fSekrit

fSekrit の概要や使い方を紹介しています

fSekrit を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録

持ち運びにも便利な暗号化メモ帳!「fSekrit」。

fSekrit
制作者 DonationCoder
対応 98/Me/2000/XP/Vista

Download

● fSekrit

自動再暗号化機能を備えたシンプルなメモ帳。
暗号化したファイルを、 “ メモ + 暗号化機能を備えたテキストエディタ ” といった実行ファイルで出力することができるソフトで、環境を気にすることなく使うことができます。

「fSekrit」は、自動再暗号化機能を備えた小さなメモ帳です。
暗号化したファイルを復号化 → 閲覧(または編集)した後、そのまま終了するだけで再暗号化が行われるという、簡単手間いらずなツールです。
また、暗号化されたファイルは、 “ 暗号化機能を持ったテキストエディタ + 暗号化時に入力した文書 ” といった実行ファイルとして出力される※1 ので、環境の違うパソコン同士でもストレスなく使うことができたりします。
※1 つまり、「fSekrit そのもの」として出力される。
暗号化方式に関しては、256 ビットのAES(CBC モードのRijndael)という、非常に強固なものが使用されているそうです。

使い方は以下の通り。

    暗号化
  1. 「fsekrit.exe」を実行します。
  2. メモ帳のようなシンプルなテキストエディタが表示されるので、暗号化したいテキストを入力します※2
    ※2 「File」→「Import text」から、任意のテキストファイルを読み込むことも可能。
  3. 「File」→「Save As...」から、ファイルを任意の名前で保存します。
  4. すると、「Enter passphrase」というダイアログが表示されます。
    このウインドウの「Enter passphrase」欄に、このテキストを開くためのパスワードを入力し、「Repeat passphrase」欄に同じパスワードを確認のために入力します。
  5. パスワードを入力したら、「OK」をクリックすれば操作完了です。
    復号化
  1. 暗号化された「.exe」形式のファイルをダブルクリックします。
  2. 「Please enter passphrase」というフォームが表示されるので、ファイル暗号化時に指定したパスワードを入力して「OK」ボタンをクリックします。
  3. 暗号化されたテキストの内容が表示されます。
    必要であれば、そのまま編集することも可能です※3
    ※3 「File」→「Set or change passphrase」から、パスワードを再設定することも可能。
    尚、再暗号化は自動で行われるので、終了時に特別な操作は必要ありません。

ちなみに、内容を普通のtxt ファイルとして出力(「File」→「Export text」から)したり、ファイルを「読み取り専用(Make read-only)」にしたりすることもできます。

 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有  Pocket に登録
 定番の暗号化ソフト
 TrueCrypt

“ 暗号化された仮想ドライブ ” を作成できるようにするソフト

 VeraCrypt

TrueCrypt をセキュアにした暗号化仮想ドライブ作成ソフト

 アタッシェケース

高機能かつ使いやすいファイル暗号化ソフト

このページのTOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト
 お気に入りフリーソフト 2016

2016 年に紹介したフリーソフトを厳選して紹介

 XMedia Recode

多形式に対応した動画&音声ファイル変換ソフト

 Audacity

高機能なオーディオエディタ

 Unchecky

アドウェアのインストーラー検出時に、警告を表示

 VidCutter

各種動画ファイルを、無劣化で高速にカット編集

 Caesium

画像を綺麗に圧縮できるソフト

 FreeMove

指定したインストールプログラムを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 FastWindowSwitcher

アプリケーションウインドウを、キー操作のみで選択(アクティブ化)できるようにするソフト

 Windows Mixed Reality PC Check

現在使用しているパソコンが、「Windows Mixed Reality」に対応しているかどうかをチェックしてくれる

 SystemInfo

一画面完結型のシンプルなシステムインフォメーションツール

 CursorLock

特定のウインドウが前面にある時、マウスカーソルが別ディスプレイへ出て行けないようにするソフト

 Steam Mover

Steam でインストールしたゲームを、別のドライブ内に移せるようにするソフト

 おすすめフリーソフト
 Textify

選択&コピーできない場所のテキストを、選択&コピー可能な状態にしてくれる

 GIF Viewer

素材画像抽出機能も備えたGIF アニメプレイヤー

 recALL

各種アプリケーションに保存されているパスワードを、一覧表示

 SMPlayer

ほとんどのフォーマットに対応した高機能マルチメディアプレイヤー

スポンサードリンク

fSekrit を紹介しているページです