DeepBurner

DeepBurner の概要や使い方を紹介しています

DeepBurner を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

データCD、音楽CD、DVD ビデオ を作成できるライティングソフト!「DeepBurner Free」。

DeepBurner
制作者 Astonsoft Ltd.
対応 98/Me/2000/XP/Vista

Download (Free)

● DeepBurner

多機能なCD / DVD ライティングソフト。
データCD / DVD、音楽CD、DVD ビデオ、ISO イメージファイル の作成に対応しています。
ISO イメージファイルをディスクにライティングする機能や、マルチセッションディスクを作成する機能、RW ディスクの内容を消去する機能、オーバーバーン、オートランメニューやディスクラベル / ブックレット / ジャケット を作成(印刷)する機能、ブータブルディスクを作成する機能 なども付いています。

「DeepBurner Free」は、多機能なCD / DVD ライティングソフトです。
データ CD / DVD、音楽CD※1、DVD ビデオ※2、ISO イメージファイル※3 の作成に対応したバーニングソフトで、多機能でありながらもシンプルで使いやすいところが大きな特徴。
※1 音楽CD は、MP3 / WAVE / OGG ファイルを元に作成できる。
※2 あらかじめ 「Img Tool Classic」 などのソフトで、DVD データをISO イメージ化しておくとよい。
 動画をDVD データに変換

※3 作成するイメージのファイルシステムを指定することはできない。
(「ISO 9660 Joliet」になる)

フリーで使えるものの、マルチセッションディスク作成、オートランメニュー作成、ラベル作成※4、ブータブルディスク作成※5 といった機能が付いていたりして、結構太っ腹な仕様になっています。
※4 盤面 / ブックレット / ジャケット 用のラベルを作成することができる。
(CD / DVD 両対応)
ラベルは、専用の図面に画像やテキストを合成することで作成できる。
(合成できる画像は、jpg / jpeg / bmp / ico / emf / wmf )

※5 指定できるブートイメージは、IMA。
対応しているメディアは、CD-R / CD-RW / DVD-R / DVD+R / DVD-RW / DVD+RW / DVD-RAM。
インターフェースは標準で日本語なので、操作は簡単です。

基本的な使い方は以下の通り。

    データディスク / ISO イメージファイル作成
  1. 「DeepBurner.exe」を実行します。
  2. 「プロジェクトタイプの選択」というダイアログが表示されます。
    ここで「データCD/DVD の作成」を選択し、「次へ」ボタンをクリック。
  3. 続いて、「マルチセッション」というダイアログが表示されます。
    • ディスクをマルチセッションディスク※5 にする場合は「マルチセッションを作成」を、
    • マルチセッションディスクにしない場合は「セッションを使用しない」を、
    • マルチセッションディスクにデータを追記する場合は「セッションを追加」を
    選択し、「次へ」ボタンをクリック。
    ※6 後から追記できるディスクのこと。
    イメージファイルを作成する場合は、「セッションを使用しない」を選択。
  4. 「セッションを追加」を選択した場合、「セッションを選択」という画面が表示されるので、右下の「次へ」ボタンをクリックします。
  5. 書き込むデータを登録するウインドウが表示されます。
    この画面に、焼きたい or イメージ化したい ファイルをドラッグ&ドロップで追加します。
    (追加したファイルの容量は、画面下部のメーターで確認することができる)
    必要に応じて、ファイルをフォルダ分けすることもできたりします。
  6. 作成するディスクをブータブルディスクにしたい場合は、ツールバー上にある Boot ボタンをクリックし、「ブータブル」にチェック → ... をクリックし、ブートイメージを選択します。
  7. 画面左側にあるメニューの中から、「書き込み」を選択します。
  8. データの焼きこみ画面に切り替わります。
    ここの「ドライブ」欄で、書き込み先のディスクが入っているドライブを選択します。
  9. 右側の「速度」欄で、データの書き込み速度を選択します。
  10. 最後に、画面右下の「書き込み」ボタンをクリックすればOKです。
    ISO イメージファイルとして出力する場合は、「ISO で保存」ボタンをクリックします。
  11. ちなみに、「DeepBurner」を終了させようとすると、
      "Data CD#1" 変更されています。変更を保存しますか?
    というダイアログが表示されます。
    ここで「はい」を選択すると、今回の設定内容をファイルに書き出すことができたりします※7
    ※7 メニューバー上の「ファイル」→「開く」から保存したファイルを読み込むと、保存した設定内容を復元することができる。
    定期的にバックアップしているファイル / フォルダ がある時などに便利)
    音楽CD 作成
  1. 「DeepBurner.exe」を実行します。
  2. 「プロジェクトタイプの選択」というダイアログが表示されます。
    ここで「音楽CD の作成」を選択し、「次へ」ボタンをクリック。
  3. 書き込むデータを登録するウインドウが表示されます。
    この画面に、焼きたいファイルをドラッグ&ドロップで追加します。
    ツールバー上にある ↑ ↓ ボタンを使うことで、ファイルの再生順を変更できたりもします。
  4. 画面左側にあるメニューの中から、「書き込み」を選択します。
  5. 焼きこみ画面に切り替わります。
    ここの「ドライブ」欄で、空のディスクが入っているドライブを選択します。
  6. 必要であれば、「書き込み方法」欄でデータの書き込み方式も選択します※8
    ※8 音楽CD を作成する時は、通常「Disc At Once」もしくは「Session At Once」を選択する。
  7. 右側の「速度」欄で、書き込み速度を選択します。
  8. 最後に、画面右下の「書き込み」ボタンをクリックすればOKです。
    ISO イメージファイルの書き込み
  1. 「DeepBurner.exe」を実行します。
  2. 「プロジェクトタイプの選択」ダイアログが表示されます。
    ここで「ISO イメージの書き込み」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。
  3. いきなり焼きこみ画面に切り替わります。
    まず、「イメージファイル」欄の右端にある ... ボタンをクリックし、焼きたいISO イメージファイルを選択します。
  4. 次に、「ドライブ」欄で空のディスクが入っているドライブを選択します。
  5. 右側にある「書き込み速度」欄でデータの書き込み速度を設定します。
  6. 最後に、右下にある「ISO書き込み」ボタンをクリックすればOK。
    ラベル作成
  1. ライティングを行う前に、ディスクラベルやジャケット、ブックレットを作成(印刷)することもできます。
    これらを作成したい場合、ライティング途中で左メニュー内の「ラベル作成」をクリック。
    ( ISO イメージファイルを焼く時は、「ポケットCD」を選択)
  2. ディスクの図面が表示されます。
    まず最初に、左メニューの中から作成するディスクのタイプを選択します。
  3. 画面右下に、「CD ラベル」「ブックレット」「ジャケット」というタブがあります。
    (ディスクの種類によっては、「ジャケット」タブがない)
    ここで、これから作成するラベルの種類を選択します。
  4. 選択した品目の図面が表示されます。
    この図面上で右クリックし、「画像を挿入」あるいは「テキストを挿入」を選択します。
  5. 「画像を挿入」を選択した場合、「ファイルを開く」ダイアログが表示されます。
    そのまま、合成する画像ファイルを選択します。
    「テキストを挿入」を選択した場合は、「テキスト」という画面が表示されます。
    このテキスト入力フォームに、合成するテキストを入力します。
  6. 選択した画像 or 入力したテキスト※9 が図面上に表示されます。
    ※9 日本語のテキストは、デフォルトのままだと文字化けする。
    そのため、左側の「フォント」欄を一回クリックし、 ... ボタンをクリック → 日本語を使用できるフォントを選択し、「文字セット」も「日本語」にしておくとよい。
    (ついでに、色やサイズも指定しておくとよい)

    これをドラッグし、好きな場所に配置させます。
    尚、画像 / テキスト の周りに付いている支点をドラッグすることで、対象の大きさを調整することもできたりします。
  7. 他にも合成したい画像 / テキスト がある場合は、同じようにして処理を行います。
  8. 合成した画像 / テキスト が重なってしまう場合は、右クリック →「アイテムをひとつ手前へ」や「アイテムをひとつ後ろへ」を選択し、どちらを前面に表示させるか設定しておきます。
  9. ラベルが出来上がったら、ツールバー上の印刷ボタンから印刷を行います。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番のライティングソフト
 ImgBurn

多機能かつ使いやすいライティングソフト

 BurnAware Free

シンプルで使いやすいライティングソフト

 ISO Workshop

各種イメージファイルを、展開 / 変換 / 作成 / ライティング することができるソフト

 DeepBurner 紹介サイト
大佐のパソコン教室
DeepBurner TOPへ
マルチセッションとは
後から追記できる記録方式のこと。
ただし、マルチセッションに対応していないドライブの場合は、マルチセッションが有効になりません。


スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 Mp3tag

高機能かつ使いやすいタグエディタ

 GIMP

超高機能なペイントソフト

 CCCP

定番のコーデックパック

 Windows DVD メーカー

超簡単に使えるDVD 変換ソフト

 HandBrake

DVD / Blu-ray 等の動画を、MP4 / MKV に変換

 MDIE

スタンダードなインターフェースのタブ型ファイラー

 Argente Autorun

不要アイテム自動検出機能も備えたスタートアッププログラム管理ツール

 Zoom for Microsoft Edge

ウェブページの拡大率(表示倍率)を、詳細に調整できるようにする Microsoft Edge 拡張機能

 Dark Skin for Youtube / Dark Theme for YouTube

YouTube の " ダークモード " を、面倒な設定なしで実装できるようにする(ChromeFirefox

 Magical Jelly Bean Wi-Fi password revealer

パソコン内に保存されている Wi-Fi ネットワークのパスワードを、リストに一覧表示

 リボンの君とHTM

選択したセルの内容を、テーブルレイアウトな HTML に変換できるようにする Excel アドイン

 DriverStore Explorer

デバイスドライバーのインストール&削除 を行うことができるドライバー管理ツール

 おすすめフリーソフト
 FloatingButton

任意のホットキーと同じ動作をするボタンを、デスクトップ上に配置する

 XnConvert

多形式に対応した画像変換&処理ソフト

 multiAVCHD

高機能なブルーレイビデオオーサリングツール

 WOW64Menu

64 bit 版のエクスプローラ上で、32 bit 用の右クリックメニューを使えるようにする

スポンサードリンク

DeepBurner を紹介しているページです