tsMuxeR

tsMuxeR の概要や使い方を紹介しています

tsMuxeR を紹介しているページです
 はてなブックマークに追加  Twitter でつぶやく  Facebook でシェア  mixi でつぶやく  google+ で共有

ブルーレイデータを再編集!「tsMuxeR」。

tsMuxeR
制作者 smartLabs
対応 -

Download (ミラー)
Download (ミラー : US / UK / RO)

● tsMuxeR

Blu-ray データを、作成 / 分解 / 編集 することができるソフト。
ts / m2ts / mkv / mp4 / vob / mpg / mov 動画を元にBlu-ray ビデオを作成したり、特定タイトル内にある
不要な音声 / 字幕 / 映像トラック を削除したり、タイトル内の音声を抽出したりすることができます。
指定したタイトルに、外部の音声 / 字幕 を多重化する機能や、タイトルを指定した時間 or サイズ ごとに
分割出力する機能、タイトル内の特定場面をカット出力する機能... 等も付いています。

「tsMuxeR」は、Blu-ray データ( M2TS ファイル)を作成&再編集 することができるソフトです。
機能 / 見た目 ともに 「MKVtoolnix」 と似たような感じのソフトで、主に

  • 各種 HD 動画を元に、Blu-ray ビデオを作成※1
  • 指定したタイトルに含まれている、不要な音声 / 字幕 / 映像 トラックを削除
  • 指定したタイトルに、手持ちの音声 / 字幕 / 映像ファイル を多重化※2
といった処理を行うことができます。
(単に Blu-ray ビデオを作りたいだけの場合、メニュー画面も作れる 「multiAVCHD」 がおすすめ)
対応している入力フォーマットは、映像が ts / m2ts / mts / mkv / mp4 / vob / mpg / mpv / m1v / m2v /
evo / mov / avc / 264 / h264 / 265 / h265 / hevc / hvc※1、音声が ac3 / dts / aac / m4a / wav / w64 /
pcm / mpa / mka※2、字幕が sup / srt / mks。
※1 ビデオコーデック は、 H.264 / H.265 / MPEG-2 / Microsoft VC-1 のいずれかである必要がある。
複数の動画を一つに連結することもできるが、その場合、拡張子 / 解像度 等が同一である必要がある。
再エンコードは行われないので、動画の解像度を手持ちのプレイヤーに合わせておく必要がある。
一般的なサイズは 「720 x 480」「1280 x 720」「1920 x 1080」。

※2 やはり再エンコードは行われないので、フォーマットを手持ちのプレイヤーに合わせる必要がある。
フォーマットは AC3 に、サンプルレートは 48 Khz にしておくのが無難。

処理が再エンコードなしに行われるところがポイントで、高速かつ無劣化の編集が可能となっています。
また、タイトルを指定した時間 or サイズ ごとに分割出力する機能や、タイトル内の特定場面をカット出力
する機能、タイトルから音声を抽出する機能、タイトル内にチャプターを打つ機能 等も付いていたりします.
編集したファイルは、単一のTS / M2TS ファイル、あるいは、Blu-ray データ※3 として出力することが
できます。
※3 「BDMV」フォルダ +「CERTIFICATE」フォルダ。

使い方は以下の通り。
(必要な操作のみ行えばよい)

    素材となるファイルを読み込む
  1. 「tsMuxerGUI.exe」を実行します。
  2. 画面上部の「Input files」欄に、Blu-ray ビデオ化したいファイル or 編集したいファイル を
    ドラッグ&ドロップします※4
    ※4 複数の動画ファイルをドラッグ&ドロップしても、それらは連結して出力されないので注意。
    (多重化して出力される)
    複数の動画を連結して出力したい場合は、まず最初に一つ目のファイルをドラッグ&ドロップ →
    右上にある「join」ボタンをクリックし、連結対象のファイルを選択する。

    ファイルに多重化したい音声 / 字幕 ファイルがある場合、それらもついでにドロップしておきます。
  3. 今読み込んだ動画に連結したい動画がある場合は、右上の「join」ボタンをクリック → 目的の
    動画を選択します。
  4. 連結したい動画が他にもある場合は、同じようにして「join」から選択を行います。

  5. トラックの削除 / トラックの言語設定
  6. 登録したファイル内のストリームが、中段の「Tracks」欄にリスト表示されます。
    もし不要なトラックがある場合は、該当トラックのチェックを外しておきます。
  7. 最初に音声 / 字幕ファイル を追加した場合、「Tracks」欄でそれを選択 → すぐ下にある
    「Language」欄で、該当トラックの言語を設定しておきます。

  8. フレームレート変更 / プロファイルレベル設定 / 音ズレ補正
  9. 映像のフレームレートは、必要であれば変更することもできます※5
    ※5 特に、素材が「1920 x 1080 60 fps」クラスの場合、フレームレートを 29.97 まで下げないと
    再生できない場合がある。
    ( プレイヤーが " H.264 レベル 4.2 " 以上に対応していれば、再生できると思いますが)

    フレームレートの変更を行う場合、「Tracks」欄で目的の映像ストリームを選択し、下部の
    「Change fps」にチェック → 隣のプルダウンメニューをクリックし、変更先のフレームレートを
    指定します。
    29.97 を指定する場合、「30000/1001」を選択します。
  10. H.264 でエンコードされている映像がある場合、それを選択 → 中段の「Change level」に
    チェックを入れることで、H.264 のレベルを変更することもできたりします。
    Blu-ray ビデオを作成する場合、レベルは「4.1」にしておくとよいでしょう。
    (もちろん、プレイヤーが対応していれば「4.2」でもOK)
  11. 音ズレが生じている場合、それを補正することもできます。
    操作は、目的の音声トラックを選択 → 下の「Delay(in ms)」欄に補正する値を入力すればOK。
    (単位はミリ秒)
    音声が遅れて聞こえてきている場合は、 -500 というように負の値を入力します。
    逆に、音声が早く聞こえてきている場合は、 500 のように正の値を入力します。
    (字幕も、同様にして補正を行うことができます)

  12. チャプターの設定
  13. タイトル内にチャプターを打ちたい場合は、「Blu-ray」タブ を開きます。
  14. 左上の「Chapters」欄で、チャプターを打つタイミングを指定します。
    チャプターを打ちたくない時は「No chapters」にチェックを入れ、チャプターを特定の時間置きに
    自動で打ちたい場合は「Insert chapter every ○ minutes」にチェック → チャプター挿入間隔を
    指定しておきます。
    (単位は分)
    チャプターの挿入時間を個別に指定したい場合は、「Custom chapters list」にチェック →
    下部の「Chapters」欄で、チャプター挿入時間を設定しておきます※6
    ※6 チャプターは、 時間:分:秒.ミリ秒 というフォーマットで一行ずつ入力する。
    例) 再生開始時 / 15 分後 / 50 分後 / 1 時間 15 分後 にチャプターを打ちたいとすると...

    00:00:00.000
    00:15:00.000
    00:50:00.000
    01:15:00.000

    のようになる。

  15. 分割 / 切り出し設定
    いずれも、タイミングが少々ズレることがあります
  16. タイトルの分割 / 切り出し出力 を行う場合は、「Split & cut」タブ を開きます。
  17. タイトルを分割出力したい場合は、画面上部の「Splitting」欄で設定を行います。
    タイトルを特定時間置きに分割出力したい場合は、「Split by duration every ○ sec」欄で分割を
    実行するタイミングを指定します。
    (単位は秒)
    タイトルを特定サイズごとに分割出力したい場合は、「Split by size every ○ 」欄でトリガーとなる
    サイズを指定しておきます。
    (単位は KB ~ GB )
  18. 特定場面の切り出しを行いたい場合、中段の「Enable Cutting」にチェックを入れ、
    • Start - 切り出しを開始する地点の再生時間
    • End - 切り出しを終了する地点の再生時間
    をそれぞれ入力しておきます。
    ちなみに、時間は h = 時間 | mm = 分 | ss = 秒 | ms = ミリ秒 単位で指定することが
    できます※7
    ※7 たとえば、切り出し開始地点を 1:30、終了地点を 3:00 にしたい場合、「Start」→ 1.30
    「End」→ 3.00 のように入力する。
    (単位が min の場合)

  19. 字幕の設定
  20. 最初に字幕ファイルを追加した場合は、「Subtitles」タブ を開きます。
  21. 上部にある「Font」ボタンをクリックし、字幕のフォント / スタイル / サイズ を設定しておきます。
    フォントは、「メイリオ」等日本語名のものだと、エラーになることがあるので注意※8
    (「MS UI Gothic」や、「Meiryo UI」などを選択するとよい)
    ※8 というか、フォントが正しく設定されない?
    字幕が日本語である場合は、フォント設定画面の左下にある「Writing System」欄のプルダウンを
    クリック → 「Japanese」を選択 しておきます。

  22. 出力設定
  23. 画面下部の「Output」欄で、出力先のフォーマットを指定します。
    Blu-ray ビデオとして出力する場合、「Blu-ray folder」か「AVCHD folder」を選択します。
    ( どちらも、 “「BDMV」フォルダ +「CERTIFICATE」フォルダ ” が出力される)
  24. 右端の「Browse」ボタンをクリックし、データの出力先フォルダ or ファイル名 を指定します。
  25. 最後に、下部の「Start demuxing」ボタンを押せばOK。
    ファイルの処理が実行されます。

    おまけ : ts / m2ts / mts / mkv / mp4 / vob / mpg / mov 内の音声を取り出す
  1. 「tsMuxerGUI.exe」を実行します。
  2. 上部の「Input files」欄に、目的のファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. 中段の「Tracks」欄に、ファイル内のストリームがリスト表示されます。
    ここで、抽出したいトラックにチェックを入れます。
    (抽出しないトラックのチェックは外す)
  4. 画面下部の「Output」欄で、「Demux」を選択します。
  5. 右端の「Browse」ボタンをクリックし、データの出力先フォルダを指定します。
  6. 最後に、下部の「Start muxing」ボタンを押せばOK。
    ファイルの抽出処理が実行されます。

    おまけ : Blu-ray データをディスクに焼く
  1. ブルーレイディスクは、ファイルシステムが「UDF 2.5 以上」である必要があります。
    ( BD-RE は「UDF 2.5」、BD-R は「UDF 2.6」)
    ここでは、それに対応しているライティングソフト 「ImgBurn」 を使います。
  2. 「Imgburn」を実行し、「構築」モードにします。
  3. 左上の欄に、「tsMuxeR」により作成された二つのフォルダ
    • 「BDMV」
    • 「CERTIFICATE」
    をドラッグ&ドロップ。
  4. 右側の「オプション」タブを開きます。
  5. 「ファイルシステム」を「UDF」に、「UDF リビジョン」を「2.50」or「2.60」にします。
  6. あとは、普通にライティングすればOK。

トップ音楽・動画関連ソフトBlu-ray 編集 tsMuxeR TOPへ
スポンサード リンク
 おすすめフリーソフト

 Everything
超高速なファイル検索ソフト

 Google Chrome
軽快に動作するタブブラウザ

 GIMP
超高機能なペイントソフト

 xrecode II
多形式に対応したオーディオコンバーター

 アマレココ
デスクトップ上の動作風景を、動画として録画

 Partition Wizard Home Edition
パーティションをあれこれ操作できるソフト

 新着フリーソフト
 Batch Audio Silence Remover
音声ファイルの先頭 or 末尾 にある無音区間を、自動で検出して削除
 MEGAsync
パソコン内の特定フォルダと、「MEGA」の内容を自動で同期してくれる
 MEGA
無料で 50GB まで使える大容量クラウドストレージ
 UndoName
OneDrive からダウンロードしたファイルの名前を、正しく修正してくれる
 dhIMG Instagram
特定のInstagram ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
 dhIMG Twitter
特定のTwitter ユーザーによりアップロードされた画像を、一括してダウンロード
スポンサード リンク

tsMuxeR を紹介しているページです