncoder、MPlayer、x264 の フロントエンドツール で、ほとんどの動画&音声ファイル を、相互に変換することができます。
リサイズ、クロップ、黒ベタ追加、フレームレート変更、動画からの映像 / 音声 抽出、ファイル連結 / 分割、映像と音声の多重化、フレームの回転 / 反転、フェードイン / アウト 挿入... 等々の機能も付いています。

「SUPER ©」は、多機能なマルチメディアエンコーダーです。
対応しているフォーマットがとにかく多いところが最大の特徴で、別途 コーデック 等をインストールしていなくても、標準状態でほとんどのメディアファイルを相互に変換することができます※1
(インストールされているコーデック / DirectShow Filter を使い、ファイルをデコード※2 させることも可能)
※1 ただし、対応するコーデックがシステムにインストールされていないと、ウォーターマーク合成、フレーム回転 / 反転、フェードイン / アウト 挿入 といった機能が使えない。
※2 デコードとは、簡単に言えば “ ファイル入力処理 ” のこと。
つまり、システム側で読み込めるファイルであれば、基本的に何でも変換することができる。

動作がやや不安定なところもありますが、操作は基本的に 1 画面内で済ませることができ、割りと簡単に使えるようになっています。
また、ファイル連結※3 / 分割※4、映像と音声の多重化※5、動画からの映像&音声抽出 といった機能も付いていたりします。
(これらの処理は、いずれも再エンコードすることなく実行される)
※3 公式でテスト済みとされているのは、AAC / AC3 / AMR / DTS / FLAC / M4A / MP2 / MP3 / WMA / WAVE / 3GP / 3G2 / ASF / AVI / F4V / FLV / M4V / MOV / MP4 / MPG / OGG / VOB / TS / M2TS / WebM / WMV / WTV。
連結対象のファイルは、コーデック / 解像度 / フレームレート 等の圧縮設定が一致している必要がある。

※4 ファイルを指定した個数に分割することができる。
テスト済みとされているのは、3GP / 3G2 / ASF / AVI / F4V / FLV / M4V / MOV / MP4 / MPG / VOB / WMV / WTV。

※5 多重化したファイルは、ASF / AVI / FLV / MKV / MOV / MP4 / MPG / OGG / TS / M2TS / VOB / WMV といったフォーマットで出力することができる。

サポートしているフォーマットには、以下のようなものがあります。
入力
動画 : asf / wmv / avi / flv / f4v / swf / ts / mts / m2ts / mpg / VOB / IFO / dat / mkv / mov / qt / mp4 / m4v / ogm / rm / rmvb / webm / 3gp / 3g2 / dvr-ms / dv / str / nsv / trp / ty / ty+ / tmf / viv / mtv / wtv / fli / flc / amv / cmf / mxf / mxg / gxf。

音声 : mp3 / mp2 / m4a / m4r / aac / ac3 / DTS / 3ga / ape / flac / wv / wav / wma / ogg / tta / tak / ra / mpc / mpp / vqf / shn / amr / mmf。

出力
動画 : avi / mpg(MPEG1、MPEG2)/ wmv / asf / wtv / mkv / mov / mp4 / ogm / vob / swf / flv / ts / m2ts / WebM / rm / 3gp / 3g2 / DV / gxf、iPod / iPhone / iPad 向けのMP4、Android 向けのMP4、PS3 / PSP 向けのMP4、Nintendo DS 向けのDPG、Xbox / Zune 向けのMP4、Zune 向けのWMV、BlackBerry 向けのMP4、アニメーションGIF、連番の画像ファイル。

音声 : wav / wma / mp3 / m4a / mp2 / aac / ac3 / DTS / ape / flac / wv / mpc / ogg / tta / tak / ra / amr / mmf / shn / spx / ADPCM。

使用できるビデオコーデック : DivX / Xvid / H.264 / H.265 / WMV7 / WMV8 / WMV9 / VC-1 / MPEG-1 / MPEG-2 / MPEG-4 / MS Mpeg-4 v1 / MS Mpeg-4 v2 / Flash Video / JPEG2000 / huffYUV / Lagarith / FFV1 / M-JPEG / Theora / VP4 / VP6 / VP61 / VP7 / VP8 / VP9 / DV / H.263 / H.263+ / RealVideo8 / RealVideo9 / RealVideo10 / BGR24 / CamStudio / Dirac。

基本的な使い方は以下の通りです。

    SUPER © のダウンロード
  1. ダウンロード先のページで、「Start Downloading SUPER ©」というリンクをクリック。
  2. 次の画面の一番下にある「Download SUPER © setup file」というリンクをクリックします。
    SUPER © インストール時の注意
  1. インストールの途中で、外部ソフトウェアのインストーラーも立ち上がります。
    外部ソフトウェアのインストーラー
    これが表示されたら、「Custom Install (Expert)」を選択し、すべてのチェックを外してから「Next」ボタンをクリックして下さい。
    チェックを外そうとするたびに「Abort?」というダイアログが表示されるので、すべて「キャンセル」を押して下さい。
    「Abort?」
    (「処理を中止しますか?」というダイアログなので、「OK」を押すとチェックが外れません)
  2. さらに、外部ツールのインストールを促す画面が表示されます。
    外部ツールのインストールを促す画面
    ここでも、チェックを外してから「Next」ボタンをクリックします。
  3. もう一度外部ツールのインストールを促す画面が表示されるので、「Decline」(拒否)ボタンをクリックします。
    外部ツールのインストールを促す画面
  4. 今度は、ブラウザのスタートページ書き換えを促すダイアログが表示されます。
    ブラウザのスタートページ書き換えを促すダイアログ
    その必要はないので、チェックを外してから左下の「Decline」をクリックします。
  5. 「SUPER ©」のインストールが終わったら、一応「SUPER ©」以外のソフトがインストールされていないかチェックしてみて下さい。
    設定
  1. 「SUPER.exe」を実行します。
  2. メイン画面は、標準で “ 常に最前面に表示 ” 状態になっています。
    これを回避したい場合は、画面上で右クリック※6 →「Stay On Top Of All」のチェックを外しておきます。
    ※6 タイトルバーの右端にある「M」ボタンを押すことでも、右クリックメニューと同じメニューを
    表示させることができる。
  3. メイン画面上で右クリック →「Output File Saving Management」を選択します。
  4. 「Output File Saving Manager」という画面 が表示されます。
    「Output File Saving Manager」
    まず、上部にある「Save Each Output File In Its Respective Source File's ~ 」のチェックを外します。
  5. Browse Folders というボタンが表示されるので、これをクリック。
  6. 「フォルダの参照」ダイアログが表示されます。
    ここで、変換されたファイルの出力先フォルダを指定します。
  7. 出力先を指定したら、左下の「SAVE Changes」ボタンをクリックし、設定画面を閉じます。
  8. デフォルトでは、変換が完了すると音が鳴るようになっています。
    もしこれが嫌な場合は、メイン画面上で右クリック →「Play A Sound When All Job-List ~ 」のチェックを外しておきます。
  9. 通常、画面上の各項目にマウスカーソルを合わせると、該当項目に関する情報がツールチップで表示されるようになっています。
    これが鬱陶しい場合は、メイン画面上で右クリック →「Show Useful Hints」のチェックを外しておきます。
    ファイルの変換
  1. 画面左上にあるラジオボタンのうち、上のものにチェックを入れます。
    ラジオボタン
  2. メイン画面上で右クリック →「Add Multimedia File(s) 」を選択し、変換したいファイルを指定します。
    画面下部のリストに、ファイルを直接ドラッグ&ドロップしてもOK です(複数可)。
    ファイルを間違って追加してしまった場合は、該当のものを選択 → “「Ctrl」+「R」” を押します。
    (右クリック →「Remove HighLighted Item (s) From Job List」を選択しても同じ)
  3. 画面左上の「1 . Select the Output Container」欄で、変換先のフォーマットを選択します。
  4. 隣の「2 . Select the Output Video Codec」欄で、圧縮の際に使用する ビデオコーデック を、「3 . Select the Output Audio Codec」欄で、音声圧縮の際に使用するオーディオコーデックをそれぞれ選択します。
    (コーデックは、良く分からなければそのままでもOK)
    オーディオコーデックを「AAC」にする場合、
    • LC
    • Main
    • LTP
    といった 3 つのプロファイルを選べるようになっています。
    プロファイルは、普段自分が使っているプレイヤーに合わせればOK ですが、通常上にいくほど互換性は高くなります。
    ( 同じ AAC でも、Main / LTP には対応していないプレイヤーもある)
  5. すぐ下にある「FFmpeg」「MEncoder」「x264」の欄は、通常自動で選択されます。
    (変換の際に使用するエンコーダー)
    変換先のフォーマットによっては、エンコーダーを自分で指定できる場合もあります。
  6. システムにインストールされているコーデック / DirectShow Filter を使い、ファイルのデコードを行いたい場合は にチェックを入れておきます。
    (「SUPER ©」が読み込めないファイルを変換したい時などに)
    逆に、ファイルのデコードを「SUPER ©」側で行う場合は、これのチェックを外しておきます※7
    ※7 中段の「AUDIO」欄で、出力する音声トラックを「default」以外のものにしている場合、「DirectShow Decode」は強制的にOFF になる。
  7. 「DirectShow Decode」を ON にしている時のみ、ウォーターマーク合成、動画の連結、スロー / ファストモーション化※8 、回転 / 反転、YUV 要素の反転、モノクロ化、フェードイン / アウト挿入、動画情報の表示※9、リサイズ... などの処理を行うことができます。
    Video DirectShow Options
    これらの処理を行いたい場合は、「DirectShow Decode」ボタンの右側にある D を押し、適宜設定を行っておきます。
    ※8 音声は無効になる。
    ※9 全てのフレーム上に、動画情報が描画される。
    尚、ファイル変換モード時の “ 動画連結 ” は、無劣化ではありません。
    (再圧縮が行われる)
    複数のファイルを無劣化で連結したい場合は、後述するファイル連結モード を使用して下さい。
  8. 中段にある「VIDEO」という枠内で、
    • Video Scale Size - 出力する映像のフレームサイズ(横 × 縦)※10
    • Aspect - アスペクト比
    • Frame/Sec - フレームレート
    • Bitrate kbps - ビットレート
    • Options - その他のオプション
    を指定します。
    VIDEO
    (変換元のファイルが動画の場合のみ)
    ※10 変更しない場合は、「NoChange」を選択する。
    (「NoChange」を選択すると、アスペクト比を指定できなくなる)
    右上の「More」ボックスをクリックすると、解像度リストの 2 ページ目が表示される。
    さらにもう一度クリックすると、サイズを手動で設定できるようになる。

    映像を再圧縮したくない場合は、左端にある「Stream Copy」にチェック。
    ちなみに、「Disable Video」にチェックを入れると、動画の映像ストリームを無効にすることができます。
    (つまり、音声のみになる)
    良く分からない場合、特に触らなくてもOK です。
  9. ビデオコーデックを「H.264 / AVC」にしている場合、右端の H ボタンをクリックすることで、H.264 のオプションパネルを呼び出すこともできたりします。
    H.264 のオプションパネル
    ( H.264 のプロファイル / レベル を設定することができる)
  10. 出力先のフォーマットによっては、クロップ / 黒帯追加 といった操作を行うこともできます。
    これらの操作を行いたい場合、右端にある C ボタンをクリックし、「Crop ON」「Pad ON」にチェック → 削る値 or 黒帯を追加する値 を指定しておきます。
    クロップパネル
    (パッドの右上にある パレット ボタンをクリックすることで、帯の色を変更することもできる)
  11. 次に、「AUDIO」という枠内で、音声の設定を行います。
    AUDIO
    ここでは、音声の
    • Sampling Freq - サンプリングレート
    • Channels - チャンネル数
    • Bitrate kbps - ビットレート
    • DVD Language Select - 出力する音声トラック※11
    を設定することができます。
    ※11 変換元のファイルがDVD などで、多重言語である場合。
    音声を再圧縮したくない場合は、左端にある「Stream Copy」にチェックを入れます。
    動画の音声ストリームを無効化したい場合は、「Disable Audio」にチェックを入れておきます。
    良く分からない場合、特に触らなくてもOK。
  12. 最後に、画面左下にある「Encode (Active Files) 」ボタンを押せば変換開始です※12
    ※12 バージョンによっては、「PLEASE READ CAREFULLY THIS IMPORTANT NOTICE」というダイアログが表示される。
    これは、「SUPER © を、古いモードで使用しますか?」という内容のもので、より安定した環境の元で「SUPER ©」を使いたいかどうかを問うもの。
    どちらを選択しても良いが、ここで「いいえ」を選択して「SUPER ©」の動作が不安定になるようであれば、メイン画面上で右クリック →「Use The Older Validation Procedure」にチェックを入れる。

    変換先のフォーマットによっては、この時「Rendered file optimizer」という画面が表示されます。
    「Rendered file optimizer」
    もしこれが表示されたら、適宜目的とする FourCC(ファイル識別子)を選択しておきます。
    (プロファイル / レベル 等は、分からなければそのままでもよい)
    よく分からない場合は、最初に指定しておいたコーデック名に似ている FourCC を選択すればOK です。
    また、CPU やメモリに負荷がかかりそうな変換を行う時は、「ATTENTION!」というダイアログが表示されます。
    「ATTENTION!」
    変換処理を続けても良ければ「Yes」を選択し、変換設定をやり直す(処理を中止する)場合は「No」を選択して下さい。
  13. 変換先に同名のファイルが存在する場合、「Duplicate Output FileName」というダイアログも表示されます。
    「Duplicate Output FileName」
    出力するファイルを既存のファイルに上書きする場合は「いいえ」を選択し、出力するファイルを別名で保存する場合は「はい」をクリック → 出力するファイルの名前を入力します。

    ファイル連結
    シリーズもののファイルを連結したい時などに
  1. 画面左上にあるラジオボタンのうち、下のものをクリック。
    ラジオボタン
  2. インターフェースが切り替わります。
    そのまま、すぐ右側にあるプルダウンメニューをクリック →「Join Format-Identical Files」を選択。
    プルダウンメニューをクリック
  3. 画面上で右クリック →「Output File Saving Management」を選択し、連結されたファイルの出力先フォルダを設定しておきます。
  4. 画面下部のリストに、連結したいファイルをドラッグ&ドロップ。
  5. あとは、左下にある「Join (Active Files) 」ボタンをクリックすればOK。
    ファイル分割
    ファイルを、指定した数 or 指定した秒数ごと に分割することができる
  1. 画面左上にあるラジオボタンのうち、下のものをクリック。
    ラジオボタン
  2. インターフェースが切り替わります。
    そのまま、すぐ右側にあるプルダウンメニューをクリック →「Split Into Smaller Files」を選択。
    プルダウンメニューをクリック
  3. 画面上で右クリック →「Output File Saving Management」を選択し、連結されたファイルの出力先フォルダを設定しておきます。
  4. 画面下部のリストに、連結したいファイルをドラッグ&ドロップ。
  5. 画面左下にある「Split (Active Files) 」ボタンをクリックします。
  6. 処理対象のファイルがマルチトラック音声である場合、まず最初に「Multi Audio Stream」というダイアログが表示されます。
    「Multi Audio Stream」
    ここで、出力トラックの番号を指定して「Save Your Selection」ボタンをクリック。
    (いずれか一つのトラックしか出力できない)
  7. 「Select 1 of the following split options」というダイアログが表示されます。
    「Select 1 of the following split options」
    ここで、ファイルの分割数を指定します。
    「Customized Split Length」を選択することで、ファイルを任意の秒数ごとに分割することもできたりします。
    任意の秒数ごとに分割
    (ただし、きっちりこの秒数ごとに切り分けられるわけではない)
  8. 分割処理が開始されるので、じっくりと待ちます。
    映像と音声の多重化
  1. 画面左上にあるラジオボタンのうち、下のものをクリック。
    ラジオボタン
  2. インターフェースが切り替わります。
    そのまま、すぐ隣にあるプルダウンメニューをクリック →「Mux Video & Audio Streams」を選択。
    プルダウンメニューをクリック
  3. 画面上で右クリック →「Output File Saving Management」を選択し、多重化されたファイルの出力先フォルダを設定しておきます。
  4. 画面下部のリストに、多重化したい動画ファイルをドラッグ&ドロップ。
    ドロップした動画ファイルに複数の映像トラックが含まれる場合、「トラック1」が多重化の対象になります。
  5. 同じように、多重化したい音声ファイルをリストにドラッグ&ドロップ。
  6. 画面左下にある「Mux (Active Files) 」ボタンをクリック。
  7. 「Rendered file optimizer」という画面が表示されます。
    「Rendered file optimizer」
    ここで出力先のフォーマットを選択し、下部の「OK」ボタンを押せば処理開始です。
    動画から映像&音声 を抽出 - 字幕は抽出できません
    音声がマルチトラックである場合、いずれか一つの音声トラックしか抽出することができません
  1. 画面左上にあるラジオボタンのうち、下のものをクリック。
    ラジオボタン
  2. インターフェースが切り替わります。
    そのまま、すぐ隣にあるプルダウンメニューをクリック →「DeMux Extract Streams」を選択。
    プルダウンメニューをクリック
  3. 画面上で右クリック →「Output File Saving Management」を選択し、連結されたファイルの出力先フォルダを設定しておきます。
  4. 画面下部のリストに、映像&音声 の抽出を行いたい動画ファイルをドラッグ&ドロップ。
  5. あとは、左下にある「DeMux (Active Files) 」ボタンをクリックすればOK。
    ファイルの音声がマルチトラックである場合、処理前に「Multi Audio Stream」というダイアログが表示されます。
    「Multi Audio Stream」
    これが表示されたら、出力トラックの番号を指定して「Save Your Selection」ボタンをクリックして下さい。
    (いずれか一つのトラックしか出力できない)

最後に...
デフォルトでは、「SUPER ©」を閉じる時に毎回クレジット画面が表示されるようになっています。
もしこれが気になる場合は、メイン画面上で右クリック →「Show Credit Screen On Quit」のチェックを外しておきます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 SUPER © 解説サイト
Kenのムービー計画
SUPER © TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Classic Shell

スタートメニューを、クラシックスタイルに

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Explzh

高機能な圧縮 ・解凍ソフト

 Malwarebytes Anti-Ransomware

ランサムウェアを、検出してブロックしてくれる

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 COMODO Firewall

高機能なファイアウォール

 Windows 10 Virtual Desktop Enhancer

Windows 10 の仮想デスクトップ機能を、強化してくれるソフト

 DarkAudacity

Audacity」を黒基調にし、メニューも使いやすいように再編成した高機能オーディオエディタ

 Restore Windows Photo Viewer to Windows 10

Windows 10 上で、各種画像ファイルを「Windows フォト ビューアー」で開けるようにするソフト

 D.D.Picture

Excel シート内に、画像をドラッグ&ドロップで貼り付けられるようにするアドイン

 NeeView

見開き表示、書庫内ファイル閲覧、マウスジェスチャー などに対応した高機能画像ビューア

 shutdownBlocker

予期せぬシャットダウン / 再起動 / ログオフ を、自動でブロックできるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Rufus

各種OS のディスクイメージを元に、ブートUSB を高速作成

 Windows 10 DPI Fix

Windows 10 の “ 文字がぼやけて見える現象 ” を、解決してくれる

 SimiPix

シンプルで使いやすい同一画像&類似画像 検索ソフト

 Autorun Organizer

Windows のスタートアップを、最適化することができるソフト

スポンサードリンク

SUPER © を紹介しているページです